FC2ブログ

パートさんを指導しながら視姦していつかは落としたい - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



パートさんを指導しながら視姦していつかは落としたい

1232-0636.jpg 

   私は営業をしている39の既婚者ですが、得意先で知り合った女性、あゆみさんとの話です。その得意先でそれまで働いていたパートさんが妊娠して辞め、新しいパートさんに変わったので、店のオ-ナーから指導をしてやってくれとの依頼がありました。
後日訪問するともろ私のタイプで小柄のぽっちゃりした真面目そうな熟女でした。女優の原日出子に似た清楚な感じが私にストライクでした。その日は技術指導の後お茶を入れてもらい雑談をしました。
 家族の話をしているとあゆみさんは神妙な顔になりました。訳を聞くと旦那さんは二年前に亡くなったとの事でした。子供は女の子二人で男のいない家庭は寂しいとうっすら涙目で話すあゆみさん。

それから週一位で訪問し、指導しながらいろんな話しをしていると、そこに来る年配のお客様から食事に誘われたけど結婚してますと言って断ったけどヨウさん(私)なら行くんですけど・・と頬を赤らめて言ってきました。
 その時は「またまたぁ」と言って笑ってごまかしましたがこの時からあゆみさんに対する気持ちが日増しに強くなっていきました。そして二ヶ月程たったある日、店に入る前に名刺の裏に「今度二人でデートしてください。」と書いて訪問すると数名の客がいたので、そっとあゆみさんの前に名刺を差し出しました。
するとあゆみさんは「でもヨウさんは奥さんがいらっしゃるから・・」というので「まぁ、それはそれとして」と訳のわからない返しをすると「はい、楽しみにしてますね」といってくれました。
 そして約二週間後の休日にドライブにいきました。手を繋いで歩き、車の中でもずっと繋いでました。そしてデ-トも終盤に差し掛かり、「二人っきりになれるところに行きませんか?」と思い切って言いましたが「だめ」と見事に断られました。
それから数ヶ月は仕事だけの付き合いでしたがある日私が「明日子供の発表会なんですよ」と言うと「私もそっと見に行ってもいいですか?」との事。
 もちろんOKの返事をしました。当日会場をドキドキしながら見回すと端の方にあゆみさんを見つけました。嫁が横にいたのでばれない様に笑顔で合図しました。
その後嫁にう◯こしてくると言ってあゆみさんをメールで会場裏に呼び、思い切り抱きしめキスをしながら胸を揉みました。「あゆみさん、もう我慢出来ない!」
 あゆみさんの耳を舐めると「んあぁん」と嫁さんとは比べものにならない位色っぽい喘ぎ声でした。普段はとにかく真面目で清楚なあゆみさんの口からこんないやらしい喘ぎ声が出るなんて想像もしてなかったのでちんぽがギンギンになりました。「ヨウさん、だめ・・だめよ」とその日もそれ止まりでした。
 ここまで読んでくれた方はあまりに刺激のない話でイライラされているかと思います。私は元々奥手な方なのとあゆみさんを大事にしたいとの気持ちで我慢出来てるのだと思います。
もし、あゆみさんがただの淫乱熟女ならとっくにやってると思いますから。でもあゆみさんはあまりにもいい人でただの下心だけの付き合いにはなれないんです。それからもあゆみさんは手作りのお弁当を作ってくれたり、クッキーを焼いてくれたりしてくれました。
 でも仕事で訪問した時にそっと手を握る位の事しか出来ず・・。その後私はあゆみさんの店のエリア担当から別のエリアに変わってしまい、あゆみさんも店を辞められました。
そのまま一年が過ぎてしまいました。ある日突然「お元気ですか?」とあゆみさんからメールが届きました。それからまたメールだけのやり取りをしています。
 がしかし!ここまではただの奥手な男の浮気話ですが、私は実は変態なんです!いつあゆみさんとホテルに行く日が来るかわかりませんがただのムチムチな熟女が好きな変態男なんです。
しかも、アナルやSMプレイをしたい願望があります。約半年のブランクであゆみさんを変態奴◯にしたいと思うようになったんです。
実は来週昼の食事をする約束をしました。その日は何も出来ないと思いますがあゆみさんのムチムチした体(特にデカイ尻が最高)を舐める様に視姦して今後の計画を練るつもりです。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.