(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

彼女からラブホに行く同意を取り付け2人でラブホへいくことに。

サイキ

彼女からラブホに行く同意を取り付け2人でラブホへいくことに。
カラオケの清算しにカウンターへ向かうエレベーターの中でもどちらとも無くDKしたり、
店を出て向かうまでの間も彼女の方から腕を絡ませてきたりと、
傍から見たら完全にカップルという感じで東京の街を歩いた。
ちなみに当然俺も彼女も都内のラブホなど知らなかったわけだけど、
正直に書くけど俺はこういうことになる期待も込め、デートする地域周辺のラブホの情報を2ちゃんで仕入れていたw
その期待がまんまと実を結んだ形になり、俺は頭に入ってる地図で彼女をまるで使った事があるホテルかのように案内した。
 

普段俺が使っていた爺さんと婆さんが交代で受付してる激安ラブホとは全然違う、
機械管理(表現間違ってる?w)に戸惑いつつホテルの中へ・・・
下調べして値段の見当は付いてたが今日はクリスマスイブ、
入れる部屋など限られていて、割高の部屋にせざるを得なかった。
普段使ってるとこの約2.5倍・・・と財布を気にしつつ入室
カラオケでお互いできあがっていたこともあり、シャワーも浴びずにベッドになだれ込んだ。

カラオケよりもある程度明るい部屋内で全裸の彼女を見て感じたのは、
まずは当然その巨乳のボリューム、そしてものすごい色白だという事。
肉付きは結構いい方で彼女自身は太ってると言っていたが、
胸もそうだがお尻も結構大きいけど腰周りはきゅっと締まってて綺麗なライン、
それでいて背が小さいのも個人的によかった。
顔はほしのあきに似てるとよく言われてたらしい(個人的にはほしのあきより好み)
そして化粧を全くしてないのに問題ないくらい肌が綺麗なのは感心した。
陰毛が白い肌とあまりしっかり処理してないのが合わさって若干濃い目に感じたが、
それはそれでものすごいエロスがあった。
 
キスや乳に関してはカラオケで結構堪能したのでそこそこに、マンコをじっくりいじりたくなった。
ちょっと明るいせいか彼女が恥ずかしがり下半身には布団をかけた状態ですることになった。
キスしたり胸を揉みしだいたりしながら手で彼女の足を完全に開かせて触ると、
カラオケでのことから最低でも30分くらいは経っていたはずだけどまだヌルヌルだった。

しかもまた興奮して出てきてるマン汁を小陰唇から大陰唇、クリのあたりまで手を使って広げて、
マッサージするように撫でまわすと小さな喘ぎ声を漏らしながら彼女の腰もそれに合わせて動く。
徐々にクリに集中させていくと色白の彼女の顔が赤くなってきて身体の反応もどんどん早くなっていく。
彼女のクリは結構皮も多めで普段は触っても中心が分かりづらいくらいだったんだけど、
探し当てて優しく刺激してやるとかなり素直に反応して堅くなるタイプ。
男としては当然燃えるわけで、堅くなってるクリを指の腹で押したりちょっとつまむ様にしてみたりと
色々いたぶるように楽しんだ。クリをいじるたびに身体がよく反応して責め甲斐もあった。
彼女が俺に強くしがみつくようにして「・・・あ、イキそう・・・イク・・・イク」と耳元で言うので、
俺も耳元で「イッていいよ」と囁いてやりながらラストスパートで強めにクリをこねるようにすると、
ビクンビクンと数回腰を跳ね上げるようにしながらイッた。

以前スカイプでは「セックスでイッた事が無い」とか「そもそもイッたたかどうかわからない」ということを言ってて、
俺が「それは絶対嘘だろ~」とかってやりとりをしてたので。
脱力した彼女を抱きしめて「なんだイキやすいじゃんw」と言ってやった。
すると「○○さんが上手すぎなだけ!」と怒った様に言いつつ抱きついてきた。
それが本当か嘘かはどうでもいいけど確かなのは言われて嬉しい言葉だってこと。
もうちょっと責めてみたいなと思い、さっきはほとんどクリしか触らずにいたので中を触ってみることにした。
彼女にキスをしたりしつつ、また足を広げさせて穴の部分に指を入れていく。
イッたあとのマンコは先ほどよりは若干水っぽくなってて軽くかき回してもピチャピチャという音が布団の中から漏れる。
自分でもよろしくない楽しみかたなのは分かりつつ、形容するなら「清楚なお嬢様」って言うのがぴったりの彼女の顔と、
布団の中から漏れるエロイ音のギャップがものすごく俺を興奮させた。
わざと大きく音が出るように、より彼女にも聞こえるようにしてたと思う。

それが功を奏したのかは全く謎だけど、彼女の奥からはイった後の水っぽさはなくなってきて、
最初と同じトロトロとしたあたたかいマン汁がまた湧いてきた。
彼女の身体の反応もまた大きくなってきたので、俺は彼女のいわゆるGスポットって部分を重点的に触り始めた。
奥から手前へGスポットを擦りあげるように挿入した二本の指を大きくゆっくりと動かしつづけると、
俺の手のひらに熱い何かがかかった。「え?」と思いつつ彼女を見ると顔真っ赤にして耐えるような感じで喘いでる。
その後も奥から擦りあげるとたまに手のひらに熱いものがかかる感じを受けながら、
最終的にGスポットを擦りあげつつ親指で堅くなったクリを丁寧にこねるようにしてイカせた。
イクときに中の指を彼女の膣がぎゅっと締め上げてくれて「チンコ入れてぇ」と思わせた。

指を引き抜いて手を見ると手のひらまでびしょ濡れで、布団をどけると結構な範囲が濡れてた。
「もしかして潮吹いた?」と聞くと「・・・うん、吹きやすいんだよね、ゴメン」と恥ずかしいのと申し訳ないといった顔で見てきた
吹きやすいってのが嬉しい反面、「あ、他の人相手でも吹くんだ・・・」というわけの分からない残念な感情が去来したw
もちろんその感情は隠して「いや、むしろ可愛いし最高だって」とシーツと彼女のお尻をタオルで拭いてやった。


 

男の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報