(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

寝取られ、巨根黒人の奴隷になった夫婦②

サイキ

123-1915.jpg

妻:「あらあら、変態ねずみ男が帰ってきたようねえ」
彼:「そのようだな。あいつに見せてやろうぜ。
あいつが持ってない代物、というか、
お前がたっぷり咥え込んだ代物をさ」

妻がドアの鍵を開けたのを受け、
私は中に飛び込みました。
目の前の光景に石のように
動けなくなってしまいました。
下着とハイヒールだけの姿の妻が、
腰に両手を当てて美しい顔に傲慢な笑みを
浮かべて立っていました。

妻の向こうを見ると、ベッドの上、
彼が素っ裸で大の字に寝ていました。

私の方を横目で見ながら。
長くて太い男根が重たそうに太股に横たわっていました。
柔らかくなっていても、依然として巨大で、
照明の中でてかてかと輝いていました。
妻の愛液と彼自身の精液でヌルヌルと黒光りしていました。
 
妻は迷惑そうな顔つきで私を見てました。
妻:「それで? あなた、何がしたいの?」
これをやめさせようとした私の決心は、
目の前に立ちはだかる妻の美しい肉体と、
彼女の太股の内側を伝わり流れる白濁を
見てぐらついてしまいました。
妻の首や胸は愛噛みの跡で覆われていました。

妻は、勝ち誇ったような雰囲気が漂わせて、
私を見ていました。
私は、打ち負かされ、「すまなかった」 
と呟き、部屋を出ようとしました。
妻:「あんた、ちょっと待ちなさいよ。
約束があるでしょう?

こっちに来て、ひざまずきなさいよ」
私は躊躇ったものの、妻の命令に従順にしたがいました。
両脚を広げて立つ妻のTバックの脇から、
彼の精液が流れ落ちています。
妻は、両手を腰に当てて胸を張り、
足元に膝をついてにじり寄る私を、
見下ろしていました。
妻:「よろしい。それじゃあ、さっそく始めなさい。
舌を出して、吸い取るのよ」
目の前、10センチも離れていないところに、
妻の肉穴があり、ひくひくと動いていました。

セックスをした直後の女の匂いと精液の匂いが混じりあい、
強烈な匂いを放っていました。
私は、助けを求めて彼の方を見ましたが、
彼はじっと面白そうに見ているだけ。
仕方なく、私は妻の濡れきった股間に顔を埋め、
狂ったように舐めまわしました。
妻は、私の髪の毛をつかみ、
逃げないようにとがっちりと押さえていました。

そのような支配的な妻の態度を感じ、
私の自尊心は完全に吹っ飛んでしまったと言えるでしょう。
心から妻のその部分を舐めまわしたいと思ったのです。
交じり合った体液を味わいたいと思ったし、
彼の前で妻に侮辱されたいと思ったし、
私より10歳は若い男とその虜になった妻の
2人のセックスの奴隷になりたいと思ったのでした。

妻は、私の頭を股間に押しつけたまま、
ゆっくりとベッドへと後ずさりし、横になりました。
大の字になっている彼の横に並んで横になり、
両脚を私の肩に乗せました。
妻のあそこの入り口が大きく口を開けています。
彼の太いペニスによって押し広げられたからでしょう。
見たことがないほど大きく開き、
中で精液が泡を立てているのが見えました。
私は舐め続けていましたが、
視界の隅には彼のペニスの姿が見えていました。
それがむくむくと固くなっていき、
自慢気に神々しい姿を見せて勃起してくるのでした。

25センチはある立派な姿でした。
私は、すでにカールを尊敬するように変わっていました。
それに、そのような怪物を相手にした妻のことも
尊敬し始めていたのです。
近くに寄って、気づいたのですが、
彼の精液があふれてくるのは
妻のあそこだけでなく、
アナルからも流れ出ていたのです。
それは、夫である私は一度も、
触れたことのないアナルさえも
彼によって征服されてしまったことの証でした。

彼は、その強力な男根の力によって、
妻が立派な女性であることを証明したし、
私は情けない変態マゾ男であることを証明したのです。
私は、舐め続け、精液を全部呑み込みながら、
自慰をしようと自分のペニスに手を伸ばしました。
妻は、それを嫌悪し、私に自慰を禁じました。
それでも、私は、耐え切れず自慰をしようとしました。
彼:「おい、命令だ。ちゃんと従え!」
カールの声が轟き、私は素直に従いました。

妻は、私の口で高まってきたのか、
両脚で私の顔を締め上げはじめました。
そして頂上に達したようです。
私の頭を股間に押し付けながら、
体全体を大きくうねらせていました。
が、その後、彼は私を脇に押しのけたのです。
再び妻にセックスしようとしているのでしょう。
その時は知りませんでしたが、
その夜、3回目のセックスだったそうです。

彼が妻の中に入って行くのを、
私はペニスを手に脇にひざまずいて見ていました。
その私の姿を見た妻が言いました。
妻:「さっさと部屋から出て、私たちだけにしてよ!」
私は抗議しようとしました。が、彼が妻から離れ、
妻の愛液を滴らせたペニスをそそり立たせながら
私の前に立ちはだかりました。
肉棒を振って見せて、
それを使って私に外に出るように指図していました。

私は仕方なく部屋を出ると、
部屋に鍵が降りる音がしました。
そして妻の笑い声も。
私は、寝室の外に立ったまま、妻の淫らな声を聞き、
静かに自慰をし射精しました。
その夜、2人のセックスは何回も繰り返されました。
彼は、結局、翌朝まで妻とそれを続け、
その彼を私は会社へと送ったのでした。
職場で、彼は、すべての仕事を私にさせました。
その間、彼はことあるごとに私に話していました。
私の妻がどれだけ彼とのセックスを楽しんだか、
私がどうゆう風に妻の局部を舐めたかを。

すぐに、会社の他の男女のほとんどが、
この話を知るようになってしまいました。
彼は、彼が上司である私の妻とセックスをして、
その上司が妻の穴の中の精液を舐め吸ったことを
楽しそうに大声で吹聴してまわったからです。

私は侮辱、恥辱を感じましたが、私は変態なのでしょう、
内心その侮辱を楽しんでいたのです。
妻は当初話していたように、
彼の望むことを何でもするようになっている様で
彼が禁じているため、私とのセックスは一切なくなりました。
私は、彼とのセックスの後、舐め取ること、
また彼らのセックスの最中に、
オナニーすることだけ許されましたが
それさえも妻の許可を得ていないとさせてもらえませんでした。

さらに私は、彼らの性交渉の詳細を妻から
直に聞きたいと言う欲求を抑えられなくなり
妻へどのようなセックスをしているのか聞きましたが
妻は、「本物の男とのセックス」
というだけで詳細は教えてもらえませんでした。
しかし、この話を妻が彼にしたところ
彼は、私に対してさらに屈辱的な仕打ちをするよう
妻に言ったのです。


それは、どのようにして妻が犯されているのか
私のアナルを使い再現しろというものでした。
私のセックスが男として役に立たないものであるので
妻である女性から、女性のように扱われました。
妻は彼から渡されたペニスバンドを腰につけ
彼女が彼に犯されたように、
詳細に再現して私のアナルを犯しました。

こんな屈辱にあいながらも、私は興奮し
次第に自慰よりも妻に恥辱されることに
喜びを感じるようになりました。
今では、彼の望みで、
彼の友人にも自宅の寝室で抱かれるようになり
ほぼ毎日のように、妻は違う男に抱かれています。
さしずめ、黒人専門の性欲処理奴隷のようです。
妻のあそこやアナルには、絶えず精液が入っており
私も毎日妻にアナルを犯されています。


外国人に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報