(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

速攻でラブホへ今迄で一番のオーガズム

サイキ

1607-1034.jpg


その日は彼が深夜~早朝までのバイトが明けて直でのデートだったので、

彼自身がすごく疲れてるみたいだったから、軽い食事をしてすぐにラブホテル(フリータイム)に直行。

でもいつもとは違うラブホテルに行ったもんだから、 間違えてめっちゃ高い料金の部屋選んじゃった。

ドアを閉めた時点で気付いちゃったもんだから、部屋も替えるに替えれない。やっちまった…

しょうがないから急遽1時間でHして出ることに。 彼も私も大学が忙しく、1ヶ月ほどエッチしてなかったから、もう服も全部脱がなくていいや!みたいな勢いで、前戯も早い。

その場の雰囲気で『今日は彼がリードするH』って決まってたから、私はされるがまま。

おっぱい星人の彼は私の上の服を手早く脱がせると、『おっ、今日の下着俺が気に入ってるやつやん♪』と上機嫌で私の胸を揉む。

『早くFからGに育たんかなぁ…♪俺○○のおっぱいも(←ミソ)好き♪』

といいながら私の胸に顔をうずめる彼がやけに可愛くて、私は彼の頭をナデナデしながら、耳に息をかけたり軽くキスしたりしながらも受身体勢で彼のリードに任せていた。

それから彼はギュゥっと私を抱きしめると、その勢いでブラのホックをはずして、そのまま流れるように乳首を舐めてくれた。

排卵日が近いのか、私の乳首は凄く敏感になってたので、いつも通りに舌や歯でされると感じすぎて痛いほどだった。

私が『今日は敏感だから もっと優しくして』とウルウル(ある意味で必殺)しながらお願いすると、

彼は口と首筋にゆっくりキスをして『ごめんね』と耳元でささやいてくれた。

それからの乳首への愛撫は凄く優しくて気持ちよくて、ついつい喘いでしまう。

そして彼は私のズボンと靴下をぬがすと、太ももにキスをして、彼自身のズボンも脱いで下着1枚になり、大きくなった彼のアソコ(下着越し)を私の(下着越し)に軽く押し当ててきた。

もうそれだけで興奮した私が『早く一つになろうよ~』とお願いすると、

彼は『ダメダメ、まだまだ』といたずらっぽい顔で私の下着を脱がしクンニをしてきた。

彼の左手は私の太ももをさすり、右手は私の中に挿入され、クリ中心にクンニされた私は思いっきり喘いでしまった。

それから彼は大きくなって先からお汁の出ているアレを下着の中から取り出し、そのまま生で挿入してきた。

久しぶりのエッチで私のアソコも彼のサイズを忘れていたらしく、入る時には、すごく気持ちよく感じた。

しかも挿入直後に、彼が『うあ…熱っ…』と(H漫画みたいなことを)言っていたのが更に萌えて、私のテンションも急上昇。

しばらくの間つながったまま抱き合っていると、彼がおもむろに前後に腰をゆっくり動かしだした。

大洪水状態の私のアソコのおかげで(私的に)摩擦が程よくて、すごく気持ちよく感じて自然に声が出た。

それから彼は『速く動いても良い?』と聞いてきたけど、速いピストン運動が苦手な私は、 『ゆっくりがいいよぉ』とおねだりして、その代わりに私が上に乗って腰を動かした。

彼は『あっ ダメ気持ちよすぎる… 出ちゃうよ…ゴムつけてもいい?』 とハァハァしながら言った。

その声や顔にすごく萌えてしまった私は、ゴムをつけた後も『がまんしてね』と耳元で囁いて、 騎乗位でゆっくり動いたり、速く動いたりしながら彼の胸の先を舌で弄んだりした。

彼は『もういい?もう いいよね?だめ?おねがい…』とずっと懇願していたが、私のSッ気を煽るばかりで、その願いは届かずにいた。

(彼が我慢してくれてたんだけど(^-^;))

まあ、私自身が今回のエッチ(オーガズム)は今までの中でもトップクラスに入るくらい気持ちいいだろうナァ と体でなんとなく感じていたので、

いつもより挿入時間を長くしていたいなぁと思って我慢してもらっていた。

さんざん我慢して、耐えられなくなった彼は『ごめん 限界』と言うと、いきなりものすごいスピードでピストンしだし、すぐに逝ってしまった。

速ピストンの時間は短かったけど、 私は宙に浮くんじゃないか、というくらい突き上げられて、今迄で一番のオーガズムを味わいました。


セックス体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報