FC2ブログ

近親相姦、義父の巨根にしがみついている私 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、義父の巨根にしがみついている私

11234-0483.jpg 
30の時に今の主人と結婚しました。小さな会社ですが義父が社長で主人が専務してます。


事務員さんは二人いるのですが支払いやお金のことは時々私がしてます。半年前に義父と契約に行く事になり同行した時のことです。


契約も上手くまとまり義父も喜んでいました。義父は機嫌よくて帰りに洋服とか買ってくれ夕食食べて帰ることになりました。
連れていかれたのは1流のホテルでした。ファミレスしか行ったことのない私には驚きでした。


部屋に案内され食事して義父がまだ時間あるから買ってきた洋服着て見せてと言い出しましたから高いもの買ってくれた義父に悪いと思い上だけでもと着替えしようとした時義父が突然抱きついてきてソファーに倒されてしまいました。


義父は「由里さん一度だけ」と言い私の着てるもの脱がし始めました。「駄目です。お義父さん。
やめてください」「一度だけでいいから」「お願いです。本当やめてください。」必死で抵抗しましたがとうとう裸にされました。


私は体丸くして力込めていましたけど段々と義父の手が私の下半身を触るようになってしまいました。触られていると女の性が疼いてくる自分が恥ずかしくなりました。


「お義父さん此処では嫌」「じゃベッド行こう」と抱きかかえられるようにしてベッドに連れていかれました。
義父が裸になるとダランとして半分くらいしか勃起してませんでしたが主人の倍くらいに見えました。


「由里さん健とどっちがおおきい?」「お義父さんです」「もっと大きくなるよ。由里さん喜ばせてやるよ」と言いながら義父は私のオマンコ触ってきました。


暫くすると義父のアソコは勃起しましたがマジで主人の2倍3倍ありました。
足広げられ義父が挿入したとき私は主人にないなんとも言えない快感になり思わず
「お義父さん」って叫びしがみついてました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.