FC2ブログ

エッチ中、彼女に内緒で見知らぬ男3人と交代してみた - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



エッチ中、彼女に内緒で見知らぬ男3人と交代してみた

11234-0381.jpg 

  私には何年も付き合っている彼女がいます。
年齢は40歳で、お茶やお花を嗜む和服が似合う女性です。
ある時会話の中で、
「エッチ中、目隠しして入れられたら誰の物か分からないでしょ?」
の問いに
「何回してると思ってるの?簡単に分かるよ」
「エッチもフェラも感覚で分かるよ」
と言われて試してみたくなった。 ネットで協力者を募り、2人の方にお願いした。
2人には"彼女には内緒"と伝えてあるので、足音や物音には気をつけてもらう事を約束した。
いつものように彼女を迎えに行き、夕食を居酒屋で食べながらお酒を飲ませ、ほろ酔いな感じになってきた。

店を出て彼女に
「今日は目隠しをして外でエッチしたい」
とお願いした。
彼女は少し考えてたがお酒の力もあったのか
「うんしてみたい」
と返事が返ってきたので、友達にメールするふりをしながら、協力者2人に場所と時間を連絡。
彼女の気が変わらないように、おっぱいや太ももを触りエッチな気分にさせながらある場所に急いだ。
場所は数年前に潰れた廃ホテル。
ラブホテルとして使われていたため車を止める場所は両側壁に覆われていて、車を止めたらすぐ目の前が部屋の入り口になっている。
それが何箇所も横に並んでいる造りなので、人が隠れるのには便利な場所だ。
周辺には民家等もあったが時間帯は深夜だったので人気は無かった。
一応周りを気にしながら突入。
車を頭から入れて停車。
目の前に部屋に入る扉がある感じ、ルームミラーも上にあげ、サイドミラーも畳んで後ろが見えない状況にした。
協力者に到着した旨のメールをして座席を倒し、彼女を寝かせブラジャーは外してもらって目隠しをし、両手を上げた状態で縛って固定した。
(邪魔されたり、目隠しを取られない為)
通常は手を縛られたりは嫌がるけど、お酒の力とエッチな気分には勝てないようでした。
彼女の服装は白のブラウスに膝くらいまでのスカートとても脱がせやすい。
太もも付近を指で触っていると協力者A、B到着。
彼女に
「今から会話なしね。違う人に触られてると思って感じてね」
と言って車を出てA、Bと打ち合わせ。
キスはバレるので、それ以外はOK。
ゴム付きでお願いした。
車のドア、窓は両側とも開けてエンジンはつけっ放し、音楽もつけて音対策はバッチリ。
左右同時にA、Bが車に入った。
Aがブラウスの上からおっぱいを指で触り始めBは掌で彼女の太ももを触っていた。
彼女の呼吸が少しずつ深くなり、声も聞こえ始めて来た。
彼女の乳首がブラウスの上からでも感じているのが分かるようになった頃、Aはブラウスのボタンを外し始めた。
おっばいが露わになりAが舌で乳首を舐め、Bはスカートを捲り、下着越しに指でアソコを触っていました。
Aが一度離れ、Bが下着を脱がし始めました。
両手で下着を掴みゆっくり脱がしていくと、彼女が自分でお尻を上げて協力しているのを見て少し複雑でした。
Bは下着を脱がしたらすぐに自分の口を彼女のアソコに近づけてペロペロ舐め始めました。
彼女はいきなりの事でビックリしたらしく
「ち、ちょっと、いきなりは、あん」
と言ってその後は
「あ、いやん、あ~ん、あああ、ん、ん~、あん」
凄く感じているようで、固定してある両手を何度ももがいて外そうとしていました。
Aも最初は静かにみていたけど、途中からおっぱいを舐めたり乳首を吸ったりしていた。
「やばいバレる」
と思ったけど、彼女は凄く感じていたので大丈夫でした。
彼女はA、Bにクンニや指で何回かイカされてぐったりしていたので、縛っていた両手を外して携帯に
「Aが寝て彼女四つん這いでフェラ後ろからBクンニ」
をA、Bに見せて、彼女にいつもしている事だからスムーズにその体勢になり彼女がフェラを始めた。
最初は「ん?」という感じで首を傾げていたが、Bがクンニを始めてからはそんな余裕も無く、一生懸命Bのクンニを我慢しながら咥えいた。
Bは両手でお尻を開きながらクンニしているのにAがフェラされながら両手で乳首をイジリ始めた。
それは我慢出来なかったみたいで、咥えるのを止めて、
「あ、あん、いや、」
と声を出していた。
Aに指示して頭を抑えて強引にフェラさせた。
フェラしながら
「う、う~ん、う~ん」
凄くエロい感じでした。
A、Bから合図が出たので、彼女を外に出してしゃがませて
「どうだった?」
と聞いたら、
「いつもより凄かった」
と言い、身体にあまり力が入らない感じだった。
「じゃあもう1回フェラね」
とBを彼女の前に立たせた。
彼女は目隠しで見えないので、手探りでBのアレを掴むと、
「あれ、小さくなっちゃった?」
と言い、咥えて何回かしゃぶり、
「あれ、ん?」
とまた首を傾げたので、Bに指示してまた強引に頭を両手で押さえて口にピストン運動してもらいました。
何回かしたら自分でするようになり両手で持ち奥まで咥えてました。
Bにフェラしれながら彼女を前屈みにさせてお尻を突き出し、両足を広げさせた
「今からアソコ触るぞ」
と彼女に伝えAに指示してアレの先っぽで彼女のアソコをイジリ始めてもらいました。
彼女はフェラを止めて
「え、何、何で?」
と言っていたので
「大人のおもちゃ使ってるの」
と伝えて、Bにまた強引に口へ入れてもらった。
彼女は今まで以上に興奮し始めフェラの音が大きくなってきてバキュームフェラしてるようだった。
時々Aのアレが少し入っちゃうと
「うっん」
と感度はバッチリフェラを止めてもらい彼女には壁に手を突かせて後ろからAに挿入してもらいました。
フェラと違い、何も怪しむ事なく感じていました。
ゆっくり入っていた物が徐々に早くなり彼女の声も小刻みに出るようになった。
後ろから突かれながらおっぱいを揉まれて彼女はスゴク感じていた。
ゴム装着しているのでAは最後まで突きまくっていた。
彼女は疲れたのかしゃがみこんでいたが、すぐにBが立たせて、さっきと同じ体勢にして突き始めた。
彼女はBのが入ったらスグに
「え、、何、違う」
言い出したがBは両手で腰を持ち凄い勢いで入れ始めた。
最初は少し嫌がった感じがしたが、勢いが凄かったので彼女も壁に両手をしっかりついて、耐えていた。
彼女の足がプルプル震え始めて腰が落ちてきたが、両手で腰を支えてまた激しく入れていた。
犯されている感じがして凄い迫力だった。
Bもイキそうなのか動きが早くなり、バックを止めて彼女の口にアレをねじ込んで口の中で出していた。
勢い良く出たみたいで最初に出てた液は飲んだみたいで苦い顔していた。
残りの液を下に吐いて立ち上がろうとしている彼女にBはもう1度フェラをさせてお掃除させてました。
彼女を車の中に入れて今度は自分がやろうとしたが、彼女が凄く怪しんでいたためなかなかさせてもらえない。
「俺以外にはいない」
と強く言うと
「ごめんなさい」
と謝っていた。
実はBがエッチをしている最中もう1人くらい欲しいと思い、友達ではないが知り合いを呼んでいた。
知り合いは前から彼女の事を知っていて
「綺麗だよね、すげ~タイプ」
と言っていた。
今回だけと説明し参加してもらった。
彼女は車の中自分は外から彼女に
「今度はお前がリードしろ」
と強く言い、
「フェラして大きくしたら騎乗位で気持ちよくしてね」
と言い知り合いを車の中に入れた。
彼女が知り合いのパンツを下げて、寝転んだ知り合いのアレを丁寧に舐めている知り合いのアレが大きくなると、裏側や玉、玉裏まで舐めていた。
彼女も全裸になると知り合いの上にゆっくり腰を落とし、自分で大きくした知り合いのアレを右手で持ち自分のアソコに当て、ゆっくり腰を落とし始めた。
「う、う~ん」
腰を落としきり少しずつ前後に動きだした。
動きに連動して声も少しずつ出てきて
「あん、うん、」
2回に1度声が出る感じだ。
彼女は凄く気持ちいいみたいで、両手を知り合いの腹部に置き、それを支点にして腰の動きが速くなってきた。
「あん、あん、ん、あん、気持ちいい」
と言い知り合いも身体を起こし彼女のおっぱいを両手で掴みしゃぶりながら腰を動かしていた。
それを見ていたA、Bは
「もう一回お願いします」
と言ってきた。
彼女が腰を振っている時に知り合いがイッたみたいでこっちにサインを出していた。
彼女に
「ちょっと降りて」
言い、知り合いを車から出して、
「イってないから寝転んで」
とお願いしAを車に入れた。
2回目だからゴムなしでやってもらったさっきのプレイを見て興奮しているのでスグに挿入。
「あ、あ、あ、あ~ん」
「もっとして、」
イク前に出しティッシュに出してもらった。
Bに交代してもらい挿入。
「う~ん、あ、あ~、あ~、あいっ、イキそう」
Bのは少し大きいようだ。
「あ~あ、あ、あ~~、ん、はぁ」
彼女の身体に力が入った後Bもティッシュに出していました。
AもBも知り合いもここでお別れをして、自分は今回は遠慮して彼女に服を着せていました。
数日後に彼女から色々聞かれました(あんなに何回も短時間で出来るわけないとか)が、栄養剤を使ったとか色々誤魔化しました。
彼女も嫌そうではなかったのでまた実行したいと思う。
A、Bにはもちろん知り合いには凄く感謝された。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.