FC2ブログ

嫁と義父の目を盗んで義母と林の中で - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



嫁と義父の目を盗んで義母と林の中で

onsenback.jpg 

  私は3年程前に結婚しました。
妻は一人娘で、しかも実家は農家だったんです。もちろん、結婚の条件は私が婿養子として妻の両親と一緒に暮らす事でした。
そんな妻の両親は10歳も年の離れた夫婦で、義父が57歳、義母が47歳。
義父は公務員として働きながら家の農業をしていたんですが、農業は義母がメインで行っているようでした。
まぁ農家と言っても田んぼを2町程作っていて、畑が少々あるくらいです。
私も仕事の合間を見て、田畑の手伝いをするようになったんですが、なにぶんにも農業は生まれて初めての体験で、両親に手取り足取り教えてもらっているところです。
妻は看護師で結構忙しく、家の手伝いが出来る状況ではありません。
そんな現状ですが、私には一つだけ楽しみがあります。

それは、義母の働く姿をジロ見する事なんです。
義母はもち肌でムッチリボディの持ち主、しかも顔立ちも良く綺麗なストレートヘアーはたまりません。
身長160cm、体重50kg(推定です)、B88-W63-H90(推定です)。
凄く優しく気が利く女性。
でも天然も入っている可愛らしい義母は、見た目30代に見えるくらいです。
農家って聞くと田舎のおばちゃん体型を思い出すかも知れませんが、義母は全く違って街中の貴婦人って雰囲気で、服装も農家からは想像もつかない上品な物や可愛らしい物を着ているんです。
さすがに農作業をする時はジャージ姿ですが、これがまたパツパツで下着のラインがバッチリ見えたり、屈んだ時にTシャツの首元から巨乳(Fカップ、こっそり洗濯のブラジャーでサイズ確認)が見えたりするので堪らないんです。
ある週末、稲刈りを手伝う事になり、田んぼに義母と軽トラックで向かいました。
義父は既にコンバインで稲を刈り始めている頃でしょう。
義母は半ズボンのジャージにヨレヨレのTシャツ姿(もちろん長靴着用)。
Tシャツは薄手でブラが透け透け、しかもジャージも小さ目なのかパツパツに張っていて、しゃがむと破れるんじゃないかってくらいでした。
横に座る義母からは凄く良い匂いが漂い、今にも襲い掛かりたくなるんです。
そんな時間も長くは続かず、すぐに義父の居る田んぼに到着です。
到着すると義母は田んぼの中に向かい、義父が刈り取った後を歩きながら、切り残しの稲を刈っていたんです。
そんな義母がしゃがみ込んだ時、ジャージとTシャツの隙間にブルーの下着が見えたんです。
車を降りた私は義母の近くに行き、近くからじっくりと拝見させて頂くと、首元から胸の谷間をバッチリ見ることが出来たんです。
もう股間はムクムクと反応してしまい、隠すのが大変でした。
義母の後方3mくらいに下がり、冷静になろうとした瞬間、義母のしゃがんだ後ろ姿に、またまた興奮。
義母が前屈みにしゃがんだものだから、股間の中心(マンコ)が盛り上がり、いやらしく見えたんです。
(義母は盛りマンなのか?しかも筋マン?)ってな事を考えずにはいられなかったんです。
もう股間はMAXに腫れ上がり、車に戻ってチンポ体勢を整えました。
そんな中、義父が刈り取った稲が軽トラ一杯になり、車で家まで運んだんですが、またまた義母と2ショット!
ドキドキしながら義母の太腿や胸をチラ見。
相変わらずいい匂いがするし最高でした。
家に戻り、稲を下ろすと田んぼに向かいました。
ちょうど家と田んぼの中間地点に差し掛かった時、義母がムズムズしていたので、「どうしたの?」って聞くと、「ちょっとごめんなさい!そこで停めてくれる?」って言われ、車を停めたんです。
義母は急ぐ様に木陰に向かいました。
ちょっと待っても戻らないので、私も義母の向かった方へ歩いて行くと、木の陰に義母がしゃがみ込んでいました。
私「お義母さん?大丈夫」
義母「あっ・・・見ちゃダメ!」
義母は木の陰でウ◯チをしていたんです。
生々しいウ◯チがたっぷりお尻の下に溜まっていました。
義母の生のお尻は白くピチピチしていたんです。
私「ごめんなさい!車で待っているから」
義母「あっ、ティッシュ・・・貰えない?忘れちゃったの」
車に戻りティッシュを手に取ると義母の元に向かい手渡しました。
すぐに戻ろうか悩み、今しか見ることが出来ないと思った私は、義母の前に顔を出し、アソコを見てみたんです。
毛が薄く、下の方は無いのかマンコがぱっくりと開き、大きめのクリトリスが見えました。
義母「ヤダ!見られちゃった?」
私「綺麗ですね!とても40代後半には見えませんよ」
義母「こんな時に言われてもね・・・恥ずかしいわ」
私「そうですね!もう少し見ても良いですか?」
義母「ここはウ◯チあるから、ヤダわ」
私「確かに!」
義母は拭き終えると立ち上がり、草をウンチに乗せ、隠していたんです。
ちょっと顔を赤らめた義母が、「急ぎましょう!」と言うので、車に戻り田んぼに向かったんです。
何だか義母と凄く近づけた感じがする時間であり、沈黙の時間でもあったんです。
田んぼに戻ると、義父が何も知らずに刈り取った稲を車に移載していました。
義母も何事も無かった様に義父に話しかけ作業をしていたんです。
そんな義母を後ろ目に、さっきの光景が頭から離れません。
股間はギンギンになったままで車から降りる事も出来ず、ただ茫然としていました。
田舎の農家では当たり前かも知れませんが、家から離れた所では草陰や木陰で女性も用を足す事があって、これまでも義母がお◯つこするところを遠目に見たことはあったんです。
しかし、あれ程近くでウンチをしているところを見ることは滅多に無いでしょう!
(見られることも無いでしょうけど・・・)
稲を積み終えると義父がクラクションを鳴らしたので、車を走らせた時、なぜか義母も走って来て一緒に車に乗り込んできました。
私「どうしたの?お腹痛いの?」
義母「もう!意地悪るね・・・違うわよ」
頬を赤らめた義母が可愛らしく見えた瞬間でした。
いつ、どのタイミングで義母に『見せて下さい』って言うか?
ハラハラしながら、一日が終わってしまいました。
翌日は天気快晴で稲刈り日和。
義父はコンバインに乗り込み田んぼに向かった。
妻は仕事で出勤。
義母と私は軽トラックに乗り込み出発準備をしていた。
義母はレギンスにロング丈のTシャツ姿だった。
農業からは想像も付かないが、義母が着ると様になる。
義母が軽トラックに乗り込んだ瞬間、何とも言えないいい香りが漂い、それだけで私はムラムラしていました。
義母「今日は暑くなるかなぁ?」
私「そうだね!もう既に暑いし・・・」
田んぼに向かうと、義母は刈取り前の田んぼに入り、隅の稲を手狩りし始めた。
私も一緒に行き、手狩りを手伝いながら義母のお尻を舐める様に直視するんです。
レギンス姿とは言え、義母のレギンスは使い込まれた古い物で、生地が薄くなりパンティが透けて見えていました。
義母のパンティはレース風で、後ろの方はお尻半分位しか生地が無く、肉が食み出している感じでした。
前屈みになると義母の大きなお尻がプリプリとして顔を押し付けたくなる程です。
そんな中、風と共に香る義母の匂いが私を興奮させていました。
と、義父のコンバインのクラクションが鳴り、軽トラで刈取り稲を運搬です。
義母も隅の稲刈りがあったので、今回は乗らず1人で下ろしに向かったんです。
積み下ろしが終わり、また義母の元に向かうと義母は凄い汗です。
義母「やっぱり暑くなって来たわね!」
私「凄い汗だよ!」
義母「タオル忘れっちゃった・・・」
私「これ使って」
私が首に巻いていたタオルを渡し、使って貰ったんです。
義母「ちょっと、ごめんね」
そう言って義母は林の方へ向かいました。
すぐにお◯つこだと分かった私は、チャンスとばかりに林の方へ向かいました。
木陰に隠れる様にしゃがみ込んだ義母が見え、私は足音を立てない様に前に向かったんです。
義母の足元にはお◯つこの水溜りが出来ていて、ティッシュで拭いている所でした。
立ち上がると薄い陰毛が見え、綺麗な白い肌も惜しみなく見えます。
太腿のムッチリ感がたまりません。
生唾もので義母の姿に見入ってしまい、義母が辺りを見渡した時に見つかった様でした。
義母は何も言わず、そそくさと田んぼに戻って行きました。
稲がいっぱいになり、軽トラックで下ろしに向かおうとした時、義母が助手席に乗り込んで来たんです。
義母「私も行くわ」
何となく無言な雰囲気の中、家に着いた私は、稲を下ろし始めたんです。
全て下ろし終えたんですが、義母が家から出て来ないから迎えに行ったんです。
すると義母は汗を掻いたシャツを脱いでいました。
義母「あら!もう終わったの?」
私「ん~ごめん」
義母「いいのよ!さっきも覗いていたでしょ!」
私「分かってたんだ」
義母「もう!お義母さんの見たいの?」
私「そうりゃ!見せてくれるの?」
義母「昨日約束したしね!少しだけね・・・娘には内緒よ」
私「分かってますよ」
義母のシャツを脱がせると、想像どおりの巨乳!
形も崩れが無く、まだ張りがあったんです。
義母の胸に顔を押し付け、ブラも外して舐めました。
義母「そんなこと駄目よ・・・見るだけでしょ・・・」
私「無理ですよ!こんな巨乳見せられて、見るだけは出来ない」
義母「もう!早く田んぼに向かわないと・・・」
私はレギンスと一緒にパンティも引き下ろしました。
義母「本当に怒るわよ!そんな所まで・・・いけないわ」
私「お義母さん!凄く綺麗ですよ・・・俺!このマンコ見たかったんです」
義母「汚いから・・・もう終わりにして・・・」
私は舌を這わせ、吸い付いていました。
義母「本当に!もう終わりにして・・・」
私「でも濡れていますよ・・・」
義母「だって・・・分かったわ・・・また今度」
私「今度って・・・必ずですよ」
義母「うん・・・でも絶対内緒だからね」
私は義母にパンティを穿かない様にお願いし、軽トラに乗り込んだんです。
軽トラで田んぼに向かう途中も何度も義母の足を弄り、義母は顔を赤らめていました。
義父は何も知らずコンバインで稲刈りを続けていたんですが、その傍で、私は義母のレギンス姿を堪能していたんです。
前にも書きましたが、レギンスは生地が薄くなり、しゃがんだ時には更に生地が伸び、マンコが浮き上がるんです。
義母もハラハラしているのか義父の姿を気にしていました。
義母は私に見られている事に興奮しているんでしょう。
レギンスのアソコはテカテカとエッチな汁が溢れていました。
軽トラに乗り込む度に義母のアソコを触り、家でも何度も義母の体を・・・。
そして唇を奪いました。
義母はハァハァと息を荒らし興奮していました。
ブラのホックを外し、義母にノーブラ・ノーパン姿で働かせることにしたんです。
ダブダブのシャツでは分かりませんが、身体にくっ付いた時、乳首が起っているのですぐに分かります。
義母「こんな格好で・・・お父さんにバレたら大変よ」
私「バレない様にして下さい」
義母「そんな・・・」
田んぼに戻ると、義父がコンバインから降りて何かをしている様でした。
私「どうしたの?」
義父「ん~壊れちゃったようだ」
私「どうするの?」
義父「ちょっと、機械屋さんに行って来る」
そう言って義父は軽トラで街に向かったんです。
田んぼに残された私と義母。
私はチャンスとばかりに義母を林に連れ込んで、義母のシャツとレギンスを脱がせたんです。
全裸に長靴姿の義母は、両手で胸とアソコを隠していました。
義母の手を取り唇を奪うと、指をマンコに向かわせました。
すっかり濡れたマンコは、太腿まで垂れてヌルヌルテカテカしていました。
義母「そんなに弄らないで・・・」
私「お義母さん、凄い感じ方だね。エッチなのかな?」
義母「恥ずかしい事言わないで・・・」
私「お義父さんに可愛がってもらっているのかな?いつした?」
義母「もう随分していないわ・・・もう年だし・・・」
私「そうなんだ!こんなにエッチなお義母さんを放っておくなんて・・・俺が満足させてあげる」
義母「お願い、今日だけにして・・・」
私「ん~お義母さんから求めて来るんじゃない・・・」
義母「そんな事ありません!」
私は義母のマンコを指で掻き混ぜ、親指でクリトリスを刺激した。
義母も唇を噛み閉め、必死に声を出さないようにしていたが、ハァハァと息が荒れ始め、やがて「あぁぁぁ~ん~」と漏れ出していました。
私もズボンを脱ぎ、怒り狂った肉棒を出すと、義母は俺の肉棒を見てハッとした表情を浮かべたんです。
私「お義母さん!お義父さんとどっちが大きい?」
義母「そんなの分からないわ・・・」
私「嘘だ!今、比較したんだよね!俺の方が大きいんだろ」
義母「・・・」
巨乳に吸い付き、乳首を舌で舐め回すと、「あっ・・・」と声が漏れ、マンコの指を大きく出し入れさせると義母は観念したのか私のチンポを握り始めたんです。
義母の手の動きは上手で、義父に教え込まれたのか妻以上に優しく、そして感じる所を知り尽くした擦り方だったんです。
私「お義母さん上手だね!もうイキそうだよ」
義母「そんな変な事言わないで・・・」
私「若い頃はお義父さんに仕込まれたのかな?お口で綺麗にしてくれるかい?」
義母「口だなんて・・・出来ないわ」
そう言う義母の顔をチンポに寄せると、義母は黙って咥え込んだんです。
義母のフェラチオは格別で、舌使いは抜群でした。
ペチャペチャといやらしい音を立て、義母はチンポに食らい付いていました。
そろそろ限界も近づいた私は、義母を木にしがみ付かせ、バックからマンコに入れたんです。
義母もさすがに大きな声を出し、「あぁぁぁ~久しぶりの感触・・・気持ちいいわ」と喘いでいました。
長年、義父に使い込まれた穴ですが、締りも良くチンポを包みこむ様に締め付けて来ます。
林の中に響く様にパンパンと音を立て、私は義母を責めたてました。
手を前に回し、クリトリスを指で刺激すると義母は、「駄目!そこ弄られると変になっちゃう」と声を荒げ、腰を振り出したんです。
クリを責めながら乳首を弄った瞬間、「イク~」と母が小声で囁き、やがて下半身がブルブルと震え義母から力が抜けていました。
私「お義母さん、イッたのかい?こんな所でイッちゃうなんて・・・淫乱なんだね」
義母「ハァハァ、そんな事言わないで・・・」
私「そう言っても、マンコがヒクヒクしながら俺のチンポに絡みついて来るんだけど・・・」
義母「そう言われても・・・」
私「もっとして欲しいんだろ!気持ち良かったんでしょ!」
腰を動かすと義母は必死に木にしがみ付き、2度目の絶頂を迎えていました。
私「お義母さん!イクよ。俺もイキそうだ・・・」
義母「駄目!中に出さないで・・・」
私「駄目だよ!もうイキそうだから・・・お義母さんの中に出してあげる。
うっ」
私は義母のマンコの中に大量に精液を放出させました。
抜かれた穴からは白い液がお尻の割れ目に沿って流れ、義母はその場にしゃがみ込んだんです。
義母の頭を押さえると、私は精液のベッタリ付いたチンポを口に押し込んだんです。
義母はもう抵抗する事も無く、綺麗に舌で舐めてくれました。
2人が林から出て行くと、遠くの方から義父の軽トラが戻って来るのが見えたんです。
そうして今年の稲刈りは無事に終わりました。
義母との関係は、その日で終わる筈も無く・・・。
今も義父と妻の目を盗んで続いています。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.