FC2ブログ

集中豪雨の忘れられない夜、母さんと繋がった - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



集中豪雨の忘れられない夜、母さんと繋がった

5051-1149.jpg 

 去年、僕の家の周辺地区で集中豪雨災害がありました。
あれから4ヶ月たっても、近所の人や、
友達は雨が降るたびに、
その時のことを思い出して怖くなるそうです。
僕の家も1階全部が冠水しました。
その日から2ヶ月近く2階で暮らしたぐらい
被害を受けました。
確かに近所の人がいうように怖かったですが、
ただ僕個人にとっては、
その日に初めて別のすごいことを体験したので、
違う思いを抱いています。

 集中豪雨のおかげっていうか・・・。
あの日、我家の床上に水が来始めたのが12時過ぎでした。
1階で寝ていた母さんが、
慌てて僕の部屋に飛び込んできて、
二人で1階の荷物を必死で運び上げました。
あんなになるとは思ってなかったのですが、
2時くらいには2階の床くらいまで水が来て、
もう何処にも行けなくなってしまいました。
僕のベッドの上で母さんと二人座り込んでいました。
父さんは、高松支店に単身赴任して、
去年から居ませんでした。
水音が、まるで川の中に居るように聞こえつづけて、
時々何かが家の外壁にぶつかっては、家が揺れました。
一段と大きい音がして、家が揺れた時、
母さんが声を上げて、僕にしがみ付いて来ました。
連続して何かがぶつかる音がして、
周りが静かになるまでそれから1,2時間、
二人で抱き合っていました。
母さんは怖い怖いと言っていましたが、
僕は違うことを考えていました。
僕にしがみつく母さんの身体は温かくて、
柔らかくて、良い匂いがしました。
僕は母さんの身体をぎゅっと抱きしめていました。
ペニスが固くなってきました。
「死んだら、僕、童貞のままだ・・」
震えていた母さんが暗闇の中で、小さく笑いました。
「何言ってるの・・・こんな時に」
「お母さん、触ってくれない?」
「えっ・・・」
僕は母さんの片手をペニスの方に引き寄せました。
かちんかちんになった僕のペニスに母さんの手が触れて、
びくっと震えました。
「何するの・・・」
身体を固くした母さんが逃げようとしたのを、
ぎゅっと抱きしめたまま、僕はキスしようとしました。
どんって音がして家が揺れて、
母さんが慌ててしがみ付いて来ました。
僕は母さんの寝巻きの裾から片手を差し入れて、
ショーツ越しにあそこに触りました。
びくっと母さんが身体を固くしましたが、
家の揺れに気を取られていたのか、
僕の指がショーツの脇から直接あそこを触っても、
何も言いませんでした。
僕は夢中で指を動かして、
終いにはショーツをほとんど脱がせてしまいました。
母さんが僕の肩に頭を寄せたまま、喘ぎ声を上げ始めました。
指を入れて、あそこを嬲りました。
濡れてきました。
僕は片手で自分のパジャマの下を脱ぎました。
母さんの身体を膝の上に抱え上げようとしました。
「・・だめよ・・・」
僕に身を任せたまま、うわ言のように呟く
母さんの身体を両手で抱えて、
僕は自分の膝の上に下ろしました。
ヌルッとペニスが熱い母さんの中に包まれて行きました。
母さんが僕の頭を抱きしめ、何かを叫びました。
僕は、母さんを下から突き上げるように腰を動かして、
射精してしまいました。
瞬間、母さんがうめいて、僕の肩に爪を立てました。
そのまま、しばらく抱き合っていました。
母さんとキスしました。
母さんが身動きすると、僕のペニスは締め付けられて、
また大きくなってきました。
繋がったままの姿勢で、ベッドの上に倒れこんで、
2回目のセックスをしました。
途中で、母さんも僕も裸になって、
射精する頃には、夢中になって、
豪雨の音も忘れていました。
朝になって明るくなるまでに、
もう1回セックスしました。
もう母さんも夢中になってくれて、
声を上げて応えてくれました。
水がひくまでに、もう1回セックスしました。
外に出られるようになって被害を眼にしたときも、
二人ともぼんやり立ってるだけでした。
それから、家の修理が終わるまでの間、
母さんと僕は毎晩のように僕の部屋で、セックスしました。
強い雨が降るたびに、僕はあの晩を思い出します。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.