FC2ブログ

乱交パーティのアルバイトしました、また行きたい - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



乱交パーティのアルバイトしました、また行きたい

11234-0355.jpg 

  結婚して10年がたって子供も小◯校に入ると、 
自分の時間がもてるようになりました 
   
ホッとするとともに、 
ちょっと退屈する日々を送っていた時、 
同じように暇をしていた学生時代の友人からある 
パーティーに誘われました。 
   
当時からいけない夜遊びをしてたので、 
なんとなくピーンときていましたが、 
あんなすごいとは思いませんでした。 
   
都内の某高級ホテルの 
スイートルームに連れて行かれました。 

友人も知り合いに紹介されて 
何度か参加したことがあるらしく、 
男性はすべてお金持ちのセレブだと言っていました。 
   
女性は、普通の主婦などだそうです。 
   
普通というか、お小遣い目当ての主婦です。 
   
中にはセレブな人もいるようですが、 
結婚しているのが条件だと言っていました。 
   
部屋に入ると中は薄暗く、壁際の間接照明と 
テーブルの上のロウソクの明かりだけでした。 
   
すぐにスタッフにシャワーを浴びて 
コスチュームに着替えるように言われました。 
   
チャイナ服やバニーガール、スチュワーデス、 
スクール水着などがありました。 
   
私はレースクィーンで友人はナース服のコスプレをしたんです 
      
着替え終わると、仮面を付けた 
男性のお酒のお供をするように言われました。 
   
横に座ってお話ししたり、触られたりしているうちに指名されて、 
ベッドルームに連れて行かれるようでした。 
   
私もすぐに別室に行くことになりました。 
   
2つあるキングサイズのベッドの上には、 
すでに男女が蠢いていました。 
   
喘ぎ声と液体が絡み合うような音もしました。 
   
何とも言えない雰囲気に、 
私は思わず立ち尽くしてしまったのですが、 
すぐに男性に押し倒されました。 
   
コスチュームの上から荒々しく胸を揉まれ、 
アソコも激しく擦られました。 
   
そんな感じのままコスチュームを脱がされて、 
今度はバイブを入れられました。 
   
バイブなんか何年ぶりで、 
昔のやつとは全然動きとかが違うので、 
私はすぐにイキそうになったのですが、 
イキそうになると抜かれ、 
また入れるというのを繰り返されました。 
   
何度もされ、私は頭がおかしくなりそうになり、 
自分の方から 
   
「イカせてください」 
   
「入れてください」 
   
とお願いしていました。 
   
やっと挿入すると荒々しく腰を振り、 
私は激しくイッてしまいました。 
    
そんな感じで、 
乱交ナイトパーティで、 
数人の男性の相手をしました。 
    
年配者が多いのか、 
やたらとバイブを使いたがる人が多かったと思います。 
    
挿入しない人もいました。 
    
始まったころは、1回終わるとまた席に戻って別の人をお酌して、 
指名されないと別の人という風に、 
キャバクラっぽいことをしていたのですが、 
最後の方になると、ソファの上でオナニーを 
させられている女性がいたり、 
フェラチオさせられている女性などがいました。 
    
女性のアソコにワインを注いで 
ワカメ酒みたいな感じにして飲んでる男性や 
女性を窓の淵に座らせてアソコを舐めている男性もいました。 
    
私たちはそれを見るように言われたり、 
友人とディープキスするように言われたり、 
もう酒池肉林って感じになってきました。 
    
そんな風になってきたら、もう見ているだけで、 
いやらしい音や喘ぎ声を聞いてるだけで興奮してきてしまって、 
自分の方から隣にいる男性のアレを 
しゃぶりついたりしてしまいました。 
    
男性の反対隣に座ってる女性も一緒に舐めてきて、 
2人で奪い合うようにしゃぶりまくってしまいました。 
    
しゃぶっていると後から誰かに 
入れられて激しく突かれ、もうイキまくりです。 
    
夕方に始まったパーティーは深夜にやっと収束して、 
眠りにつくことができましたが、 
朝方には寝込みを襲われ夜這いされている人もいて、 
部屋から出るまで官能的ないやらしいことされまくりでした。 
    
すっごく疲れたけど、 
冷え切った夫婦生活の中では最高の一夜でした。 
    
これでお金までもらえて、 
また行きたいです。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.