FC2ブログ

セックスしたことのなかった風俗嬢の友達と共謀してその友人と3P! - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



セックスしたことのなかった風俗嬢の友達と共謀してその友人と3P!

11234-0456.jpg 

  今日は休みだったので、ファッションヘルスで働いている女友達の家に遊びに行きました。
付き合いが長い女友達で、一回もセックスはしていない純粋な友達です。
いつもただ遊びに行って、酒を飲んで帰ってくるだけですが、今日はもう一人女の子が家に来ているので、一緒に飲む事になりました。
風俗嬢の友達は「由美」で、もう一人の女の子は「静香」です。
静香は美容師さんです。
私が由美の家に着くと、すでに二人で飲みはじめていました。
静香は初対面ですが、元々元気な女の子で、人見知りしない娘でした。
何故かテーブルの上にバイブレーターが出ていて、「何?どうしたコレ?」と聞くと、二人とも爆笑しながら「ごめーん!静香がフェラ教えてって言うから、これで練習してたの!」と言っていた。
その時にはフェラの話を広げずに飲みはじめて、昼の2時位には3人ともいい気分でした!

静香は彼氏持ちで、今日の夜はデートらしい。
私はチラチラ静香を見ていたが、目が慣れてくると相当イイ女に見えてきた。
おっぱいもデカそうだし、谷間が気になってきた。
私は美容師さんの体ってガリガリのイメージを持っていたが、静香はかなりむっちり系でエロい体だ。
私はどうしても静香とハメたくなってきてしまったので、取り敢えず、話をエロい方向にもっていった。
太志:「さっきの練習風景見せてよ!」
由美:「えー、見る見る?静香超うまくなったよ!」
静香:「えー、もう忘れちゃったよー」
と言いつつも、静香はバイブを手にして舌でレロレロしはじめた。
途中で笑って吹き出しながらやっていたが、かなりのエロさに我慢が出来なくなった!
太志:「よーーし、じゃあ実戦いこーか!」
と言って私は立ち上がって、いきなりパンツを下ろしてチ○ポを露出させた!
由美は「ちょっと!!!何してんのあんた!!!」と叫んで、静香は「きゃああ」とビックリしていた。
私はかまわず静香に近づいて、「はいっ、お願いしまーす!」と顔の前に近づけた。
静香は笑いながら「無理無理!」と言っていたが、由美が「面白いからやりなよー超ウケる!」と後押ししてくれたので、ノリで「ちょっとだけね!」と言って、チ○ポを握った!
まだ勃起してないチ○ポをくわえると、ミルミル大きくなってきて、静香は「すごっ、おっきいい」とビックリしていたので、「彼氏とどっちが?」と聞くと「えー彼氏この半分位だよ!」と笑っていた。
私は大袈裟に気持ち良さそうな声を出すと、空気が変わってきた。
そして更にエロい空気にする為に私は、「由美ちょっとおっぱい見せて!」と言いました。
由美もエロい気分になっていたみたいで、「いいよ!」とのってきた。
由美はすぐにパンツ一枚になると、立っている私に近づいてきて、寄り添ってきたので、私は乳首にしゃぶり付いた。
その下でフェラをしている静香もドンドン本気フェラになって、少し声が漏れはじめた。
由美は乳首を舐められながら、自分でクリをイジっていると、「みんな裸になってよ!私だけやだよ!」と気が利く一言を言ったので、私はすぐに「そりゃそうだ!」と言って脱ぎだした。
彼氏持ちの静香は渋っていたが、二人であおる様に脱がせていった。
やっぱり静香の体はエロかった!
両手で胸とアソコを隠していたが、ムッチムチの巨乳が丸見えで、由美もビックリしていた。
私は寝転がると、二人にダブルフェラされながら、由美は静香にフェラテクを教えていた。
両手が暇になったので、二人のケツをこっちに向けさせて、手マンをしました。
由美はぼちぼち濡れていましたが、静香は太ももまで垂れ流して濡れていました。
クリを擦ると、二人とも違う反応で面白かったです。
由美は腰をうねらせる様にグラインドして感じているのに対して、静香は「ビクンッビクンッ」と小動物みたいに痙攣して感じていました。
その時、いきなり部屋のチャイムが鳴りました。
由美は楽しみにしていた通販が届いたらしくて、慌ててバスタオルを捲いて玄関に向かった。
フェラは一時中断して、静香がこっちを振り返った状態で目が合うと、マ○コ丸出しでケツをこっちに向けている姿勢がエロ過ぎて、私は黙って立ち上がると、「?」って顔をした静香の後ろから抱きついて、後ろから生でぶち込んでしまった。
静香のマ○コは抵抗無く「ヌルッ」っと入ってしまい。
静香は「えっ、駄目、駄目だよ、ああん、あん、あん、浮気になっちゃう、あん、駄目」と抵抗していたが、私が高速ピストンをはじめると、全然抵抗しなくなって、大声で喘いでいた。
「いやあああ、ダメ、駄目、すごい、裂けちゃう、駄目、いやあああ、おっきすぎ、駄目」と言っていたと思ったら、「イク、駄目、もうイッちゃう、駄目、いやあああああああああ、イクうううう」と簡単にイってしまいました。
そこに由美が戻ってきて「ちょっと何勝手にやってんの!宅配のおにーさん聞いてたよ!」と言っていたので、静香からチンポを抜いて、由美のバスタオルを取って、立ちバックでぶち込んだ。
「ちょっ、ね、いきなっ、あああん、ああん、すごっ、ふっとい、ああ、すごい、ああん、あん」と由美も喘ぎだした。
さすがに由美は時間が掛かったが、「イク、すごい、イク、いやああああ、イクううううう」とイカせてやった。
そしてもう一度静香に正常位でぶち込むと、由美とのセックスに嫉妬して興奮したのか、激しいキスをしてきて、ねっとりと舌を絡めてきた。
そして突きまくっていると、また静香がイキそうになったので、耳元で「中でだすぞ」と言うと「いやああ、うそ、駄目、今日デートだよ、あああん、あん、いやああ」と抵抗したが、「もう俺のもんだろ?いいか?イクぞ!」と言うと「うん分かった、出して、いいよいっぱい、出して、静香もイク、出してイク、イクううううううううううう」と言って一緒に行きました。
静香は満足そうに両足をだらしなく広げて痙攣していました。
最後に由美がお掃除フェラをしていると、静香が「やばーい!もうデートの時間!」といいながらお風呂に向かっていった。
そして急いで支度しながら、「もう今日彼氏とエッチできないよー」と言いながら帰っていった。
残された由美と一緒に風呂に入ってから私も家に帰りました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.