(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

双子の妹さんに妻が奪われた姿を寝た振りで・・・

サイキ

re001.jpg


群馬県K温泉での出来事です。
私42歳、妻M子40歳。

我々夫婦と同僚夫婦(A氏とK美)と奥様の双子の妹、部下男性二人に女性一人の計8名。
部下の男女は兄妹です。
不景気も有り社員旅行がなくなった為、気の合う仲間だけでの小旅行です。

露天風呂付きの和洋2間ある大きな部屋を3つ借りましたが、食事はその内の一部屋にまとめ宴会スタートです。
メンバー皆さん酒豪揃いであり、特に双子の妹さんT子は物凄い勢いで飲んでいました。
T子は付き合っていた男性に振られその話で盛り上がりを見せていました。

食後、持ち込んだブランデーで酔いも絶頂となり、軽くお風呂に入りそのまま自室へ退散していきました。
残った5名で飲みなおそうとビールやワインを追加注文。
ブランデーの後だった為、軽く感じて飲める事飲める事。
その後、私と同僚は交互に露天風呂へ入りました。
ソレがいけなかったのですが、二人とも一気に酔いが廻り酩酊状態へ。
同僚と奥様は自室へ戻り妻とT子がもう少し飲んでから寝ると更に飲んでます。

眠くなったら私達の部屋で寝ればいいからねと妻。
私は別部屋にあるベットの上で記憶は薄れているものの横になりながら酔い覚ましのつもりでした。
そこから大変な事に・・・。

T子と妻は淫らな話に花が咲き始めました。
しばらくして、T子が妻にキスしていい?と言い始めました。

こんな会話聞くと酔いも覚めるもので思わず聞き入っている自分がいます。
興味シンシンで何故か見てみたい衝動に駆られ、寝たふりをしておりました。
洋間と和室は区切られているものの、襖や壁は無く声は丸聞こえです。

妻は、“何言ってるのっ!!そんな趣味は無いわよー”
と受け流しておりましたが、考えられるほぼ全ての褒め言葉を妻に投げかけ、“チョットだけチューして”と執拗にねだってます。

そのうち、“旦那が起きちゃうでしょと”僕を気にし始めますが、T子が“見てくる”と、僕に近付いてきて肩を揺さぶります。
もちろん寝たフリをする僕です。“大丈夫、大丈夫シッカリ寝てるから”とT子。

そこから始まってしまいました。
“もーどうしたの”
と言いつつも“一回だけよ”と軽いフレンチキスをした様子。

僕は体勢を入れ替え寝返りを打つ振りしてうつ伏せのまま覗き見える体勢になります。
“M子サンの唇って柔らかーい”
その一言から口は閉じているものの長いキスが始まりました。

“もういいでしょ”と言うものの再度唇を塞がれた時には、唇はやや開き始めていました。
そのうちT子は妻の唇を貪り始め、手は浴衣の胸元へゆっくり入っていきます。

胸元を弄る手を妻は払おうとしているも、弱弱しく形だけの抵抗だと言うことがわかります。
唇を離し、“なんだか余りにも素敵な唇だからHな気分になっちゃった”とTが言うと何と妻が黙って恥ずかしそうに小さく頷くのが見えました。
その後、T子は長い舌を出し、ゆっくりゆっくり妻の口の中に入れていきます。

妻も口を開けその舌を、目をつぶり受け入れていきます。
お互いの舌が完全に絡み合うと、二人とも大きな口を開けお互いを激しく激しく吸い合っています。
きっと口中はお互いの唾液が混じりあいとろけ切っている陶酔の心地なのでしょう。

どのくらい激しく貪り合っていたでしょうか。
次第に妻の胸が露出しており激しくもまれています。
妻もT子の胸を弄っていました。

その後、お互いの指は下半身を弄り始め下着は脱がされ、指にて責められています。
その間にも唇は塞がれ悶絶している妻。
T子は妻が絶頂を迎えると満面の笑みを浮かべています。
その後もキスは続き今度は妻がT子を責めています。

しばらく後、T子は感じやすい体質らしく我慢していたあえぎ声を一瞬だけ上げ、絶頂を迎えたようでした。
その後二人はしばらくお互いの胸を弄りあいなにやら話し込んでいましたが、
別々に露天風呂に入り直ぐに出てきました。

その後僕の横に潜り込んできたかと思うと直ぐに寝息を立てる妻です。
翌朝、何事も無かったように朝食をとり家路へと付きましたが、T子と妻は時折、目を合わせては下を向いていりました。

これからも続くのでしょうか?

今のところ、変化も無く今まで通りの生活ですが、続いているなら複雑な心境です。
後日、T子は彼氏が出来たみたいだよと妻が言っておりましたがどうなる事やら。

レズ体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報