FC2ブログ

責任取るからとバツイチ熟女に妊娠するまで中出し - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



責任取るからとバツイチ熟女に妊娠するまで中出し

 918-2-0781.jpg 

 今月、バツイチ同士の飲み会で知り合ったバツイチのゆり子さん。
40才半ばと言っていたが、スリムなのに胸とお尻は意外とムチッリしていてどこかしら雰囲気も大人の色気があった。
飲み会のときに連絡先を交換してたので、1週間ほどメールでいろいろ話した。
だいぶ打ち解けてきたので、『今度は2人で会ってみませんか?』とメールしたところOKしてもらえた。
正直、メールで下ネタも話していたので、もちろんセックスの期待もしていました。
そして翌週2人だけで会った。
仕事帰りに待ち合わせして食事した。
食事を終え店を出て、まだ時間も早かったのでドキドキしながらホテルに誘うとあっさりOKしてくれた。

シャワーを浴びた後、ゆり子さんのムッチリ熟した胸や尻を堪能した後、いよいよ挿入。
俺はゴムや外出しはあまり好きじゃないので中出ししてもいいかと聞いたら、「いいけど妊娠したら責任取ってくれる?」と言ってきた。
まさか再婚?と思って
「責任って?」
と聞き返すと
「堕す費用ちゃんと出してくれるの?」
とのこと。
心の中で『なんだぁ』と呟き、「堕ろす費用ぐらいもちろん出すよ」
と言った。
この瞬間、俺はゆり子さんに中出しして妊娠させてもいいんだと思うと、もう我慢できなくなり、痛いほど勃起したチンポをナマで挿入した。
最初は正常位で、次は四つん這いにしてムチムチの尻を鷲掴みながらバックで突きまくっていたが、バックはなかなかの締りですぐに射精感が襲ってきてしまい、我慢することなくそのままゆり子さんの子宮めがけて精液をたっぷり放出した。
しばらく休み、ゆり子さんにチンポをしゃぶらせて2回戦に突入。
40才半ばの熟女を俺の精子で妊娠できるんだと思うと、俺のチンポはいつになく回復力が早かった。
2回戦目は正上位でゆり子さんを抱きしめながらひたすら腰を振りまくった。
ゆり子さんも下から抱っこするような感じで、俺の首に腕を回し、両足を腰に絡み付かせてきて、奥にいっぱい出して欲しいと懇願してきた。
ゆり子さんも中出しされるセックスは異常に興奮するらしく、突き上げるたびに大きな声を出し何度もイキながら体を痙攣させていた。
そして俺も限界に達し、チンポをビクビクっと震わせながら、膣奥に2回目の射精をした。
この日はとりあえず、2回の精子注入で終わったが、妊娠しても堕すことが決まってるから、お互いにいつもより興奮し、さらに思い切ってプレイに集中できた。
その日以降もメールのやり取りはしていたが、先日妊娠しなかったと報告がきたので、とりあえずゆり子さんが避妊するまで中出ししてやろうと思っています。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.