(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

秘密の枕接待用の私の女体

サイキ

sx005.jpg


うちの会社には秘密の接待が存在します。会社は小さな貿易会社です。私は10年目の営業社員(女です)今日は社長の別荘に呼ばれました。参加したのは社長、営業部長(45歳女性)私、営業の新人(女21歳)それとお得意様1名です。営業部長の小野さんは和服の似合う細身の美人です。でも社長に調教されているエム女です。そして私も後輩エム女で5年前から社長に調教されています。

 新人の三原さんは、まだそういう接待については知らないはず、でもワンマン社長のこのみで取った子なので、エムの素質はあるんだと思います。それにここに呼ばれるのは社長がそれなりの根回しをしている子なので、いよいよだなと思いました。

 お食事の支度、食事などが終わり、ワインで乾杯する頃にはだんだん雰囲気が整ってきて、そろそろかなと思っていると、今日は小野さんに余興のご指名がありました。小野さんは、えっ私からですか?といいながらも社長の言いつけには逆らえないので、しずしずと絨毯の中心に歩いていき、正座してお得意様に「◯◯さま、これからの事はくれぐれもご内密にお願いします」といってから立ち上がり、和服の帯を解き始めました。


 そして長襦袢、腰巻だけの姿になり、それも取り去って全裸になると手を頭の後ろに組んで服従の姿勢をとってから、いやらしい替え歌のついた歌を歌いながら腰を振りはじめました。いつもの澄ました小野さんとのギャップがものすごい卑猥で下品な踊りでした。男性はきっとたまらないと思います。

 なにしろ上品な奥様タイプのビジネスウーマンが、いきなり素っ裸でシリフリ踊りをするのですから・・ふと三原さんをみると社長の横ですでに腰に手を回されて、真っ赤になってこの信じられない光景を唖然とみていました。でもやっぱりなにかあったんですね、その場から去ることもなくおとなしくしていましたからね。昔私も同じでしたものね。


 小野さんは踊りが終わると、お得意様の横に素っ裸のまま寄り添いワインをつぎながら、次は誰かしらと社長さんに催促しました。次は当然私だと思っていると社長さんが三原さんを指名しました。そして小野さんと私にヘルプを命令したのです。三原さんは、仕方なく絨毯の真ん中に座らされて、どうしていいか分からずにいたので二人で彼女の両脇に座ってから私は上半身、小野さんは下半身をゆっくりとタッチし始めたのでした。

 ブラウスの上から乳首のあたりを撫でるとピクッと反応します。下では小野さんが太ももを撫で始めました。そして彼女は眼を硬く閉じながらもだんだん唇からうめき声を上げ始め、その頃にはブラウスのボタンは外され、スカートはおへそのあたりまで、まくられて小野さんの愛撫を受けていました。


 そしてスカートを履いたまま、パンストパンティを脱がされて、私に乳首を直に吸われる頃には、快感に悶えるようになってきて、そのまま素っ裸に剥かれて小野さんのクンニでいかされていたのです。

 お得意様は三原さんがお気に入りで、これでまたおおきな取引がまとまるのかしら と思いながら、ぐったりしている全裸の三原さんの両足を左右から開きながらお得意様が、三原さんに挿入して腰を使うのをお手伝いして膣内射精させたあと、女三人で夜更けまでお得意様にご奉仕して接待を終わったのでした。

社長秘書に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報