FC2ブログ

不倫の果て、その男と実家にもどることに・・・ - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



不倫の果て、その男と実家にもどることに・・・

sx009.jpg 

  私は今から12年前に当時勤めていた会社でしりあった栄一と愛しあっていました。
オフィスラブという環境が二人に火をつけていきました。
栄一には奥さんと子供が二人いましたが、私からアタックしました。
栄一を落とすのに時間はかかりませんでしたが、二回目のデートのときに「別れてくれ。嫁に申し訳ない」と切り出されました。
しばらく二人の不倫関係はだらだらとつずきました。
会うたびにセックスを重ね場所や体位やカーセックスなど刺激を求め合うようになりました。

マンションを借りカーテンもつけずに窓を開けっ放しにしお隣にわざと聞こえるようにセックスをしました。
「栄一気持いい~もっと強くついて~」「いきそう~中に出して~」時にはベランダでしました。
あくる朝私が洗濯を干しているとお隣の奥さんが「いつも旦那さんと仲がいいですね」ってやはりきこえているんだと・・・
お父さんの亡くなった家はお母さんひとりになりました。
兄がいましたがアメリカで音楽関係の仕事をしていて
日本に帰ってきません。
私が帰る事になり、
栄一にも一緒に住んでもらう事になりました。
お母さんは「新婚夫婦と同居しているようでたのしいわ」
なんていってました。
お風呂も「もったいないから一緒にはいりなさい」など・・・
こっちが恥ずかしかったくらいでした。
しかし、私の部屋はお母さんの部屋のとなりにあり
セックスの声がおもいっきりだせません、
毎日してましたが「もういい。」
思いっきり聞かせてやれと思い
その日からいつものように声をだしました。
「栄一いい~死ぬ~気持いい~
もっと奥まで突いて思いっきり~」
絶対きこえてるはずでした。
栄一は「きこえるだろ声をだすな」
っていってましたがおかまいなしでした。
翌朝お母さんは「仲がいいのはわかったから」
といってました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.