(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

ご飯も食べずに2時間やり続けて、久しぶりと言うか、セックスの良さを思い出しました

サイキ

sx004.jpg 

5年前に離婚、子供なし、実家で母と2人暮らしをしています。

毎年、姉の息子が夏休みになると、一人で一週間ほど泊りに来ます。

今年、中学3年生、来年は高校受験です。

遊びに来れば自分の子供の様に可愛いがってます。

去年に比べると大人らしくなり、随分成長したなと思いました。
夏は車で30分位の海水浴場に2人で遊びに行きます、25日の日曜日に行ってきました。
猛暑続きでかなり混んでいて、3時間ほど遊んで帰る事にしました。
水着は最初から着て来たので浜辺で服を脱げば済んだのですが、帰りはそうは行かず砂の着いた身体に、シャワーを浴びてから着替えようと海の家に。脱衣場は大渋滞で順番が来るまで30分待ちました。
私が「次空くまで待ってるの時間かかりそうだから2人で入ろう」
は戸惑っていたけど、手を引いて2人でシャワー付きの脱衣場に入りました。
「何恥ずかしがってるの、さっさと着替えて、美味しい物食べて帰るわよ」
の目の前で全裸になり、シャワーを浴びだすと、後ろを向いてしまい、
「どうした、おばちゃんの裸見るの恥ずかしの、良く一緒にお風呂入ったたりして、何度も見てるでしょ」
「何言ってるの、小さい時でしょ、何歳だと思ってるの、おばちゃんだって女だよ、恥ずかしに決まってんじゃん」
が股間を押さえているのが解りました。
「こっち向いて」
恐る恐る下を向いて向きを代えて来ました。
手で隠しても、勃起してるのが解りました。
「ごめんね、もう大人だよね、おばちゃんの裸みて大きくなったなら嬉しい、見てみたいな、どれくらい成長したのか、見せて」
「知らないからな、どうなっても」
は海水パンツを脱ぎました。
驚きです、お腹に付きそうな位勃起していて、完全に大人のオチンチンです、色はピンク色だけど、長さも太さも前の主人より上でした。
「おばちゃん、我慢できない」
自分で扱き始めてしまい、
「ごめん、おばちゃんが悪かった、任せなさい」
の手を退けて、オチンチンを握って、口の中に、久しぶりのフェラで1分足らずで、
「おばちゃん、出ちゃう」
オチンチンがピクピクとしたら口の中から溢れるほどの大量の精液が流れ込んで来てそれでも勃起は納まらず、の手が私の股間に、既に濡れているのは解っていました。

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報