FC2ブログ

セックス体験、汗臭い肉体労働者の逞しいペニスで…やめられません - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



セックス体験、汗臭い肉体労働者の逞しいペニスで…やめられません

1607-1034.jpg 

  10才も年下の彼とは3年前に自宅を増築したときに頼んだ工務店の大工さんです。
肌は日に焼けて浅黒く、体は身長は低いのですが筋肉質、髪型は短髪、話し方は知的な欠片もないような粗野な感じです。
夫とは正反対な男性になぜか惹かれてしまい、工事期間中に私から声を掛けて連絡先を聞いて誘ったんです。
ただ彼とは純粋にセックスだけの関係です。
夫とは正反対の男性がどんなセックスをするのか、それが知りたかっただけです。
だからそこに恋とか愛とかは一切ありません。
ただ彼と寝てみて夫よりもすべてがよかったので、定期的にホテルで密会するようになりました。
彼とは私が指定するシティホテルで密会しています。
いつも私が先にホテルに行って部屋を取ってから連絡します。

彼が遅れて部屋に入って来ると、すぐに私の唇を奪いながら服の上からおっぱいを鷲掴んで揉んできます。
そして立ったまま私の服を荒々しく脱がせ全裸にさせられます。
そしてそのままベッドに押し倒されて、これ以上開かないというぐらい両脚をぐいっと開かされると、彼はアソコをしばらく鑑賞したあと、そのまま顔を埋めて無我夢中で舐め始めます。
彼はとにかくアソコを舐めるのが好きみたいで毎回20~30分ずっと舐めてきます。
そして彼の激しく動きまわる舌でアソコを嬲られ、私はいつも2~3回イッてしまいます。
私がグッタリしてる間に彼も服を脱ぎ、全裸になるとそこにはすでに勃起して黒々した大きなペニスがほぼ垂直に隆起しています。
私は体を起し、クンニのお返しにそのペニスを咥えしゃぶります。
彼のはいつもかなり臭いがキツいんですが、それがまた男性特有のオスの臭いですごい興奮してしまうんです。
私もつい夢中になってしゃぶっていると、口の中で飛び跳ねるようにビクンと脈打ち勢いよく生温かい精液で口いっぱいになります。
どうにか大量の精液をお口の中で受けとめて飲み干します。
そのあとお掃除フェラでペニスをキレイしてあげてるいると、すぐにまた元気になり、彼がお口からペニスを引き抜くと何も言わずに私を押し倒していきなり挿入してきます。
夫より大きくて元気のいいペニスで奥まで抉られるように突いくるので、私はあっけなくイカされてしまいます。
ただ彼はおかまいなしにそのままズンズン奥まで激しく突いてきます。
そして私は彼がイクまで何度もイカされてしまいます。
もうこれ以上突かれたらアソコが壊れちゃうと思った頃、ようやく彼も我慢できなくなり、アソコから急いでペニスを引き抜くと私のお腹にドピュドピュと精液を放出しました。
さっき出したばかりなのにまたもやかなりの量でお腹から胸にかけて精液だらけになります。
そして私はもうグッタリして呼吸を整えてると、そんなのおかまいなしに横たわってる私のお口の中にペニスを押し込んきます。
私はまたお口でキレイにしてあげていると、またすぐに硬くなってきます。
そしてさっきと同じように途中で私の口からペニスを引き抜くと、今度は私を四つん這いにしてグイグイっと硬くなったペニスを挿入してきます。
さすがにちょっと休ませてと懇願しても、まったく聞く耳を持ってくれずにそのまま私の腰を掴んでズンズン後ろから突いてきます。
もちろん私はすぐにイッてしまいますが、彼はさすがにもう2回射精してるのでなかなかイキません。
ズンズン、ズンズン…奥まで抉るように突かれている状態がしばらく続き。私はとさすがに意識が朦朧としてその間に何度もイッてしまってます。
四つん這いになってるのもキツくなって潰れてしまい、彼に腰を掴まれてお尻だけ突き出した態勢でズンズン突かれています。
本当にもうアソコが壊れそうだし、意識も飛びそうになって、さらに呼吸も上手くできなくなっているとスポっと彼がペニスを抜いてお尻から背中にかけて熱い精液を出されました。
私はそのままベッドにうつ伏せになり、小刻みに体が痙攣して起き上げることはできずにいると、彼はひとりでシャワーを浴びて服を着るとモゴモゴ何か言って部屋を出て行きました。 
私はしばらくベッドの上でグッタリしながら…まるで性欲処理女みたい扱われ、お口に大量の精液を出され、お腹から胸にも精液を掛けられ、さらにお尻から背中にも精液を掛けられ、体中精液まみれにされた…3回も汚い精液で汚されてしまったという悦びに浸ります。
飽きるまできっと彼とはホテルで密会して、セックスをこれからも楽しみたいと思っています。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.