FC2ブログ

43才の美人チーフマネージャーをお持ち帰りして・・・ - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



43才の美人チーフマネージャーをお持ち帰りして・・・

1607-1034.jpg 

  先日の新入社員歓迎会で43才のチーフマネージャーをお持ち帰りしてしまった。
チーフマネージャーは43才でいまだ独身だが、顔、スタイルともにかなりのハイレベル。
ナチュラルメークだが皺もシミもないし、とても43才には見えない。
ただ性格がちょっとキツイので男が敬遠するタイプではある。
新入社員歓迎会の日、チーフマネージャーは屈むと胸の谷間がバッチリ見える白のワンピースだった。
俺としてはいつもの見慣れた光景だったが、新入社員の男どもは目のやり場に困っている姿が面白かった。
1次会はイタリアンでみんなで新入社員に自己紹介させたりしながら、チーフマネージャーはウンウン頷きながらしこたまワインを飲んでたので大丈夫かな?と思っていたが、最近うちの部署は業績がいいので上機嫌だった。
21時ごろイタリアンの店を出て終わりのはずだったが、そこから2次会のカラオケ屋に・・・。
チーフマネージャーはすでにかなり酔ってるし、眠そうだったが、なぜか一緒に来てしまった。

そこで新入社員たちに歌わせている間もチーフマネージャーはカシスオレンジ5杯ぐらい飲んでて、本当に酔っ払っていた。
23時半過ぎにようやくカラオケもお開きになり新入社員歓迎会が終わった。
ちょうど店を出たときに酔いが回り、チーフマネージャーを支えていたので、周りから
「先輩、チーフマネージャーお願いします」
と言い残して各々みな帰って行ってしまった。
まぁ、仕方ないと思い、チーフマネージャーに
「タクシー乗りますよ。チーフの家まで送りますけど・・・」
と言ってもまったく返事がない。
しょうがないのでとりあえずタクシーに乗せ、まずは俺のマンションヘ連れて帰った。
タクシーに乗ってる間も全体重を俺の肩にもたれかけて寝ている。
正直、かなり重い。
それでも15分ほどで俺のマンションに到着。
手足をダラ~ンと伸びきって、俺に身を預けているチーフマネージャー。
それでもなんとかチーフマネージャーを抱えて部屋まで連れて行った。
ソファに寝かせるとおもむろに起きだしてワンピースが皺になるから後ろのジッパーを下ろせと言われたので、途中引っかかりながらも、慣れない手つきで下まで下ろしてあげた。
すると自分からスルっとワンピースを脱いで、あろうことか器用に背中に手を回してブラのホックを外してパンティ1枚でソファに倒れ込むように横になってしまった。
床には脱ぎたてのワンピーと白のブラジャー。
43才にしては張りがあり形のいいおっぱいが目の前にある。
乳首はツンと立っている。
パンティも白でレースのTバックだ。
この状況に俺は呆然と立ち尽くしていたが、チンポは即反応してフル勃起していた。
俺はチーフの体を揺すってみたが、無反応。
起きる気配はまったくない。
これならイケルと思い、おっぱいを触ってみたがやはり無反応。
それならと乳首を舐めてみたが、またもや無反応。
さらにふとももを撫でながら、乳首をちょっと強めに吸ってみたがこれもまた無反応。
これなら何しても大丈夫だろうと思い、パンティの上からアソコを触ってみた。
なんだかちょっと湿ってる。
そこでもっと確かめたくなった俺はそっとパンティに手を掛け、片足ずつ足を持ち上げながら脱がすことに成功。
陰毛は薄く、きちんと手入れもしてあった。
さすがにもう我慢できなかった。
俺はアソコに顔を埋め舌を這わせ舐め回した。
そしてクリトリスを舌先で捏ねくり回すように舐め上げると、面白いようにマン汁が溢れ出てきた。
それでも目を覚まさないマネージャーに俺はスラックスとパンツを脱いでフル勃起したチンポをあてがった。
そしてパンパンに膨張した亀頭を挿入したとき、
「うぅぅ~ん、えっ?何?ちょっと…何?」
とマネージャーがいきなり目を開けて、下から俺を見た。
ヤバイと思った俺はそのままいっきに根元までチンポを差し込んだ。
「あぁ~ん」
と悩ましい声を上げたマネージャーだったが、すぐに状況を把握し、
「何してるの?ちょっと…やめて、やめなさい」
と言いながら、俺を押し退けようとしたが、酔っているせいなのか力は弱かったので、俺はそのままおかまいなしに奥まで突いてやった。
俺は口から出任せで、
「マネージャーが誘ったんじゃないですか!?」
と言うと、マネージャーは一瞬驚いた顔をしたが、今まで俺を押し退けようとしていた手が体に巻きついてきて、もう“やめて”という言葉を言わなくなっていた。
それどころかチンポを出し入れするたびにマネージャーは声を上げ、自ら腰をくねらせてチンポを奥まで受け入れていた。
そしてマネージャーが
「イクーぅ」
と言葉を発し体をブルンっと痙攣させた。
俺もそのあとすぐに射精感が押し寄せてきたので、ピストンを早めそのまま中出しでイッたが、マネージャーは何も言わなかった。
その後もぐったりしているマネージャーをベッドに運んでから、まだ勃起状態のチンポを挿入してもう1回中出ししてやった。
この日以来、仕事でもプライベートでもマネージャーを利用してうまくやってます。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.