(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

お尻の噛まれ跡を思い出して悶えています

サイキ

家にまっすぐ帰りたくなくてたまに行くスナック居酒屋みたいなところに。
カウンターには顔見知りが何人かいて、馬鹿っ話に花が咲いて、
ついつい飲み過ぎちゃいました。

何回かホテルに行った人も来て、たまたま私の隣だけ空いてたので普通に座りました。
今夜は行ってもいいかなぁと思ったら見透かされたように、
「そろそろ俺のちんぽ欲しいんじゃないのか」
と耳元で言われてこくりと頷いちゃいました。
待ち合わせ場所を告げると、先に出ていき、
私も飲み過ぎを理由に店を出て待ち合わせ場所に行きました。

お酒を飲んでない彼は車で私を乗せると「脱げよ」躊躇してると、
「脱がねぇんなら、ちんぽいれてやらねぇぞ。いいのか?」と凄んできました。
私はのそのそとブラを外し、服の中から滑り出させ、
ストッキングとパンティーを脱ぎました。

「ぐちょぐちょなんじゃねぇか?臭いにおいがしてるぞ」とまんこをさわり、
「なんだ、これ!?いやらしい牝豚だなぁ、いつから濡らしてたんだ?」黙ってると、
「いつからなんだ、って聞いてんだよ。店にいた時からか?」うん・・と答えると
「なんだ、ちんぽ欲しがってたのか?誰のでもよかったんじゃねぇか?」と、
追い打ちをかけられました。

ホテルに着くと、シャワーも浴びさせてもらえず、イラマチオです。
喉の奥まで突っ込まれ、苦しくても突いてきます。
そしてまず最初の精子を流し込まれました。何かの紐で手足を縛ると、クリ責めです。

「あいかわらず、でけぇ、クリだな。中からどんどん出てくるぞ。」
そして乳首責め。この時です。
乳首をカリッと噛まれ、アッ痛い、と声が出た瞬間、
「痛いじゃねえよ。感じてんだろう?」
確かに私は全身ヒクつきはじめていました。
そんな感じで、さんざんいたぶられ、乳房お尻に歯形を残されたのです。
少し残る痛みに昨夜を思い出して悶えています。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報