(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

海外赴任前にセックスしてくれない彼に泣いて懇願しました

サイキ

jimusyokunni.jpg


彼の海外行きが決まった半年前から
「間違いが起こるといけないから、エッチはしない」と宣言されて、非常に欝でした。

出発前日の昼食後
彼:どうしたい?
私:二人になりたい…(号泣)
結局ホテルに来てしまいました。
でも彼はなかなかしようとはしてくれませんでした。
私は安全日だったので、そのことを伝えたのですが彼は他の場所を触り続けるだけでした
私はとうとう泣き出してしまいました。

半年間、冷たくされたり、別れ話を切り出されて色んな事を我慢してきたのに、最後まで私のことは何も考えてくれないんだ、と。
すると彼は悲しそうな顔をして、枕元にあったゴムを私に手渡しました。
私はゆっくりゴムを彼のアレに装着しました。

彼はゆっくりと中に入ってきました。
奥まで彼が入ってくるのがわかりました。
嬉しくて涙が出てきました。
でも、彼はそのままゆっくりと出ていきました。
パニック状態の私に、彼は「ごめん。
やっぱりできない」と言いました。
間違いを起こしたくないという彼の考えはわかります。
間違いが起こってしまって一番困るのは私だということもわかってます
でも、でも。
正論だけで世の中が回っていくわけではないでしょう?
私の気持ちは、ずっと、ずっと振り回されっぱなしだった私の気持ちは?待ち続けてた私の気持ちは?
最後のお願いすら聞き届けてはくれないの?

私は声を上げて泣き出してしまいました。
彼はそんな私を悲しそうな顔で見ていましたがそのうち彼自身が泣き出しました。
「自分が中途半端だからダメなんだ」と。
私は彼を傷つけてしまいました。

私は彼のアレを口にくわえました。
彼は「(自分だけ気持ちよくなるのは)ダメだよ、ずるいよ。」と言いました。
でも私は彼のモノを舐め続け、しゃぶり続けました。
彼は暫く抵抗していましたが、次の瞬間、猛然と腰を動かし始めました。
私は何度もえづきそうになりました。
私は泣いていました。
彼もきっと泣いていました
彼が射精しました。
私は迷わず飲んでいました
その後、二人でお風呂に入りました。
お互いに洗いっこをしました。
悲しくて仕方がないのに、心は凪いでいました。
これでいいんだ。
これしかないんだ、と
その後、彼の家族と食事をして翌朝、彼は旅立っていきました。
その翌日、生理が来ました。
私は泣きました
今度会うときには、幸せなセックスができるといいなと思いつつ7時間の時差を越えてメールの遣り取りをしています

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報