(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

新婚2ヶ月で淫乱女にさせられた麻雀の賭け

サイキ

 konyoku.jpg

結婚して2ケ月が過ぎようとしていたときのことである。妻25歳、私27歳。

結婚式後友達が訪ねてきました。金曜日の夜に麻雀の誘いでした。

好きでしたし、強いと自負していました。金曜日の夜、しょうとしたとき、

「今日の賭けは、負けたものが奥さんを2泊3日でレンタルすること」になりました。

そのときは、私が負けるとは、夢にも思わなかった。

東東で親に役満を振り込んでしまいました。6順目に大三元を振込み、その日は自分のペースになることもなく、

マイナス800点になってしまいました。

約束の日、二人はビールを抱えて遣ってきました。妻の料理を食べながら妻を酔わせることが、

今回の発端になりました。妻もダンスしながら酔っていきました。

彼らのペースに嵌り、私は睡魔に誘われて寝てしまいました。
目が覚めたときには、3人は居なくなっていました。悔しくて悔しくて朝まで眠れませんでした。

12時前に携帯に電話があり、明日の夜には返すから心配するなという言葉でした。

そのとき、妻が「逝くときの歓喜の声を聞かされ、嫉妬に狂いました」

3日目の朝に電話と妻がフェラしている音とエッチしている声を再度聞かされました。

妻が帰って来るまで気がくるわんばかりに嫉妬し、ペニスきピンピンになっていました。
夜の22時頃、妻はコートの下は素肌で戻ってきました。私には何も言わずに、ベットに入り寝てしまいました。

妻の白い肌は、キスマークがあちこちについていました。

それから数日して、友達から誘われました。「奥さんのことを話す」とのことでした。

私のビールの中に睡眠薬を入れ、私が寝てしまって二人は妻に、約束していたことを話したとのこと。

「いや、嫌」と言っていたが余り抵抗もせずに、二人のペニスを口とバギナに受け入れ、本気でかんじていたとのこと。

妻に中出しされて、口に出されて飲み込んでしまってからは言いなりだったとのこと。

裸の妻にコートを掛けて、車で彼のマンションに。

車の中では、ペニスをしゃぶり続けていたとのこと。そして、マンションに着くなり、口とおまんこ、

おまんことアヌスと3Pで3回連続で行い、妻は激しく燃え狂っていた。

そのまま、寝てしまい朝に。裸で3人分の食事を作らせて、お風呂に。お風呂で浣腸を3回してお腹の中のものを

すへて放出。それからベッドで3回連続で放出したとのこと。

この金曜日に泊まりに行くから4Pをすると言われました。私が拒否もできないままに、金曜日の夜に。

彼らが私のマンションに着くと妻は、キスでお迎えして裸になっていました。

私一人では満足できない身体になってしまつたと告白しました。

食事の後、妻に浣腸をしてから 3回連続で妻の体内に放出していました。

私もこんなに悶えた妻を見るのは初めてです。

妻の穴に三本のペニスを同時にくわえ込み、失神する妻がいました。

目が覚めるともう一回どおり、妻の中に吐き出しました。狂ったように悶える妻に嫉妬していました。


寝取られに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報