FC2ブログ

ずっと仲良し兄妹で小◯生のころから無意識に69を - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



ずっと仲良し兄妹で小◯生のころから無意識に69を

img2-0579.jpg  

  僕は三十路、妹は二十代後半の仲良し兄妹です。
僕達みたいな方が居るのかな?と思ってガラケーでも大丈夫な所を探して辿り着きました。
何処も男性はお母さんと息子がメインなんですね。
ダラダラ長文になると思うので最初に謝罪しておきますね。
馴れ初めは、僕が小◯4年の時に登り棒でチンコを擦り付けてると気持ち良くてチンコが大きくなるのが不思議で妹にチンコを見せて二人で考えた事から意識して無かった
「チンコが有る」「チンコが無い」体の違いに疑問を感じて二人でお互いのチンコをいじって調べていて、僕は勃起して皮が剥ける事と剥いた先っぽを擦ったり舐められるとオ◯ッコが出そうになる事、妹はクリトリス(当時は知らずに)を擦ってたり舐めるとゾワゾワしてオ◯ッコじゃない透明でヌルヌルの液体が出る事が解りました。

無知な小◯生同士が無意識に69をしていた事に妹と思い出してビックリしました。
最初の頃は妹にチンコ舐められて直ぐオ◯ッコに行ってたのが、徐々にタイミングが遅くなっていたある日、オ◯ッコを我慢していたら限界になって妹の口にオ◯ッコを出しちゃって、
妹がむせて口を離した時、オ◯ッコと違う「何か」がチンコから勢いよく「ピュ!ピュ!」と出て、チンコが「ドクンドクン」となり、僕も妹もビックリしました。
ただ僕はとてもドキドキして気持ちよかったような気がしたので妹にチンコをまた舐めてほしいとお願いした覚えが有ります。
妹もオ◯ッコ少し飲んだ後に変な匂いと味のする飛び出した液体がまだ垂れてるチンコを我慢して舐めた事をよく覚えているそうです。
それからはオ◯ッコより「何か」が僕のチンコから飛び出すようになりました。
妹もだんだんヌルヌルの液体が出る量が増えていて、一本筋だったワレメが徐々に開いてきて、肛門より前にヌルヌル液まみれでヒクヒクしている小さな「穴」が有るのを見つけて、鏡で妹にもワレメが開いてるのと「穴」を見せてあげました。
「何の穴だろう?」「オ◯ッコかな?」と話したけど結論は出ず、指先で「ツンツン」したり、僕はその「穴」も舐めていました。
妹は「ゾワゾワ」がどんどん込み上げて来るのが少し怖くなって僕が舐めるのを途中で止めさせる事はよくあったんで、僕がチンコから「ピュ!ピュ!」とした時みたいに妹にも「少し我慢してみたら?」と言ってから、妹も僕にオ◯ッコを出しました。
「妹も僕と同じなんだ」と思ったんで妹が「オ◯ッコ出ちゃう」と言ってもワレメを舐め続けたら、「シャー」と僕の口と顔に妹のオ◯ッコがかけられた後、
「お兄ちゃん!お兄ちゃん!何かくる」だったかな?そんな事を言って妹が「ビクン!ビクン!」として脚を閉じようとするので無理に開かせてまたワレメを舐めたら
「お兄ちゃんダメだよ!また何かきちゃう!」と言って離れようとしたんですが、「イヤ!」と言ってまた「ビクッ!ビクッ!」としたら僕の上で力無く項垂れちゃったので、
「大丈夫か?」「平気。だけど何か変なのがゾワゾワって…」「僕もピュ!ってする前がそんな感じで気持ちよかったよ?」「一緒なのかな?」「そうなんじゃないかな?」と言って納得した気がします。
かなり長くなりましたね。
親が出掛けたんで続きは後にして妹とエッチしますね。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.