FC2ブログ

俺の彼女の友達が風俗嬢で店で出会い今では地獄・・・ - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



俺の彼女の友達が風俗嬢で店で出会い今では地獄・・・

5053-10221.jpg 

  俺は24歳のサラリーマン。同僚の同い年の彼女もいる。
でもHは満足できない部分があった。
それは、俺がM的願望が強い上に彼女も責められる方が好きなので、
いつもM的欲求だけは満たされない。
そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。
名前は「秘○倶楽部」という名前でMな俺としてはものすごく衝撃的だった。
ヘルスは男がイッたら、あとは時間までお話して終わるというパターンだが、そこは時間ギリギリまでイカせてくれないのだ。
時間のある限り寸止めが続くという、他には無いサービスだった。
そして乱入コースというのがあり、途中でもう一人入ってきて、二人でしてくれるというすばらしい店だ。
東京へ研修に行く度にそこへ行っていたのだが、地元名○屋にもあることが発覚。
給料日後に名○屋の店に行ってみることにした。
そこに行ったときの話しです。

サービス内容はほぼ同じで、両手を大の字に縛られて、抵抗できない俺のチンポをひらすら手コキで責め、イキそうになると止められる。
開始からすぐにイキそうになり、寸止めを繰り返されて、全身が痺れる感覚だった。
そしていよいよ乱入で俺はもう何とも言えない快感を得るはずだった。
「こんにちわ~、あっ、やぱっぱり達也君だ~」
と聞き覚えのある声。
「え?あっ!!・・・」
そう、同じ会社の彼女の友人で28歳のめぐみさんだった。
彼女と仲が良いので一緒に食事に行くことも多く、二人でもよく話す人だった。
外見はというとお世辞にも「かわいい」とは言えない子で、少しぽっちゃりしている。
そんなめぐみさんがいきなり目の前に現れて俺はどうしたらいいのかわからず、
「ちょっ!ごめん!!これ外して!!」
焦ってしまってすぐ外すようにお願いした。
「いいじゃん、遊んでいこうよ~。私この部屋変わるから美香(今までプレイしていた人)は他行っていいよ~」
と言うと俺とめぐみさんが二人っきりになった。
俺はめぐみさんと目を合わすことができなかった。
「達也君こういうのが好きなんだ~?香織(彼女)は知ってるの?」
と言いながら近づいてくる。
「ご、ごめん、俺帰るからこれ外して。」
そう言うと
「いいじゃ~ん、ココこんなに固くなってるんだし~^^」
そう言って俺のチンポを握ったかと思うと上下に扱きだした。
「あっ!ちょっ!!やめて!」
「かわいいおちんちんね~。でもなんか香織に悪いかしら」
と言いながらもチンポを扱く手は止めない。
寸止めを繰り返されていた俺はすぐにイキそうになり
「お、お願い・・で、出ちゃう・・」
「ええ~?もう出ちゃうの~?早くな~い?」
と言いながら扱く手が加速してきた。
「私なんかの手でイッちゃったら香織に悪いと思わないの~?」
更に高速で扱く。
シュコシュコシュコシュコ・・・
「あ・・もう駄目・・」
出る瞬間めぐみさんの動きが止まった。
「あら?イキたかったの?でも香織に悪いしな~」
と、俺をおちょくるように笑いながら言う。
「香織には悪いけど、達也君のおちんちんもっと見ちゃお~っと。」
と言って、正面に膝を下ろした。
「へぇ~、こうなってるんだ~、達也君のおちんちん」
俺のチンポを握ってゆっくり扱きながらマジマジと見つめるめぐみさん。
恥ずかしくて仕方なかった。
すると突然チンポが温かいものに包まれた。
ふと下を見るとめぐみさんが俺のチンポを咥えていた。
そしてチュパチュパ音をたてながら頭を前後に動かす。
チュパチュパチュパチュパ・・・
そして再びすぐにイキそうになった。
「駄目!出ちゃう!!・・・」
そういうとめぐみさんは激しく頭を前後に動かした。
ジュパジュパジュパジュパ・・・
「あ、駄目・・」
また寸止めさせるのかと思っていたが今回は止まらずに、めぐみさんの口の中に大量の精液を放出した。
そしてゴックンと俺の精液を飲み込んだ。
「達也君の精液おいし^^  気持ちよかった?^^」
と勝ち誇ったような顔で言われた。
「香織には内緒にしとくね^^」
そして俺は店を出たが、本当の地獄はこれからでした。
あれ以来めぐみさんとはまともに目を合わせて会話することができませんでした。
彼女の香織ともそうです。隠し事を作ってしまった事と、香織の友達とああいうことを
してしまった罪悪感からです。
でも香織はそのことを知らないので普通に接してきます。
今回は会社での出来事です。
俺の通う会社は4階建てのビルで、香織は1階で働いてます。
俺とめぐみさんは同じ部署で2階で働いてます。
1階~3階は職場で4階は更衣室と休憩所になってます。
喫煙室もあります。
昼の休憩は時間は決まってますが、その他の小休憩は自分で勝手に行って良いので、いつも香織が小休憩に誘ってきて二人で4階で話しをするのが日課でした。
小休憩は自由なので他の人と遭遇することはたまにしかありません。
そんなある日の小休憩時の出来事でした。
いつものように香織が誘ってきて、俺たちは4階で話しをしてました。
このときは俺たち二人だけでした。
するとすぐにめぐみさんが上がってきました。
「よ^^」といつも元気なめぐみさんは、いつも通りハイテンションでした。
さすがに3人になると気まずくて、まともに二人の顔を見れません。
二人が楽しそうに喋ってる横で俺はタバコを吸っていました。
すると突然、香織の携帯が鳴りました。
どうやらすぐに戻ってきてほしいとのことなので
「またね~」と言って階段を駆け下りて行きました。
二人っきりになると更に気まずいです。
香織に内緒でめぐみさんとあんなことを・・・。
俺はめぐみさんにフェラチオされて、めぐみさんの口の中に射精したのだから気まずいに決まってます。
なので俺も戻ろうと立ち上がりました。
立った瞬間、めぐみさんに手を掴まれ、再び座らされました。
「そんなに避けなくてもいいでしょ~?達也君と私はもう他人じゃないんだし~。」と言って俺のチンポを揉んできました。
「ちょっ!めぐみさん、もうこういうことは辞めようよ!」
と言って立ち上がると、めぐみさんも立ち上がって俺を壁に押し付けてきました。
背中は壁でこれ以上、下がることはできません。
「達也君、自分の立場わきまえてるのかな~?^^」
「あなたは私の口の中に射精したのよ?これは事実でしょ?
香織に話してもいいのかな~?^^」
と言いながら俺のチンポをズボン越しに掴んで揉んできます。
「達也君は私の言うことを聞いてればいいのよ^^。
ほらっ?もう固くなってきてるんじゃない?」
と言いながら揉み続けてきます。
確かに俺は勃起してきました。どんな状況であれ、刺激を受け続けた俺のチンポは完全に勃起してました。
俺がMっ気が強いのに対し、めぐみさんは超度Sなことも大きいと思います。
するとめぐみさんはバッグから何やら取り出しました。
それはおもちゃの手錠でした。
「これ北海道に旅行に行ったときに買ってきたんだ^^
いつか使ってみたくて」
そういうと、俺の手を背中にして手錠をかけられました。
おもちゃと言えども、ちょっとやそっとじゃ外れるものではありません。
手錠をかけると俺のズボンのベルトを外しにかかります。
「お、お願いだからもうやめてください。香織に悪い・・・」
そういうとちょっとムッとした表情になり
「そんなに悪いと思うなら勃たせなければいいんじゃない?達也君も興奮してるんじゃないの?」
と言いながらズボンとパンツを一緒に足首まで下げられました。
逃げようにも後ろは壁なので逃げれないのです。
「ほらっ?固くなってるじゃん?」
と言いながら俺のチンポを握って扱いてきます。
「気持ちいいんでしょ?よくそんなのでやめてっとか言えるわね。」
シュコシュコシュコシュコ・・・・・
「あっ・・うっ・・」と時折声を漏らしながら耐えます。
「誰か上がって来たらどうする~?手使えないしパンツも上げられないね~^^達也君は超変態君になっちゃうよ^^」
そういう状況でも異常に興奮してしまって、すぐに射精感が込み上げてきました。
「お・・お願い・・・・出ちゃう・・・ううっ・・・」
めぐみさんの扱く手が速くなり
「もう出ちゃうの?達也君早漏君なんだね~。」
そう言うとめぐみさんは俺の前にしゃがみ込み、俺のチンポを咥えました。
「ああっ・・!」思わず声が漏れてしまいます。
責めるのが好きなだけあって、とても上手なのです。
「お願い・・出ちゃう・・・・」
めぐみさんは両手で俺の身体を壁に押し当て、口だけでしてきます。
チュパチュパチュパチュパ・・・・と頭を激しく前後させ
「ああっ・・駄目っ!ごめんなさい・・!!」というのと同時に
ドクンドクンドクン・・・とめぐみさんの口の中に大量の精液を放出してしまいました。
最後の1滴まで吸い取ると「ゴクン」と音をたてて飲み込みました。
俺はハァハァハァ・・・と激しく呼吸するだけです。
「香織に悪いとか言っちゃって、結局射精しちゃってるじゃん?
私と付き合えばいつでもこういうことしてあげるよ^^」
と言って、俺の手錠を外して職場に戻っていきました。
俺はすぐにズボンとパンツを履いて椅子に座り、放心状態でした。
少しして部署に戻ると、仕事をしているめぐみさんがいました。
俺と目が合うとニヤリとして唇を舐め、
「おいしかったよ^^」と言ってきました。
めぐみさんの顔が見れませんでした。
そして仕事帰り、いつも通り香織と一緒に帰るとめぐみさんが追いかけてきて「ねぇねぇ、香織~。今週の土曜日、香織の家に遊びに行っていい?」
「え?いいよ~。」
と二人の会話。
するとめぐみさんが
「そうだ、達也君もおいでよ~」と言ってきました。
そんな地獄に飛び込むこうなことはしたくないので
「俺はいいよ~。二人で遊んでなよ」と言いました。
するとめぐみさんは
「大丈夫だって~、私ご飯食べてくつろいだら帰るから~。
その後、達也君は泊まっていけばいいじゃん~。」
とここまでは笑ってましたが次の一言
「来るよね?」と言ったときは一瞬目がマジになりました。
香織にバラされるのが恐くて
「うん・・行くよ・・」と言ってしまいました。
「んじゃ、決まり^^ まったね~」
と言って走り去って行きました。
俺は心臓が破裂しそうなくらいドキドキしてました。
ついに土曜日がきました。
めぐみさんに誘われ、香織(彼女)の家に向かう俺。
足取りはものすごく重いです。
着かなければいいのに・・と思いました。
しかし、とうとう香織のマンションに着いてしまいました。
マンションの玄関でインターホンを押す。
ピンポ~ンと音が鳴る。
「はぁ~い」といつもの声。
「今開けるね~」
ガチャリと鍵が開く。
俺はマンションに入ってエレベーターに乗る。
不安でいっぱいの俺は心臓がバコバコいっていた。
そして目的の階に到着。
「はぁ・・・」とため息を漏らしながらも部屋の前に行く。
そして再び ピンポ~ンと鳴らす。
ガチャリと鍵が開いてドアが開く。
「いらっしゃ~い」と元気な声で迎えてくれたのは・・・めぐみさんだった。
「遅かったわね。さ、上がって上がって」と中に入っていく。
そのときのめぐみさんのニヤッとした薄ら笑みを見逃さなかった。
香織の家は1LDKの広い部屋だった。
俺達3人はリビングでくつろいで楽しそうにしゃべっていた。
楽しそうなのは香織とめぐみさんだけだったが。。
いつバラされるのか考えると、恐くて会話に入っていけない。
そして夕方になると香織は食事の支度を始めた。
めぐみさんが手伝おうとすると
「いいよ~、めぐみさんはお客さんなんだから座ってて~。
達也の相手でもしてあげて」と一人で支度を始めた。
めぐみさんは俺の横に座って俺の顔を執拗に見つめてくる。
すると香織が急に
「いっけな~い、醤油切らした!下のコンビニで買ってくるね」
と言った。
俺は二人きりになるとまずいと思い、
「いいよ、俺が買ってくる!」と言って立ち上がった。
ちょっと安心した矢先に
「あ、じゃぁ私も付いて行く~」とめぐみさんが言った。
・・えっ??・・
と思ったが、変に断ると怪しいので二人で行くことになった。
エレベーターの中でも
「そんなに避けなくていいじゃん」とか言ってくるが無視した。
そして帰るときのエレベーターの中で
「今夜香織とHするんでしょ~?」と言いながら俺のチンポをズボン越しに
揉みしだいてきた。
「めぐみさん、やめて!」
そう言ってエレベーターが開くと同時にめぐみさんを振りほどいて香織の部屋に
向かった。「待ちなよ!」
怒っためぐみさんの声がして振り向くと、怒った形相のめぐみさんが睨んでいた。
「あんたさっきからムカつくんだよ!自分の立場わきまえてるの?」
と言って香織の部屋の前で俺のチンポを揉みしだく。
「あんた香織が好きなんでしょ?私が香織にバラせば1発で別れるよ!」
と脅しながら激しく揉みしだいてくる。
俺のチンポは刺激を受けて固くなってくる。
「何だかんだ言って、もう固くなってんじゃん!」
そう言うと俺のズボンとパンツを下ろし、手で扱いてきた。
「あっ・・」
快感に思わず声が漏れる。
「気持ちいいんでしょ?」
そう言いながらシュコシュコシュコシュコと扱いてくる。
俺は段々射精感が高まってきてめぐみさんの手を押さえた。
「お願いします・・本当に勘弁してください・・」とお願いした。
「フフフ・・・もうイキそうなんでしょ?」
そう言うとめぐみさんはしゃがみ込んでチンポを咥えた。
チュパチュパチュパチュパ・・・
ものすごく上手くてすぐにイキそうになった。
俺はめぐみさんの頭に手を当てて
「で、出ちゃう・・・お願いだからやめてください」
めぐみさんは口を離して手で扱きながら
「イキたいんでしょ?香織の家の前でイキなよ。飲んであげるから」
そういうと再びチンポを咥えて激しく顔を前後する。
チュパチュパチュパチュパ・・・
・・・もう無理・・我慢できない・・・
でも香織の家の前に香織の友達に射精させられるなんて哀れだ。
そう思った俺は力を振り絞ってチャイムを押した。
ピンポ~ン・・・
突然の行動にめぐみさんは口を離して立ち上がった。
「開いてるよ~」と香織の声。
俺はチンポをしまいながら家に入った。
・・・助かった・・・・
そしてリビングに腰を下ろす。
めぐみさんはものすごい形相で睨んでくる。
俺は目を合わせない。
そして食事が始まる。
二人は何事も無かったように楽しそうに喋りながら食事を楽しんでいる。
そして食事が終わり、再びくつろぐ。
くつろいだ後、香織は後片付けに入った。
後片付けが終わるとこっちに来て
「ねぇ~、めぐみさん何時までいる~?」
「ん~・・もう少しいる~」
「そっか、じゃちょっとシャワー浴びてきていい?汗かいちゃった。」
そう言うとバスルームに消えていった。
それを待っていたかのようにめぐみさんがこっちに来た。
「ねぇ、さっきなんであんなことしたの?バラしてもいいの?」
と脅してくる。
顔は怒っていてものすごく恐く、返事すらできなかった。
「いい?今度逆らったらその場で私たちの関係バラすよ。脅しじゃないから。
私はあなた達がどうなっても構わないんだから!」
そういうとバッグから手錠を取り出す。
「立って手を後ろに組みなさい」と命令してきた。
「お願いだからここではやめてください」
「あっそ!全部話すから覚悟しててね!」と言う。
俺は仕方なく手を後ろに回す。
ガチャリとロックがかかる音がした。
するとドアを開けて香織の寝室へ連れて行かれた。
寝室へ入るとズボンとパンツを下ろされ、後ろから突き倒された。
ベッドに倒れ込む俺。
すかさずズボンとパンツを引き抜かれた。
そしてズボンとパンツを放り投げられる。
「そう。言うことを聞いてればいいのよ。香織が好きなんでしょ?」
そう言って俺を膝立ちの状態にして後ろから腕で首を絞める。
片腕でスリーパーホールドをされてる状態で、背筋をピンと伸ばして
腰を前に突き出した状態になった。
そしてもう片方の手でチンポを扱いてくる。
シコシコシコシコ・・・
段々と固くなってくる俺のチンポ。
「フフ。勃ってきたね。かわいい・・・」
と言って扱き続ける。
段々と息が荒くなってくる俺を見て
「フフ・・もうイキそうなんでしょ」
そう言って扱く手を早めてきた。
シュコシュコシュコシュコ・・・
「ああ・・」
声が漏れる。
「ホラホラ、出していいのよ~」
シュコシュコシュコシュコ・・・
「ああ・・もう・・・」
射精感が高まってきた。
そこで
「ほらっ、思いっきり出しちゃいなさい。香織寝るときびっくりするだろうね。
布団が精液まみれだなんて」
俺は「ハッ」と我に返った。
ここは香織のベッドの上なのだ。こんなとこで出したらどうすればいいのかわからない。
俺は振りほどこうと体勢制を前にするようにした。
強い力で腕に力を入れて引き戻す。
再び俺は腰を突き出す体制になった。
「ほらっ!出せっ!」
シュコシュコシュコシュコ・・
猛スピードで扱き出す。
・・・やばい・・こいつマジだ・・・
「ああ・・やめて・・出る・・出る・・」
「フフフ」
シュコシュコシュコシュコ・・・
・・・ああ、もう無理・・・
我慢しきれずに射精してしまう寸前に思いっきり体に力を入れて体を前に倒した。
あまりの力にめぐみさんの腕が離れた。
助かった・・・
そのまま体が前に、少し横向きになりながら倒れた。
次の瞬間めぐみさんが斜め横向きになった俺の腰の上に座り込んだ。
・・・しまった・・・
そこに腰を下ろされたことにより、全く動けなくなった。
「フフフ。今度は逃げられないわよ~。枕の方がいいかしら?」
そう言うと、香織の枕を取り、俺のチンポの先に置いた。
そして「寝るときものすごく匂いそうね。」と言って、俺のチンポを握って高速で扱きだした。
「ほらほら、出ししゃいなさい~。香織の枕にぶっかけちゃいなさい。
ほらほら~~」
シュコシュコシュコシュコ・・・
射精してはいけないと思うと余計に射精感が高まる。
でも、もう我慢できない。
精液が尿道を通って上がってくるのがわかった。
「ああああ・・お・・お願い・・・・や・・」
ピュッ・・ピュッ・・ピュッ・・・
香織の枕には俺の精液が飛び散っていた。
「キャハハハハ、香織の枕精液まみれ~」と笑い出すめぐみさん。
俺は、はぁ・・はぁ・・と息を漏らすだけ。
すると
「あっ、香織出てくるよ!」とめぐみさん。
手錠を外してもらって慌ててズボンとパンツを履いてリビングに行く。
そして数分後香織がパジャマで出てきた。
このときふと我に返った。
・・・枕に飛び散った精液がそのまま・・・
めぐみさんに小さい声で助けを求めた。
「俺の・・・液がそのまま・・どうしよ・・・」
めぐみさんは
「そろそろ帰るね~。香織パジャマだから達也君駅まで送って~」
と言ってきた。
・・・え・・?そんな・・・帰るまでに香織が寝室に行ったら・・・
「はい、いこいこ~、この後は二人の熱い夜が待ってるしね^^」
そう言うと俺の手を引っ張って外に連れ出された。
俺の心は「どうしよう・・バレたら・・」それしか考えられなかった・・・

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.