(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

男5人と年上女性2人とAV観ながら軽い乱交した話

サイキ

 1051-0691.jpg

迷ったけど書き込めたから、さっきまでの乱交体験を投下

相手は27歳と24歳のどちらも色白でおっぱいでかめ保育士の仕事してるお姉さん
お姉さんっていうのは俺達が年下で大学生だから
ちなみに俺らは五人
出会いは俺のバイト先に27歳のA子さんが会員として来てて仲良くなったのが始まり
別にエロい関係にもならなかったけど、可愛い系の顔に大人っぽい体つきのA子さんを見て、
いつもムラムラしてA子さん想像してオナニーしたりしてた


でも年齢差あるし大人だから高嶺の花くらいに思ってたからまさかこんな事(乱交)になるとは思わなかったんだけど、
今日たまたまバイト先にA子さんが来ていて俺の上がる時間間近でA子さんと話してたら、
そのままバイトあがりに待ち合わせして一緒に飲む事になったの
俺は他の友達四人と飲む予定でA子さんは友達一人で飲む予定だったんだけど一緒にと誘われた

もともと男五人で寂しく飲む予定だったしあいつらも喜ぶだろと俺も快諾した

で、とりあえず四人と待ち合わせてから仲間の車でA子さんを迎えに行ったの
そしたら、着替えてきたA子さんの隣に小柄で人懐こそうなB美さん
A子さんの後輩でいかにも甘えん坊って感じの子だった
A子さんもB美さんもエロ可愛くて仲間もテンションが上がってるのを感じだし、
A子さんもバイト先で別れた時より心なしか綺麗に感じた

わずかにムラムラしつつ抑えてそれぞれ自己紹介したりして合コンみたいな雰囲気に
で仲間の車に乗り込むんだけど八人乗りの車でもやっぱり八人も乗ると狭く感じて隣のA子さんが近くてそわそわした
しかし居酒屋まわるも金曜でこんでてどこも待つみたいで、結局一人暮らしの俺んちで飲む事になって、
行きで酒やつまみやピザを買って帰った
ついでにTSUTAYAへ寄って映画も借りた
俺と連れ一人だけTSUTAYAへ行き、他は車に待たせた
で、映画を俺が探してると意味ありげにニヤニヤしながら連れがDVDを持ってきたのをタイトル見たらAVで、
連れはA子さんもB美さんも気に入ってムラムラしたようだった
この時はまだこの後エロい展開になるとは思ってもなかったんだけど、
今考えればこれがフラグ
車に戻ると他の連れもA子さん達とかなり打ち解けてるみたいで安心しつつもちょっと嫉妬
AVの事もあってかなりムラムラ


部屋について乾杯してとりあえずわいわい普通に飲んでたんだけど、
飲んでる内にも俺達がムラムラしてる事は雰囲気で分かった
部屋に入ってA子さんとB美さんが羽織ってるそれぞれのジャケットやカーディガンとストールを脱いだ時に俺達に変な空気が流れたから
多分男なら分かるだろ
ジャケットもストールもとってしまうと薄いだろう生地が体にピタッとくっついた黒いワンピースのA子さんに、
ボタン上何個か外したシャツにプリーツミニスカートのB美さんで、
どちらも胸の谷間が見えてしまう明らかに誘ってる格好だった
俺達も仲間内で目配せをしてしまうくらいムラムラ頂点
やりたくて仕方ない
乾杯してから仲間の一人が二人におっぱいや脚についてエロいと褒めると二人は笑って「えっち」とからかい嫌どころか喜んでそうだった
そんな流れで飲み会がスタートして二人にエロい質問攻めでいやらしい流れに
ジーパン下の半立ちを隠すのに必死だった

エロい質問攻めってのは経験人数が何人だとか好きな体位とか
みんなで自己申告するようなノリ
案の定A子さんもB美さんも照れてたけど嫌じゃなさそうで、何より照れてるのか酔ってきたのか赤くなって笑ってるのが可愛かった

その内、さっきTSUTAYAに行った仲間が借りてきたAVを出してみんなで見ようと言う事になった
ちなみに借りてきたのはそいつの趣味かどうか知らないが巨乳のピンクコンパニオンものでお座敷遊びや乱交が超エロ
映画見るみたいに部屋を暗くしてテレビの明かりだけの室内でAV見てると嫌でもエロい雰囲気に


見てる内にさっきまでのわいわいが嘘みたいに静まってきてた
隣同士真ん中にA子B美さんを座らせて囲む感じの配置だったんだけど、
横の奴らが焦らすようにさりげなく太ももを撫でたり肩を抱き寄せるようにおっぱいに触れたりしてるのがテレビの薄明かりの中で見えた
A子さんもB美さんも本気で嫌がる気配もなく、ちょっと拒みつつも受け入れてるように見えた
いつしか仲間全員AVよりも二人に集中してた
二人をかこむように座ってた奴らもだんだん大胆な手つきになってきて、
A子さんを触ってた奴がそれまで片手で後ろから手を回して触れてたのが両手でつつむように服の上から揉んで乳首あたりでクニクニと窪ませるように触れていた
A子さんもだんだん身をそいつに委ねるようによりかかる姿勢になって、
甘えるような声で吐息まじりにそいつの名前を囁きながら言葉だけで拒んでた
ちなみに俺達はさん付けで彼女達はくん付けで読んでる
俺達は皆二十歳で彼女達が年上だから


B美さんも太もも撫でられてたけど隣の奴が大胆にプリーツミニスカートの中に手を忍ばせた
スカートの中に入ってこようとする手をかすかに手で拒んで太ももを閉じようとするB美
でも身は隣の奴によりかかる感じで、もっと大胆におっぱいももう片手で服の上からもみしだくようになってきて声がかすかに小さく漏れてくる
だんだん足もだらしなく開いてきて、隣の奴が脚を開かせてM字になるように委ねると素直にそうした
だから白くて艶のあるショーツが丸見えになった


A子さんも後ろからおっぱいもまれながら後ろに回ってる奴とキス
どちらかというとA子さんから舌をからめて後ろの奴の頭に腕をまわすようにしてリードしている感じだった
B美さんのほうもシャツのボタンを外されブラをまくりあげられておっぱいがこぼれる格好に
後ろに回ってB美さんを抱くようにしてる奴が耳元で囁くように「凄い濡れてるね」と言いながら、
割れ目にショーツを食い込ませるようにすると、
恥ずかしそうにダメ~と言いながら脚を閉じるのが可愛い
そんなこと構わず後ろの奴は脚を開かせ、さっきより激しく弄る

部屋にキスとアソコの湿った音がいやらしくて、この時点でビンビンになってた


複数プレイに関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報