FC2ブログ

息子の嫁は元ヤリマンで今では俺のセフレ - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



息子の嫁は元ヤリマンで今では俺のセフレ

918-2-0808.jpg 

  息子の嫁と深い関係になっています。
嫁は2*才です。結婚前に連れて来た日から一目ぼれしてしまいました。
息子が結婚して一年位したころ仕事で3日間出張で留守にした時に深い関係になりました。途方は妻はいません。
息子がいない最初の日に息子もいないし食事を作るのも面倒だろうからと食事に誘いました。
私は頭で色々と計画を練っていたのです。
大人しい感じの嫁は意外にも結婚前は多数の男性と関係が有った事は調べて知っていました。
息子一人で満足できるはずがありません。
少し遠方の隣町まで食事に行き、結構いいムードにすることができました。
帰りに嫁にどこかで休んでいかないかと振ってみました。
直ぐにピンと来たはずですが嫁は「どこに」聞いてきました。
普通ならピンと来て直ぐに「いいです」とか言うはずです。
もう一度「休んで帰ろうか」と言うと黙っていました。
私はいけると感じました。
帰り道のひどく派手なラブホテルの明かりの方にハンドルをきりました。
嫁は黙って前を向いているだけです。

ホテルの門をくぐりました。当然OKということです。
駐車場に車を止めると嫁も降りて部屋に入りました。
嫁も最初からこうなるのではないかと思っていたようです。
嫁も久しぶりのラブホで興奮しているはずです。
エロちっくなホテルのベッドに服のまま押し倒すと唇を奪いました。嫁は舌を大胆にも入れてきました。
お互いに口を吸い合いながら嫁の下着の中に手を挿し込んで濃い陰毛の先の割れ目に指を宛がうと燃えるように熱くヌルリと粘膜の中に二本の指が入りました。
何と物凄い濡れようです。
陰部全体がベトベトになり私の手のひらの方までベトベトです。
狂ったように口を吸い合いながらヌチャヌチャと大きな音を部屋中に響かせながら陰部を責めるとそれに合わせて腰を使います。
「おとうさん逝く」と言うと痙攣しながら手を締め付け逝きました。手を抜くと手から湯気が出るほどになっています。
少し休むと私はズボンを下げて男根を出しました。嫁は起き上がると当然のように腿から金玉を吸い込んで玉を蕩かしてから竿に舌を這わせます。根っからセックスが好きなようです。
私はしゃぶらせながら下着を脱がせて夢にまで見た嫁のマンコを見ました。濃い陰毛と色づいた小陰唇がパックリと開き、クリトリスは長くて硬くしこって包皮から先を覗かせています。
もうドロドロになっています。
今日という日はもう無いかもしれないので朝まで責めてやろうと思っています。
しゃぶらせながら嫁に自慰をさせると恥ずかしさも忘れて音を立てながらチンポをしゃぶりながら慣れた指使いで自慰をして見せてくれました。
半裸の嫁を赤ちゃんがおしめを変える時の格好をさせると嫁に割れ目を開くように言いました。
嫁は両手の指で開いて膣口を見せた。
嫁の名前を呼びながら「入る所をみているんだぞ」と言うとはいと頷いた。亀頭を宛がうとゆっくりと根元まで刺し込んだ。
嫁が呻いた。膣の奥がヒクンヒクンと何度も男根を締め付ける。
それを味わうと男根を引き抜いた。ベトベトである。
又、根元まで刺し込んだ。ヒクヒクと痙攣する。
何度も抜いたり刺したりを繰り返す。
ソファに連れて行きW字に脚を開かせるとこれでもかと性器にムシャブリ付いてしゃぶりつくし、時々男根をねじこみまたしゃぶる。いつのまにか三時間ほど経っていた。
やっと風呂の湯を溜めると嫁の服を剥ぎ取り全てを鑑賞する。
乳房は大きいが少し垂れて卑猥だ。慎重は158位で均整はとれている。
風呂に入ると私の男根をしゃぶってくれる。当然のように仁王立ちでしゃぶらせると小◯を私の性器に賭けるように言うと少し嫌がった。
私は「わしにははずかしいなんか全く思う必要ないぞ、どんなことでもはずかしいなんか必要ないぞ」というと素直に洗い場に出て来た。
片足を湯船の渕にかけて性器を突き出すようにさせて男根から顔にも掛けるように言った。今日が初めての日なのにお互いに馬が合うようだ。
最小チョロチョロだったが直ぐにシャーと勢い良く出始めた。
見た目がAV女優のようだがその通りだと思いました。
狙いを定めて男根から顔まで結構長く掛けてくれました。
私も嫁に頭から顔そして全身に小◯を掛けた。
風呂の中でも色々な格好で性器を挿入して楽しみましたね。
またベッドに戻ると四つん這いにさせてアナルに舌を射し込みながら色々なことを聞いてやりました。何でもしゃべっていいよ。と言いながら二本指を膣に挿し込んで膣壁をリズミカルに抉る。
肛門がヒクヒクと息づいている。舌先でくじりながら関係した男のことやオナニーの秘密や近親との秘密まで聞いてやりました。結局ホテルから出たのは翌日の三時ごろでした。
精子も中出しをしましたが嫌がることはありませんでした。
そのまま又食事に2人で行き別の方角に行くと一時間位して昔良く行ったラブホテルにまた連れ込んだのです。
嫁は全く嫌がらないのです。私の女に成ったと思いました。
ドリンクを飲んでから嫁を素っ裸にして、もう遠慮はいりません。
嫁を紐でとんでもない格好に縛ると携帯カメラで撮りまくり自販機から性具を色々と買うと責めたくりました。
もしこれを知ったら息子に殺されます。
しかし、それからは月に二回は必ずホテルで楽しんでいます。
家では殆ど関係はしていません。
最高に楽しい人生です。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.