FC2ブログ

昼間義理の父がのしかかってきてあの大きさに淹れてほしくなった - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



昼間義理の父がのしかかってきてあの大きさに淹れてほしくなった

11234-0483.jpg 

  私 34歳の専業主婦。 
主人は仕事に子供達は学校に、私は家事の仕事をしていた時でした、義理の

母は他界して、同居する68歳の、義理の父に背後から抱きつかれて、服の

上から両側のAカップのオッパイを揉まれ、私は身体くねらせ、義理の父の

手を払い除けようと、身体をくねらせ激しく抵抗しても駄目、私はその場か

ら早く逃れたいので、激しく抵抗すると義理の父は、私の抵抗で興奮したみ

たいで、久美子来なさいと言いながら、私の片腕を持つと、ローカを引きず

られながら義理の父の寝室に、私をベットに押し倒すと義理の父が、私の身

体に重なり合い捲くれ上がったスカートの中に、義理の父の手が入り込むと

、パンストの上から私のアソコを指が、じわじわと指が動き出してアソコを

刺激され、ウッ駄目やめてああ~んと声がもれると、指がパンストをかき分

けて直に、私のアソコに指が触れ少しずつ濡れると、久美子良いねと言いパ

ンストに、手を掛けパンスト、パンティーを脱がすと、私は抵抗する事も無

く、義理の父に許してしまうと、少しずつ濡れ始めたアソコを、義理の父の

舌で嘗められアソコはグチュグチュになると、義理の父はズボンのベルトを

外し、ズボン、パンツを脱いだ時でした、主人よりも数倍大きい勃起した肉

棒が、私だって女です。我慢出来ません。
お父さん早く入れて下さいと言っちゃうと、義理の父が優しく私の上に重な

り合うと、私は受け入れやすく両脚を広げると、アソコには義理の父の肉棒

があてがわれると、久美子良いんだねと言い、優しく肉棒がアソコに、ウッ

あああ~んあああ~んお父さんと声を出すと、義理の父は激しく腰を使い、

私は何度いかされたか分かりません昼間からのセックス気持ち良くてたま

りません。義理の父と又続きがしたいです。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.