(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

後輩を襲ってやったぜ! 女同士のH体験談

サイキ

 JKrezu.jpg

これは私(女)が後輩の女の子あみ(仮名)を襲った話。当時私18!あみは17。

ある日私はあみと2つ年下の後輩二人と小学校からつるんでいる友達の家に遊びにいった。

みんなとタバコをふかしながら話をして大笑いした。突然あみが「家に帰ってくる」といい家に帰った。

友達の家とあみの家は歩いて10分ほどの距離。残ったみんなでまた爆笑しながらの会話。

ふと友達が『あみが帰ってこんで~』といった。

ふと時計を見るとあみが自分の家に帰って1時間たっている。

みんなで帰ってこんが~と話しをしてたら友達が私に『お前家に行って何してるかみてきて』とゆわれたので1人で歩いてあみの家に行った。あみの玄関に到着。

私「あみ~。入ってもいい?」
あみ『どうぞ~』

私は靴をぬぎあみのいる部屋にはいった。

あみは横になりテレビを見ていた。

私は、こいつ~帰ってこんとテレビみてたのかよ~と思いながら腰をおろした。そしてあみと会話をした。

私「テレビ、おもろい?」
あみ「おもしろいよ!」
私「なんのテレビしてんの?これ。」

あみ「知らん。」

あみはテレビにくぎ付けになっていたから私もテレビをみた。

ねっころがって横向きに寝ているあみをみた私は今二人っきりだしあみとヤりたいと思った。

私は今は7人の女の子とエッチしたが当時まだ5人の女の子とエッチをした経験がある。

ま~そ~れ~で!あみとエッチしたくなった私はあみに抵抗されて殴られるかもしれないと思ったがねっころがり横向きのあみの上にのりあみの左側の首をなめてみた。

ペロペロとなめてあみをみると「うち、鳥肌たったよ。見てうちのうで」とゆうので腕をみると鳥肌たってた。

お~これ、エッチできるんじゃね~のと男みたいに思った私は横をむいてたあみをあおむけにし首をまたなめたらあみは抵抗した。

「やめて!」おいおい。おめ~鳥肌たってかんじてたのとちがうんかい!と思い、やめね~よと嫌がるあみの両腕を押さえ付けた。

そしてあみの両腕を押さえ付けたまま首をまたなめた。

首を吸ったりなめたりを続け私は右側の手を離しあみの左胸を服の上から回すようにもんだ。

あみは左手で上に乗ってる私をどかそうと必死こいているがどくわけがない。

また右手で次はあみのマンコをズボンの上から上下に指を動かした。

あみは「ん!…あ!あ!」感じてるのかと思ったら油断大敵!まだあみは左手を動かし私をどかそうとしている。

しつこいおなごじゃの~と私は思いズボンの中に手を入れパンツのうえからマンコをついたり上下に動かしたり強弱をつけマンコをさわった。

するとあみは「あ!ん…あぁ!力がぬける。お願い…やめて。ん~ああぁ」そんなあみをみた私に火がついた。

力がなくなるまでマンコをさわっていく…あみは「あ!あ!あ!んあ!ん~もう…あんやめて」私はもう力がなくなったと思い左手をはなした。

あみは息があらくなり、ハァハァとなっていた。あみはもう抵抗をやめていたが「やめて!」とゆっている。

私はあみの服を上にあげブラをとり胸をだした。私は右側の胸を吸ったりなめたりし左側を円をかくようにもんだり乳首をクリクリした。

あみはずっとやめてお願いと私にゆっている。私はもちろん聞いてない。

胸から舌をすべらせ今度はお腹をなめる。ヘソをなめたりわきばらをなめたりあみは力が入らないらしく抵抗はしない。

そしてやっと手マンだ。パンツの中に手をいれた。あみのマンコはびしょびしょになっていた。

そのまま中指を奥に届くようについたり抜いたりの繰り返しに「あ!ん!ん!あ~やめてお願い…ハァン!!」あみは精一杯の抵抗をしている。

中指をかき回したりし一時やめあみの両腕を私は左手一つでもち、あみの頭の上におき固定したまま次は指を?本いれ激しくついたりかき回したりした。

あみは「あ!あ!」と私が奥深くつくたびにあえいでいた。

次第にあみのマンコはグチョグチョになってき、クチュグチョと聞こえてくる。

私はキスマークをつけたくてあみにつけよ~としたらあみが「彼氏とケンカになるからつけんといて」とゆわれたので私は『おとなしく私に抱かれとけ!!じゃないとキスマークつけるど』と、脅しをかけたら口ではやめてほしいと言い続けてたあみは静かになった。

ここから本番!両腕が自由になった私は首をなめながら胸をもみ乳首をクリクリした。

乳首を吸ったりなめたりしながら反対の胸を円をかくようにもんだ。そしてもうグチョグチョのマンコだからなめなくてい~かと思い中指をマンコにいれた。

奥まで届け!と思いながらつき続けた。

手マンしながら乳首を吸ったりなめたりした。

奥のほうに中指をいれかき回したらあみが『あ!!』と大きな声で叫んだ。

まだまだ指を休むことなく強弱つけながらもつきかき回した。

あみは『あ!んんあぁ!ダメ!うちイキそう』私はイッた?と手マンしながら聞くとあみは『んあ!んん!まだですよ~』と言った。

イカしてあげねば…と思った私はあみのお尻がうくほどに強く激しくつきかき回した。

クチュクチュとあみのマンコから聞こえる音と家の窓がゆれる音が響いた。

今までずっと密着させてた体を離しあみの顔みた。

『あ!あ!いゃ!んぁぁぁ!』とみだらに声をだしていた。

するとあみは私と目があうとあえぎごえを止め泣きそうな顔で『本当にお願い…やめて…』とゆってきた。

私はあみの顔をみた瞬間かわいそ~だなと思いやめた。

あみはズボンのボタンをはめブラをし服を整えた。

ティッシュを取り出し何するんだ?と思ったら私の右手の中指をふきだした。

あみはふきながら『いれたのは1本だけ?』と聞いてきたので私はううん2本!とゆった。

あみは私の中指と人差し指をふいてくれたあと私の右手の中指と人差し指を見て何を思ったかあみは『このアンタの指、絶対臭いはずよ』といい私の指をかぎ『クサッ』とゆったあとこっちおいでとゆわれついて行くと洗面所につれていかれ、手を洗って!とセッケンを渡され洗った。ごていねいにタオルまでくれた。

タオルで手をふいてたときあみの家の玄関から音がした。

なんじゃ?と思ってみてたら私の友達がきた。私もあみも帰らないからと心配してこっちにきたのだ。あと少しでもやめるのが遅かったら見られていたよ。あぶね~あぶね~(汗)

ちなみにあみとはこれをあわせて3回ヤった。うち2回は抵抗しなかった。

おかげであみのマンコもなめることができたのさ(笑)

レズ体験に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 1

There are no comments yet.
miu♪  
No title

コメントを入力くださいエロかったけどもっとエロいほうがいい

2015/10/06 (Tue) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報