(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

学校の隣の部屋で「明日の試合でポイントとったらナメナメしてあげるね」に興奮

サイキ

俺は思い切り文化系だったんだけど、思い出ということで…。


高2の頃、放課後、地学の部屋に隣接する準備室にいたら、手前の小部屋に人が入ってきた。


地学部の顧問部屋だけど、休眠状態で普段は物置的に使われてる。


来たのは男女で、会話からハンドボール部の男と彼女らしい。で、しばらく盗み聞きしてると、彼女が「明日の試合でポイントとったらナメナメしてあげるね」と言った。


「1点で一回?」「そうだよ」「いつ?」「○○くんの抜きたい時」「…じゃあ、試合のすぐあとでもいい?」「いいよ、してあげる」


そのあと、フェラを始めたみたいで、ドアに近づくとジュポ、チュッポッって音と男の吐息が聞こえた。


心臓バクバクで、鼻息が向こうに聞こえるんじゃないかと焦った。


それで、すぐに男のほうが「はぁぁっ、いきそ…さやか、いっていい?」「いいよぉ、いいよぉ」「っ、くっ、さやかっ、さやかぁ……ぅあっ!」


雰囲気から、さやかって子は飲んだみたいで「濃いぃ…ん~、あ~なんかひっかかる!」とか言ってた。


僕はパンツにこれでもかってくらい大量に放出。


「明日さぁ、試合終わったら、待ってて、来るから」「○○くん目がHだよ、もう」…明日…


次の日、休みだったけど、学校へ行った。調べたけど、さやかって子が誰かはわからなかった。


ハンドボールの試合はほぼ1日、何校か集まってやってるみたい。バカみたいに朝から当校したんで、何気なく体育館に行ったけど完全に場違い。


仕方なく準備室にこもって、小部屋に細工をした。窓を少し開けて棚でカモフラージュしたり、逃げ道を確保したり。


そしたら、昼の時間にさやかがやってきた。スリッパの色で一年生とわかる。


さやかはスラッと背が高く、一年生なのに年上に見えた。ポニーテールで色白、ちょっとキツい目をしてた。それで、携帯のない時代、鞄から文庫を出して読んだり、鏡を見たりしていた。


やがて足音。「ごめん抜けられなくて」ドアが開いて、男が来た。「ちょ、ノックしてよ!んっ」カサカサ衣擦れの音。


隙間から見ると、制服の背中に回したジャージが見えた。抱きしめてキスしてる。「終わったら、な」「わかってるから点とってこい!」


それだけ話しただけで、時間差で二人とも出ていった。


こちらは試合が何時に終わるのかさっぱりわからない。仕方がないからもう一度小部屋に入り、細工に工夫を加えた。


ふと見ると、さやかのものらしい鞄が残されていた。すぐに取りに戻ってくるリスクはあったけど、少し物色した。ヒヤヒヤした割に収穫は特になかったけど、唯一、生理用品ポーチの中にコンドームが2つ入ってた。


イチゴの香り付きというものだった。「もしかしたらフェラ以上も見られるかも?」という気持ちと「学校ではやんないよな」という気持ちが半々で、さらに二時間待った。


午後も遅くになって、ようやく二人が小部屋に来た。校舎に誰もいないと安心してるのか普通の音量で会話していた。


「シャワーないからさぁ、汗かいて気持ち悪いんだよな」「汗臭いのはいやだけどさぁ、汗の匂いは嫌いじゃないよ」


小部屋は畳が敷いてある。二人は座って会話してた。覚えているのは、さやかが「○○さぁ、三試合め、強引に得点しにいってたよね(笑)」「監督に叱られたって(笑)」の会話のあと、急に大人の声になって「してほしいの?」と聞いたこと。


「…してくれんの?」「点数分は無理(笑)」「ん…」1センチ程度の隙間でも、ひそひそ話も聞こえるし、目をつけたらほぼ小部屋の半分が見える。


座ってキスをしてる二人の頭が見えた。頭が揺れてるから、かなり激しいキスみたい。手前は見えないから、向こう側でやってくれと祈りながら見てた。


「なっ」促すように男が言う。「またぁ?」「うん」「…何色でしょう?」「ピンクのドット」「…正解は…」


さやかが立ち上がって向こう側に行く。最近の高校生みたいにスカートは短くない時代。さやかはそのスカートをつまんでゆっくり引き上げる。


僕の位置からは見やすい。不意にバッとスカートをめくりあげ、白い下着が一瞬見えた。「はぃ、残念でした(笑)」


言い終わらないうちに男がスカートの中に頭を入れた。「あぁ!コラ!ちょっとぉ!」さやかはスカートの上から頭を押さえたり叩いたり。でも、すぐに動きが止まって「んっ」「はっ」と声が出て、明らかにいやらしい空気になった。


この時初めて知ったのは、わずかな隙間があれば、かなり広い範囲が見られるってこと。


息をするのも気を付けながら、必死で見た。さやかの腰を押さえて、スカートに頭を突っ込んだ男の頭が揺れる。


すると、んっ、とか、あぅん、とか言ってたさやかの膝が震え始めた。色白の顔はピンク色になって、目を閉じ、声が出ないように歯をくいしばっている。


「あ、ダメ!ホントにダメ!」「お願い!お願い!ダメ!」バタンと倒れるように尻餅をついてしまった。


その勢いで男も反対側に尻餅。「もう!ダメだよ!Hぃ」というさやかの口をふさいでキス。


他人のキスをしっかり生で見るのは初めて。男は三年生だった。キツメの顔立ちのさやかが、上気した顔で、激しくキスをしてる。


ひとしきり舌をからめるキスをしたあと、男が「さやか、やくそくぅ」と甘えたようないじわるするような口調で言った。


「もう!わかってるよ!…脱がすの?」「あ、ちょっと待って」と男がドアの鍵を確認しに行った。ジャージの前は思い切り膨らんでた。


ドアを背に立った男をさやかが促して寝かせる。ドアのほうき行ったおかげで、少しさやかの陰になるものの、全身が見えるようにやった。


ジャージの上から少し触ったあと、さやかがジャージとパンツを脱がせる。そんなに大きくない半剥けのチンポが勃起していた。


いきなりカポッとくわえたさやか。「汗の匂いするね…大好き」と小声で、でもはっきり言った。それから小さくチュボチュボ音をさせてフェラ。


右手でしごきながら、今考えると単調に頭を上下させる。ほんの1分くらいで、男が「あぁっ!さやか、さやか、好き、好き…好き、好きだよ!あっ、出るっ!」


(へぇ、出る!って言うんだ…)と思ったのを覚えてる。腰を浮かせた男は、腰をガクガクさせて射精。さやかは、ゆっくりなペースで上下すると、最後は飲み込んでしまった。


「ん~もぅ先輩~、多い!いきなりだし!早い!」と言うと、さやかは男に覆い被さって無理やりキス。「なんでいやがるのぉ!」と


そのまま男が横抱きして、しばらくキスしたり、互いに体をさわったり、まったりした時間。ただ、男はずっと勃起していた。


見ているこちらは、心臓がつぶれるくらいバクバクしていたし、貧血で頭がクラッとなりそうだった。


男がたぶん「ゴムは持ってる?」みたいなことを聞いた。さやかは「え?するの?」と、ちょっと大きめの声。


「するでしょ」と男がさやかの下着に手を伸ばす。「んっ」「ほら、しようよ」と脇の部分から、下着に手を入れる。


「んはっ!あっ」手を抜いて、指を見せながら「濡れてるし(笑)」「もぅ!変態!」「声でかいし!」「!」


ここからの光景は忘れたくても忘れられないし、今でもオカズにしてる。


高校生の性に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報