FC2ブログ

セックス体験、彼女への愛を確かめる中出し体験 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



セックス体験、彼女への愛を確かめる中出し体験

5051-0718.jpg 

 前々から友達だった美奈子と初めてHをしたのは、去年の夏の頃だった。
彼女は25歳で僕の一つ上だ。
彼女とは大学時代に知り合い、彼女は今仕事を、そして僕は大学に残って勉強を続けている。
その時は、久しぶりに彼女から「一緒に飲もうよ」と誘われて、待ち合わせの後、バーで飲んでいた。
酒が進むにつれて口元も緩くなり、バーから出た後、僕は彼女に
「実は前から美奈子さんの事好きだったんだ」と告白した。
彼女は最初、驚いたようだったが
「へぇー。私の事好きなんだ」と、笑い出した。
そして、
「私も、まさ君の事ずっと好きだったんだよ」と、言った。

 その後、二人で何も話さず歩き続けていたが、暗がりに差し掛かった時、彼女がキスしてきた。
舌がねっとりと絡み付いてきた。
酔ってた事もあって僕たちは暗がりで夢中になって、唇を吸い合った。
興奮してきた僕が、彼女の胸に軽く触ると
「あっ。。。。」
彼女が切ない声をあげる。
彼女の胸は大きくないが、敏感なようだった。
首筋にキスをしながら愛撫を続けると、彼女の息が激しくなってきた。
「ここじゃ、ダメだよ。。。。まさ君のアパートに連れてって。。。」
部屋に入ると、再び濃厚なキスをした。
そのまま、ベットに倒れ込む。
ゆっくりと愛撫しながら彼女を下着姿にした。
すでに乳首は、水色のブラジャーの上からでもはっきり分かるほど立っていて先っぽを軽く指で触れただけでも
「あぁん。。。」と彼女は悶える。
左手で乳首をもてあそびながら、右手は徐々に下の方へ。
レースのついたパンティーはすでに染みができていた。
「もう濡れてるよ、ほら。なんで?」
僕が彼女の耳元で囁くと、
「気持ちいいからだよぅ。。。。。」と、消えそうな声で答えた。
その時の彼女がとてもかわいくて、僕は再び彼女にキスをした。
キスをしながら、パンティーの横から指を入れ、彼女のあそこをそっと撫でる。
その途端
「んぁ!!!」
彼女の体が「ビクン!!」と、しなった。
相当に感じやすいらしい。
ブラをはずして乳首を吸い上げながら、あそこを触る。
クリトリスが気持ちいいらしく
「そこぉ。。。そこぉ。。。あぁん!!!」と自分から僕の手を取り、クリトリスにこすりつける。
もう、あそこは洪水状態である。
パンティーを脱がし、彼女の足を広げ、ゆっくりと指を挿入した。
始めはゆっくりと、だんだん早く指をピストンしてゆく。
「グチュッ グチュッ」といった音が、彼女の喘ぎと重なる。
「あああああああ!!!!」
絶叫とともに、彼女はイッた。
体中がピンク色に染まり、放心している彼女をやさしく抱きしめていると
「今度は、私がまさ君を気持ちよくしてあげる。パンツ脱いでよぅ。。。」と、甘えた声で言ってきた。
僕が全裸になると、彼女は僕の肉棒をしごきはじめた。
Hの経験があんまり無かったのかぎこちない。
だが、それが逆に新鮮だった。
「まさ君の。。。。おっきくて、固いね」
「フェラした事ある?」と、僕が聞くと彼女は顔を赤くしながら
「少しだけ。。。。でも、下手だよ、私のフェラ」
「いいよ、下手でも。ほら、しゃぶってみて」
彼女は最初遠慮がちに、僕の肉棒を口に咥えた。
熱い舌が絡みついてくる。
「気持ちいいよ。。。美奈子さん。今度は、裏筋舐めてみて」
先っぽをチロチロさせた後、再び咥えさせる。
今度は、69でお互いに舐め合った。
あそこを指や舌でかき回していると、彼女のフェラのスピードが、どんどん上がってゆく。
我慢できなくなった僕は立ち上がり、彼女の頭を押さえて、激しくピストンした。
イク寸前に彼女の口から肉棒を抜き、溜まっていた精子は彼女の胸元に激しく飛び散った。
「まさ君が欲しい。。。。入れて。。。。」
彼女が、抱き着いてきた。
「コンドームは使わないで。今日は、安全日だから大丈夫。まさ君が欲しいの。。。。」
僕は迷ったが、彼女のすがるような目を見て
「いいよ。使わない」と、答えた。
そして、彼女に覆い被さった。
最初は正常位で入れた。彼女の膣は、生き物のように絡み付き、僕の肉棒を包み込んでゆく。
動き始めると、彼女も腰を激しく動かし始めた。
「ああっ!! ああっ!! ああっ!!!! 気持ちいいよぅ!!!!」
必死に、僕にしがみついてくる。僕は、肉棒で彼女の膣を円を描くようにかき回した。
「んあああ!!!! だめぇ!!!! ああぁ!!!!」
そのまま側位に移ると、彼女の足を広げさらに激しく突いた。
彼女は髪を振り乱しながらあえぎ続ける。
一度抜いてから、騎上位にした。
下からガンガン突いていると、彼女の大きくない胸が上下に揺れているのが見えた。
両手で揉み、乳首をつまんで弾く。
「もっと強くぅ!!!!おっぱい触ってぇ!!!!!」
「入ってるの、見えるよ。。。美奈子さん。見て、すごくいやらしいよ」
「いや、恥ずかしい。。。。。 んあああああっ!!!!!」
「好きな体位は? 美奈子さんの好きな体位で、イキたい。」
「バックで突いて。。。。。。 一番気持ちいいの。。。。」
僕はすぐに彼女を後ろから突いた。
「ひあぁ!!! あんんん!!!!! あっ あっ あっ あああああ!!!!」
「美奈子さんのお尻、柔らかくて、気持ちいいよ」
僕は、ゆっくりピストンしながら、2、3回に一回強く突きながら言った。
「そんな事 ああ!!! ないよぅ。。。はんっ!!!! もうだめぇ。。。 気持ち んんああ!!!よすぎて。。。。ああん!!! イッちゃい うんっ!!!! イッちゃいそうだよぅ あああ!!」
そのまま、彼女を押しつぶして、抱きしめながら激しく、これでもかというほど突いた。
「美奈子さん!!!!気持ちいいよ!!!イきそうだよ!!!!」
「私も!!! イッちゃう!!!! イッちゃう!!!!!!!!!」
「美奈子さん!!!美奈子さん!!!!美奈子さん!!!!!!!」
「まさ君!!!まさ君!!!!あああああああああああああああああああ!!!!!!」
その瞬間、僕は彼女の中に、思いっきり射精をしていた。
意識が飛びそうだった。
二人とも、放心状態で体が震えていた。
彼女は
「ああ。。。。 あああ。。。。。。」と、繰り返すだけだった。
彼女の髪を撫でながら、そっと肉棒を膣から抜くと
「んんんあああ。。。。。」と、切ない声を上げた。
彼女をやさしく抱きしめると、
「まさ君。。。。好きなの。。。。大好きなの。。。。」と、彼女が僕を振り返って言った。
僕は何も言わずに、彼女にキスをした。
結局その後、合計4回も中出しを続け、朝になるまでお互いを求め続けた。
その後、僕らは恋人として付き合ってる。
ほとんどのHは、コンドームを使うが、たまに彼女が
「今日は、つけないで」と言ってくる。
その日は、思う存分彼女の中に僕の精子を送り込んでいる。
やっぱりゴムをつけない方が、僕も彼女も気持ちがいいし、何よりお互いをより身近に感じられる気がする。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.