FC2ブログ

従姉の息子が中◯生のときからのセックスパートナー - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



従姉の息子が中◯生のときからのセックスパートナー

5051-1149.jpg 

  私は47歳の主婦です。
子供が大学進学で、家を出てから、主人とは訳が合って別居しています。
私がまだ30代の頃でした。一人息子がまだ小◯生の頃から、私の従姉の子のKくんと仲良くさせてもらっています。
その頃の主人は、長期出張と言う名目で、外に女を作っていました。
私からしたら、女を捨てて、息子だけが生きがいみたいな感じで、息子と良く遊んでくれる中◯生だったKくんは頼りがいがある感じに思えていました。
Kくんは良くうちにも泊まっていたのですが、ある時の事、息子が寝た後で、暇そうにしていたKくんの話を肴に私は飲んでいました。

そして、あろうことか、私の方から「おっぱい、触ったことある?」と聞いたのです。
無いと答えたKくんの視線がパジャマ姿でブラをしていなかった私の胸に集中しているのが分かりました。
なんだか可愛く思えてしまった私は、「おばさんので良ければ、触ってみる?」と冗談のつもりで言いましたが、Kくんの目は、戸惑っていましたが、欲求の眼差しでした。
内心、『失敗しちゃったな~』と思いながら、Kくんの目が完全にオスになっていっていました。
お酒も入っていたし、正直、私を女として見てくれる目に私も気持ちが揺らいでいき、自業自得だと割り切って、「お母さんには、絶対に内緒だよ。」と自分の寝室にKくんを連れていきました。
「そこに座って。」と化粧台の椅子にKくんを座らせると、私はベッドの脇でKくんに見せつけるように、パジャマの上を脱ぎました。
Kくんは声を出しはしないものの、鼻息は荒く、唾を飲み込む音が聞こえてきそうな雰囲気でした。
Kくんに近づいて、手を取り、私の胸に当てると、震えている様子が可愛く思えて、「キスしたことある?」とKくんにキスを私からしました。
その間、Kくんは震えながらも、私の胸に両手を伸ばして、始めはぎこちなく、慣れてくると、乳首を中心に愛撫をしていました。
久しぶりに男に触られた体は、Kくんをからかっていた私の意志とは違い、軽く動いていました。
Kくんを立ち上がらせると、抱きしめて、それで自分の気持ちも落ち着けようとしましたが、Kくんの大きくなったのが、私の体にお互いにパジャマ越しですが、触れていました。
それに、私の胸には彼の手がまだあり、乳首を転がされるように弄られていると、逆効果でした。
私も興奮して来てしまっていて、何とか鼻息だけは荒くなるのを我慢しようとしましたが、ダメでした。
半開きになってしまっていた私の口の中に彼の舌が入ってきて、始めは絡ませないようにしていたのですが、我慢しきれずに、私も彼の舌に絡ませていました。
そして、私の方からベッドに横になり、彼の手を引くと、「長男だから、普段は甘えられないでしょ?今夜だけはおばさんに甘えて良いから。」と自分なりに無理やり理由を付けて、彼を私に覆いかぶさるようにさせました。
「本当に良いの?」と彼に聞かれて、私が「今夜だけよ。」と答えたのを合図にするように、私の上半身に彼の手と舌が這いまわりました。
声だけは我慢しようと思っていたのに、思わず声が出てしまい、慌てて、寝室のドアが閉まっているのを確認している最中も興奮した彼の手と舌が私を愛撫してくれていました。
彼の手が次第に私のパジャマのズボンの中に入ってきて、それを阻止しようとしましたが、想像以上に男子中◯生の力はすごかったのですが、彼の手は私のパンツのラインに沿って、指でなぞっているだけでした。
彼は私が興奮しているのを分かっているのか?それともふと疑問に思っただけなのか?分かりませんが、「どこまで良いの?」と聞いてきました。
開き直りかけていた私は、自分でパジャマのズボンを脱いで、「ここまでよ。」と彼に伝えると、彼はまた私の体に愛撫をし始めました。
足の指先やふくらはぎまでも丁寧に若い男の舌が這っているのです。
そして、とうとう我慢できなくなった彼にパンツの上から触られていると、シミが出来ていて、さらに弄っていると大きくなることを指摘されました。
「もうダメだって」と私は口でも行動でも拒否した時には、すでに彼にパンツを捲られて、直接大事な所を舐められていました。
しかも、私が少し抵抗していた事もあり、彼の口が私から離れたりするので、それが寝室に厭らしい音を響かせていました。
軽く腰を浮かせてしまった時に、彼にパンツを下されたのですが、私は格好だけ手を伸ばしました。
彼はもう完全にオスになっていて、私の全身を舐め回していました。
それでも彼はまだパジャマを脱いでいませんでした。
「おばさんだけ脱いでいるのはずるいよね?」と言うと、彼はパジャマもパンツも脱いで、また私の体を舐め回していました。
私の体に何度も彼の大きくなったモノとカウパーが当たると、私も彼に手を伸ばしてしまっていました。
それまで彼の指は私の中に入ってこなかったのに、私が彼のに手を伸ばすと、彼の指が1本入ってきました。
私が口に含むと、もう1本入ってきて、親指でクリもこねくり回されていました。
彼が「出ちゃう…」と呟くと、なんだか可愛くなり、私は彼の様子を見ながら、激しくしてあげると、彼は私の口の中で果てました。
口で綺麗にしてあげると、彼は少し情けない声を出していて、思わず終わった後抱きしめてしまいました。
彼の鼻息も荒かったのですが、私も肩で息をするくらい彼に感じさせてもらっていました。
「絶対にお母さんには内緒だよ。」と言って、その晩は一緒に寝ました。
それからKくんが遊びに来ると、男の視線を体中に浴びるようになっていました。
Kくんは何とか理由を付けて、泊まろうとしましたが、私は罪悪感と言うかそういうのがあり、阻止していました。
ある時、息子と彼が外に遊びに行っている時に、私は昼寝をしていました。
起きると、ソファで寝ていた私のスカートはお尻の上まで捲られていて、パンツはお尻の下まで捲られていて、上も胸が露出させられていました。
もちろんその横には、鼻息を荒くしたKくんが膝立ちで、遠慮することなく、私の体を舐め回していました。
一応、抵抗しようとしたら、両手が縄跳びで括られていました。
さらに、それがソファ全体に絡まる様に括られていて、私はソファの上から動く事が出来ずに、もがいていると、パンツを脱がされてしまっていました。
始めは怒っていたのですが、最後は懇願に近い感じで、彼の動きを言葉だけで止めるのに必死でした。
それでも関係なく、彼の舌は私の体を舐め回していて、止まることはありません。
彼が私から離れたかと思うと、「そこまで言うんだったら、SEXさせてくれたら、許してあげる」と言われました。
私は観念し、「分かったから」と言った時には、自然と涙がこぼれていました。
両手を解放されて、裸でソファに座らされて、目の前に立つ彼のを口に含みました。
そして、彼が中腰になり、私の足を思い切り開くと、私の中に入れてきました。
目を瞑ろうとしたら、「おばさんもちゃんと見てよ」と彼に怒られて、入っていくところを見させられました。
10年ぶりくらいに男を受け入れた体には、中◯生でも刺激が強すぎたのか、開き直った私は抵抗を忘れて、素直に感じ始めていました。
彼がキスをしてくると、舌も絡めていました。
途中で息子が帰ってくると危ないと思って、自分から彼を寝室に連れていきました。
前から後ろから中◯生だった彼に良いようにされていました。
汗だくになり、シーツがぐしょぐしょになっていましたが、構わず素でSEXしていました。
事が終わると、私はぐったりしていましたが、彼は私の体を再び舐め回して来ていました。
「もうダメ…」としか言う事が出来ないまま、息子が帰ってきた音が玄関から聞こえると、さすがに、彼も私から離れました。
リビングには、私たちの服が散らかったままでしたが、先に寝室から出た彼が、浴室経由でタオルを腰に巻いて、リビングに行くと、息子は何も怪しむことなく、彼に言われた通りに自分の部屋へと入っていく音が聞こえてきました。
彼が寝室に私の服を持ってきた時に、まだ横になっていた私の耳元で、「おばさんも気持ち良かったんでしょ?」と言ってきました。
否定も肯定も出来ないまま、彼は息子の部屋へと行きました。
私はつくづく自分の行いに嫌気が差していました。
それからしばらく私は彼に怯えるようになっていた事もあり、ほとんど言いなりでした。
「泊まりたい」と言えば、泊まらせていました。
乱暴に抱かれるなら、優しく抱いてもらいたいと思ったのです。
実際に、彼は私を抱くときには、優しく抱いてくれました。
そして、回数を経るたびに彼への気持ちも高ぶってきていました。
そんな私の気持ちとは裏腹に、彼が高校に進学すると、遊びに来る回数が減りました。
しかも、泊まっていく事もほとんど無くなっていきました。
それはそれで良い事なのかもしれませんが、情が彼に行ってしまっていた私には物足りなくなり、彼が遊びに来た時に、私の方から「泊まっていけば?」と言ってしまうようになっていました。
そして、彼が泊まれるときには、たくさん感じさせてもらうようになっていたのです。
彼から「他に男、見つけた方が良いよ」と言われると、一気に寂しくなり、また彼へと依存していくようになっていました。
彼が高校1年生の夏休みに一日デートに誘いました。
とある観光地への日帰りデートでしたが、その時に彼が電車の中で、隣り合って座っていた私にひざ掛けをしました。
「やってみたいことがある」
そう言われると、彼はひざ掛けの中に手を入れて、私のズボンのチャックを下していきました。
「触りづらいから、少し脱いで」そう言われて、足の付け根の辺りまでズボンを脱ぐと、彼の手が躊躇なくパンツの中に入ってきました。
そんなところでしたのなんか初めての経験で、ドキドキさせられてしまいました。
目的地に着くころには、ズボンもパンツも太ももの中ほどまで脱いでいました。
それから彼は事あるごとに、私の体を触ってきました。
私が感じていたのは、嫌悪感ではなく、快感でした。
主人と付き合っていた頃に、外で2回くらいしたことがありましたが、深夜の事だったので、そんな昼間からは初めてでした。
本来のプランではレストランで夕飯を食べてから帰るつもりでしたが、夕方にはホテルに行ってしまい、彼に可愛がられるようにSEXをしていました。
あまり遅くならない時間帯には帰りましたが、その頃からほとんど彼のリードでするようになっていました。
彼が大学に入ると、うちの子も中◯生になり、彼とは外で会うようになっていました。
家計もやり繰りし、彼とのホテル代も捻出しました。
彼に彼女が出来てからも、彼との逢瀬を止められません。
年齢を経るごとに性欲が強くなっているのを自覚していました。
彼となかなか会えないとオナニーをするようにもなっていました。
彼が就職した後も続いて、彼が一人暮らしを始めると、彼の部屋に私は遊びに行くようになっていました。
彼が結婚をすることを機に関係を止めようと彼から言われたのですが、
それでも時々我儘を言ってしまい、会っています。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.