FC2ブログ

深夜のお隣さんのセックスの喘ぎ声に刺激されちゃって… - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



深夜のお隣さんのセックスの喘ぎ声に刺激されちゃって…

img0004-5.jpg 
  製菓の専門学校に通ってる愛梨です。
今年の4月に田舎から上京してきて東京でひとり暮らししています。
もちろん初めてのひとり暮らしです。
アパートの隣りに夜のお勤め(?)をしているお姉さんが住んでいます。
2~3度見たことはあるのですが、ちょっと露出度の高い派手な服装です。
たぶんもう30才過ぎてるかな?って感じのお姉さんです。
だいたいいつも深夜2~3時ぐらに帰って来ます。
夏休みは私も夜型になっちゃってたので、隣のお姉さんが帰って来るのがわかりました。

そして3日に1回ぐらいのペースで男の人と一緒に帰って来ていました。
ドアのところで男の人とイチャつきながらカギを開けて、そのままバタンとドアが閉まる音が聞こえました。
しばらくすると、お姉さんのエッチな声が微かに聞こえてきました。
ちょうど私の部屋の壁側にベッドを置いてあるみたいで、嫌でも壁ごしに聞こえてきます。
「あ~ん、はぁぁぁ、、あんっ、あんっっ…」
「あぁ~ん、気持ちいい…、もっともっとして…」
気にしないようにしていましたが、どうしても気になってしまいます。
そして恥ずかしながら、壁に耳をくっつけていました。
「あーん、ずっと欲しかったの…、もっともっと…突いてぇ…、激しく…突いてぇ…」
私は『あー、もうハメちゃってるんだ…』と思いながら、我慢できなくなっちゃって、お隣さんのエッチに合わせて、自然と指がアソコを触っていました。
ベッドがギシギシ軋む音も聞こえてきます。
『あー、すごい激しく突かれちゃってるのかなぁ…』なんて想像しちゃいます。
私もいつの間にかパンティを脱いじゃっていました。
『もっと激しく…奥までぇ…、そぅ…奥まで突いてぇ…』
耳を澄ますと、微かにパンパンしてる音が聞こえてきます。
私は四つん這いになって、お尻を高く突き出して隣から聞こえるパンパンって音に合わせて指をアソコに入れて激しく出し入れしちゃっていました。
入れてグチョグチョ出し入れしちゃってます。
隣からリズミカルに聞こえる『パンパン、パンパン…』っていう音に合わせて…バックから固くて大きなチンコで何度も犯されてちゃう自分を想像をしてイッてしまいます。
そして私の喘ぎ声ももしかしたら隣に聞こえちゃってるのかも!?と思うとさらに興奮して、指を抜かずにそのまま出し入れを繰り返して何度もイッてしまいます。
一昨日、とうとう私も部屋の模様替えをして…壁際にベッド移動しちゃいました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.