(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

離婚して初めての彼に深い結合を味わっています

サイキ

sx007.jpg

夫と別れて岡山の実家に戻ってきましたが幼い子供を育てていますから、何時までも自宅に籠もっている訳には参りません。
ある人のご紹介で刀剣類の販売会社に就職しました。


私の会社勤務の経験は三菱商事しか有りません。会社はデスクワークが主体と思っていましたら就職した会社では各地への展示販売が主力でした。


出入りの人達は刀剣類のコレクターや刀工(刀匠)さんたちでした。
ある日、竹下さんとおっしゃる若い刀工さんが来社されてお話をしました。

その後も数回の来社で彼が優しそうな印象を受けていました。
終業時間前にお仕事の打ち合わせが終了しましたのでご一緒に退出して近くの喫茶店へ立ち寄りました。
誘われる儘にレストランで夕食を摂りました。
少しのアルコールで酔いました。竹下さんが酔い覚ましにドライブしましょうとのお誘いでしたので倉敷市内まで出かける事にしました。
車中では他愛もないお話をしたと思います。
倉敷国際ホテルのロビーで休憩しながらビールを戴きました。
酔っぱらいましたので・・・。との事で彼が部屋をリザーブしてきました。
部屋に入ってから竹下さんは酔い覚ましにシャワーを浴びられました。
美和子にも勧められましたがお断りしましたら・・・。
結局、美和子もシャワーを浴びましたが・・・。

ルームサービスでアルコールを追加して飲みました。
明日は休日との事でリラックスしていたと思います。
浴衣を着ていますから裾が割れますと竹下さんが見ています。
竹下さんはイスに座った美和子の後ろに立たれて襟からの乳房を見ていました。
二人は立ち上がって無言でチークダンスを始めました。
彼の右手が美和子の腰に添えられてリードされますからそれに従って動いています。
彼の左手が汗でしめっています。
美和子の両足の間に彼の右足が割って入ります。
その時に彼のジュニアが勃起しているのが判ります。
美和子は長い間男性との接触が有りませんでしたので興奮していたと思います。
彼が唇にキスしてくれましたのでお応えしました。軽いタッチで・・・。
二人はベッドに倒れ込んで・・・。
浴衣の合わせ部分を広げて乳房にキスされました。乳首を転がすようにして・・・。
美和子のベビーは久しぶりの男性との接触で興奮しています。
少し泣いていたかも知れません・・・。
竹下さんが美和子の浴衣を取り払います。二人は生まれたままの格好です。
彼の手が美和子のベビーに触ります。ベビーはすすり泣きをしていました。
竹下さんが1時間ほどの間、乳房とベビーとへキスしてくれました。
美和子から入れて下さいとは言えませんが・・・。
竹下さんが自分のシンボルを支えて美和子に挿入する仕草をされました。
その時に初めて彼のシンボルを見ました。20㎝くらいは有りました。
初めて見る巨大な・・・。
今までの経験ではこんな大きなのは見たことが有りませんでした。
美和子の中に入るのかしらと不安がいっぱいでした。
竹下さんは美和子のベビーに根気よくキスされ唾を塗っています。
美和子の両足が開脚されて竹下さんのペニスが入り口にあてがわれました。
入り口部分に少し入りますがそれ以上は挿入できません。
彼は引き続き唾を付けてキスしています。
美和子の内部からもラブジュースが出ていたようでした。
その時、彼が美和子の唇に強めのキスをしてくれました。
彼の左手が膣を広げて右手がペニスを持ってガイドをしています。
そして、一気に挿入されました。
巨大なジュニアが侵入しました。
合体しましたら痛みもなく快感がわき上がってきました。
父母が聞けば無分別な事をと言って嘆きそうです。
合体しましたら彼も安心して喜んでくれました。
美和子のベビーは彼の分身にまつわりつく様な快感を与えた様でした。
シーツには少しの鮮血が流れていました。
彼はお休みしながら分身を少しずつ動かしています。
美和子の全身が麻痺した様でした。
結婚では性生活での快感が判りませんでしたので・・・。
彼は合体した状態で上下を反転させました。
美和子が上になっています。
彼に促されて美和子がお尻を上下させて深い結合を味わっています。
美和子が初めて知る快感でした。
美和子の快感が高まって激しく上下していましたら、竹下さんが射精されました。
美和子のおなかの中に・・・。
二人は上下の位置を反転して竹下さんが上になっています。
彼が全ての精液を吐出するかのように激しく圧迫されます。
突然、彼が体位を変更して美和子のベビーにキスします。汚れている全てを舐めてぬぐい去りました。
大変な経験でした。
それにしても、人生には色んな事が有ります。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報