FC2ブログ

【読者投稿作品】キャリアウーマンは元スケバンで変態プレーがお好み - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



【読者投稿作品】キャリアウーマンは元スケバンで変態プレーがお好み

918-2-0976.jpg 

  俺が31歳当時に働いていたガソリンスタンドに黒塗りのY33型セドリックでしばしば来店するキリリとした容姿&服装の女性客がいた。
その名は石関園子さん(仮名)で、なんとなく演歌歌手の坂本冬美と元アナウンサーの畑恵を足して2で割ったような(?)顔立ちである。
男顔負けの威厳を放つスラリとしていて大人っぽく、いかにもバリバリのキャリアウーマン風の女性で、俺もしばしば高額洗車やオイル交換などを担当した事もあった。
そんな彼女は意外と近所にお住まいのようで、いきつけのスーパーや図書館などでばったりお会いする事があって、私生活ではノーメークで、ジーンズに白いスニーカーの服装がとてもカジュアルに似合っており、食材のたくさん入った買い物袋を下げて歩く姿もまた家庭的に映る。

ある日仕事中、無言で彼女の名刺を渡され、裏には手書きで何と彼女の携帯番号とメッセージが記入されていた。
「○○さん(俺の名前フルネーム=多分名札を見て知ってるんだろうな)、今週末金曜日の夜に××でお食事しましょう」と…。
上司に見つからないように休憩時間に僕の財布にこっそりと仕舞い込む。
ハイテンションになった俺は、帰宅して早速名刺に目を通す。
彼女は何と、某大手建設資材会社の次長らしい!!
ものすごいスピード出世だ…。
このウダツの上がらないガソリンスタンドのいち下っ端店員の俺にあんなシャキッとした筋金入りのキャリアウーマンからお誘いを受けるだなんて夢のようだ!!
迷わず園子次長にOKの電話を入れると、事務的な受け答えだったが、気品と知性溢れる彼女のハスキーな声にも魅了されていた。
待ちに待ってたその日、幸いにして早番だった俺は約束の待ち合わせ場所へ…。
やがて園子次長は彼女の車でお迎えに来た。
行った先はゴージャスな中華料理店だった。
黒のタイトなスーツにミニスカ姿で、テーブルに着くと改めてご挨拶m(_ _)m
ところがオーダーを済ませるといきなり彼女は態度を激変させた。
と言うのはそれまで丁寧語で話していたのが、急に姿勢を崩して足をクロスさせてまるで「極道の妻たち」で岩下志麻や高島礼子などが演じるヤクザの女親分みたいなドスの利いた口調で話すようになったのだ。
すげー豹変ぶり!!(笑)
自己紹介だと、彼女は俺よりは5つ年上の36歳で独身だが、中高生時代、女番(スケバン)グループだったと言う。
疑う自分にそのスケバン時代の写真を見せてくれた。
髪型はやや明るい目の茶髪のロングで、不良定番のウ◯コ座りをして、くわえタバコにセーラー服の腕をまくっていかにも引きずりそうな長いスカートを履いている!!
また、後にはレディース(女暴走族)にもなっており、族の集会や、かなりベタベタのシャコタンにした族車のルーチェに箱乗りしている写真も見せてもらえた。
ケンカをはじめ、夜遊び&非行歴の武勇伝を散々僕に語ってくれた。
そのギャップはとても信じ難かった…。
キャリアウーマンと言えば比較的高学歴で、気丈だが無口で堅物の何か近寄り難いようなイメージがあったが、こういう元ヤンでちょっと怖いけど、気さくなお方は初めてお目にかかった。
さすがに頭の回転は早く、仕草も一つ一つ器用でスムーズ!!
そんな彼女が職場では大学卒の男性社員たちを束ねているのだ。
お食事の後はカラオケ!!
彼女は小田和正と浜田省吾を熱唱…♪♪♪
なかなかの歌唱力!!
対抗する俺はBowwyとバービーボーイズ…♪♪♪
カラオケの後、園子次長の車で海へ行き、ずっと星空と水平線を眺めながらおしゃべり…。
そのうちに俺の視線は彼女の引き締まった下半身の方を向いていた。
鋭い彼女は「オイ!!何見てんだよ!?」と俺の額を小突いた。
いつの間にか俺もタメ口になっており、「な、何も…。目線逸れただけだよ…。」とすっとぼけた…。
しかし、身体は正直…。 半分勃起している俺のチンポを掴んで、「ウソつくんじゃね~よ~!!」とニタニタしながらグイグイさする。
車のエンジンを切り、彼女は俺に顔を最接近させて、耳元で「カーセックスしようぜ!!ここなら誰にも見つからないし…。」と彼女は切り出したかと思ったら俺のズボンのチャックを下げていた!!
出たぁ~!!
どうりで園子次長は先程の会食時に何となくだけどそわそわしていたような気がする。
それもこのチャンスを狙ってのことかと思った。
彼女が強引にズボンを下げると俺の柄パンから膨れ上がった亀頭がはみ出ていた。
「エヘヘ~、意外と立派なモノ付いてんじゃん!!お~!!すっげ~密林!!」
と早速亀頭に手を出そうとする彼女に俺は「次長ばっかりずれ~よ!!俺にも触らせて!!」
と言うや否や、彼女のスーツのボタンを外して強引に上着を脱がせかかったところ、エロい黒の勝負下着のブラが現れた!!
俺はズボンと柄パンを下げて、完全に勃起したチンポを丸出し、彼女のブラの前のホックを外す。
中くらいサイズの形の良いおっぱいがぷるるんとせり出す。
彼女の乳首はやや赤茶けているがピンと勃起している。
俺のチンポを荒々しく扱く彼女の手はやや冷たい。
俺も彼女のおっぱいにかぶりついた。
彼女のスカートの中に手を入れたところ、かなり濡れていた!!
彼女のパンストを脱がせて、パンティの中に指を入れた。
彼女のやや濃い目の陰毛が微かにネチャネチャと音を立てる。
狭い車の中で、体位を入れ換えて彼女の派手なパンティを脱がせた。
小さく縮んだ勝負下着の黒いパンティが足首に落ちるのもまたこれまたエロかった。
そして69に勤しむ…。
園子次長のまんこから珍味のような匂いがプ~ンと漂って、車内に充満した。
バキュームフェラでテクはまあまあと言った感じだ。
そして、本番はリクライニングさせた運転席に彼女を押し倒して覆い被さり、俺上位の「投下セックス」だった。
「次長のまんこ、いただきま~す!!」と俺は合掌してスナイパーの如く肉棒を叩き込んだ。
ツヤツヤしたワインレッドの彼女のビラビラも鮮やかだ。
膣の締まり具合もまあまあだが、押しまくる彼女の腰使いはかなり強めだ。
「アウッ…!アウッ…!ふ…、太い!久々の若い男のチンポぉ~!!元気なチンポぉ~!!」
とかすれた声でチンポチンポと連呼し、ヤンキー上がりのキャリアウーマンには似ても似つかないかわいらしい喘ぎ声だった。
園子次長は口から精液をたらしたまま「久々に若い男を味わえたぜ!!お疲れさん!!」と俺を労い感謝する。
「ごちそうさま!!次長こそ、仕事ばかりでストレスは溜まってたけど、男っ気無くて下もよっぽど溜まってたんでしょ!?」とからかい気味に返すと俺にコンニャローとばかりに張り手!!
彼女の下半身も多忙のためしばらくご無沙汰していたそうだ。
狭いカーセックスの後はさすがに身体が痛い…。
しかし、園子次長は「まだ終わっちゃ無い!!第2ラウンドもあるからそっちが本番だぜ!!」と何かを匂わせるように暗示した。
「何だろ!?」と聞くと、「早まんじゃねぇよ。さ、行こうぜ!!」と車を出した。
人里離れたラブホへ到着。
「エッチの続きかぁ…。ま、いっか…」
と思いきや、単なるエッチではなかった。
そのラブホは、変態プレーにはもってこいのサービスが充実していて、おまけに彼女の行きつけらしい…。
まずはシャワーで洗いっこ。
彼女もよっぽど気に入ったのか、丁寧に俺の肉棒を洗ってくれた!!
くすぐったく玉袋と蟻の途渡りをも擦る。
お礼に彼女のまんこを丹念に洗う。
ちょっといたずらしてクリトリスをスポンジで刺激したら、「コラ!!」と拳骨…。
お酒でウォーミングアップした後はいよいよメインのコスプレ!!
先ずは園子次長、化粧をして、セーラー服に着替え、タバコをくわえて現役ヤンキー時代のツッパリ全開のパフォーマンス!!
「似合う?」と訪ねる彼女に「全然×!!」と答えると「似合うって言えや!!」といきなりシバき!!
木刀と自転車のチェーンで大暴れ!!
「オラオラてめぇ!!やられたくなけりゃあちきのまんこ舐めれやぁ~!!」で引き続きクンニプレー。
長いスカートに顔を突っ込んで、彼女のイカ臭いまんこを舐める。
「気合いが足りんなぁ~!!もっと気持ち良く舐めれ~!!」と木刀で俺のチンポを叩く…。
第2弾は「キャリアウーマンと仕事の出来ない男性社員」のテーマで彼女がホテルに特注させたよりタイトで派手なビジネススーツで登場!!
今度はよくあるどぎつく高飛車な女上司の口調で「〇〇君、何度ヘマすりゃ気が済むの!!」、「罰としてあたしの尿をお飲み!!」。
俺は「勘弁してくださいよ~!!」と懇願。
「何言ってるの!!あたしは上司よ!!これは業務命令なんだから…。」でノーパンの彼女の茂みから滝のように放出されるお聖水を俺の顔にぶっかけた!!
やたらしょっぱくて苦い!!
ヒールでチンポと顔を踏みにじられて俺もMっ気を覚えた。
いきり立った俺は素っ裸になって逆襲して、彼女のスーツを引き裂くように脱がせて丸裸にして無理やり抱きしめて押し倒した。
彼女のリクエストで今度は俺がお◯っこをかける番…。
俺のお◯っこで洗顔する彼女がやらしく見えて大興奮!!
俺はレ◯プ気味に「次長!!好きです!!愛してます~!!」とベロチュー!!
彼女もややテンパって「ウッ…!!ウッ…!!」と苦し紛れにもがいていた。
「赤ちゃん産んじゃいましょうよ!!」と彼女のおっぱいを鷲掴みにしながらびしょびしょのアソコにバックからぶち込んだ俺!!
ギャーギャー激しく泣きわめくように絶叫するデキる女の表情が愛くるしい。
バッコンバッコンと俺の巨大な肉棒を突っ込まれながら、「ああ…、あたし、すげー激しいのが好きなんだ!!もっともっとぉぉぉ~!!」
とよだれを垂れ流して、涙をポロポロこぼし、鼻水までたらしてヨガりまくるメス犬に変貌した仕事一筋の女性管理職の素顔をじっくりと観察させてもらい、その晩はえげつない犯すようなセックスと変態プレーに明け暮れた。
お互いに遊び疲れて、ラストに俺は園子次長を優しく抱き締めた…。
園子次長「〇〇(俺の下の名前)…。」目がうるうるしていて、軽く咳き込んだ。
俺「次長…。いや、そ、園子…。」
全身汗と精液とお◯っこにまみれながらも全裸で抱き合う男と女…。
さっきまでの威勢はどこへ行ったのだと思わさるような仕草で涙を流し、鼻を鳴らして猫なで声で甘えるように俺に寄りかかる園子次長に普段の男勝りなバリバリのキャリアウーマンの精悍な姿とは裏腹な女らしさを改めて見いだした。
「〇〇、あんた…、不器用でも優しい男だ…。誰一人あたいの事、女だと思ってくれなかったんだ…。男に抱かれたなんて超久しぶりなんだ…。ありがとう…。本当にありがとう!!」
と嗚咽を漏らしながら泣きじゃくる園子次長にそっとキス…。
締めくくりはまるで大人の純愛のようだった。
園子次長は気に入った年下男性を捕まえてはこのように変態プレーに及んでいたそうだが、結局逃げられてばかりで、理解してセフレになり得たのは俺だけで、この関係はしばらく続いた…。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.