FC2ブログ

黒人のアレが嫌だったが挿入されると快楽に - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



黒人のアレが嫌だったが挿入されると快楽に

5053-10060.jpg 

   彼が仕事で知り合った黒人と交尾した。彼の命令で、彼の目の前で・・。黒人のアレは、想像していたよりもずっと黒くて長くて太く、こんなに大きなモノが私の口や膣に入りきるとは思えなくて、泣きながら交尾を許してもらおうとお願いしました。でも、聞き入れてくれるはずもありませんでした。
 いきなりフェラさせられたけど、特有の臭いがありえづいてしまい、鼻をつままれたままさせられたけど、アレが長すぎて根本まで口に入りませんでした。
私が、暴れて嫌がるのでその後すぐに四つん這いで挿入されてしまいましたが、子宮口に当たってもまだ入りきらないほど長くて、しかも恐ろしいほど太いのです。

 子宮口をこすりあげられる感じたことのない快感で、喘ぎとも悲鳴とも言えないような鳴き声をあげ、腰を振ってしまいました。
暴れて嫌がっていたのに、腰を振り二度もおねだりする始末。3回分の精液がとどまることなくあふれても私は欲しがっていました。
私が、泣きながらされるのを見ようとしていた彼は怒り狂いました。黒人を帰してから、私は彼に裸で髪を捕まれて部屋中を引きずり回されました。
「あのざまはなんだ!」初めてあったばかりの男に犯されているのに、気持ちよくなって自分から何度も欲しがったことを彼は許しませんでした。
SMとは違う暴力に近いかたちで、お乳を叩いたり噛んだり、お尻を叩いたり、アソコに3本もの指をつっこむように出し入れしたり、お尻の穴を揉まれたり・・
 でも、黒人の大きなモノでかき回された私は、快感にしびれて彼のいたぶりにも麻痺して苦痛も感じませんでした。
この男を失ってもいいから、あの黒人との交尾が欲しい・・力強く、パワフルな交尾・・どうしても忘れられないんです。
あの、真っ黒にいきり立ったもので、私をメスとして扱ってもらいたい、ずっとずっと。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.