(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

オレのセフレは母乳の出る淫乱美人妻

サイキ

人妻セフレができそうです。
先々週の平日の昼間にパチスロに行ったときのことです。
ちょっと、イイ感じの女性がいました。
薬指に指輪があり、人妻かぁ・・・と思いました。

こんな若くて綺麗な人妻が一人でパチスロとはねぇ。
俺が隣に座ったら彼女が当たりになったんだけど、
目押しが下手で困った様子でした。

俺が教えてやったら、徐々に俺のことを頼りにしてきたのです。
俺も調子に乗って、彼女の髪の匂いを嗅ぎまくって、
顔を寄せて教えてやりました。
すごくいい匂いでした。
興奮しちゃうような・・・フェロモンなのかな。

そうしているうちに当たり台にもかかわらず、

「子供が幼稚園から帰ってくるんで帰らなきゃ」

と帰ろうとするのです。
あまりにもいい女なんで、
俺も一緒に店を出て思いきって言いました。

「今度また教えますよ」

って言って見事ケータイの番号交換に成功したのです。

奥様は25歳で、幼稚園の娘がいるということでした。
夫は公務員で平日の昼間は暇しているとのこと。

火曜日にパチスロを教えてやったら、
運良く当たり連発でプラス3万。

「今度お礼がしたい」

と言ってきたんで

「じゃあ飯でもおごってください。」

と謙虚に言いました。
本当なら、一発ヤラせてくださいって言いたかったけどね。

翌日に昼飯をいっしょにしたんだけど、
彼女はいつもジーンズなのに、その日はミニの白色のワンピースを着てきたのです。

これはいけると思って誘ったら、何とOK、即ホテル
彼女、意外と軽い女なんだ。

部屋に入るなり後ろから抱きしめた。

「ああん。シャワー浴びさせて」

舌っ足らずの甘い声。
すごく興奮させてくれる。

すかさず唇を奪いました。
そしたら彼女から積極的に舌を絡ませてきました。
そのままベッドに直行です。

「シャワー浴びてからにしてぇ」

無視しスカートをまくりあげ、いきなりマングリ返しにしてみる。
真っ白なシルクのパンティが湿ってました。

匂いをかいでやると・・・

「だめぇ。そんなこと。恥ずかしい。許してぇ」
「でも奥さん。イイ匂いだよ。」
「こんなことする人じゃないと思ったのに。ずるい人ねぇ」

彼女は必死で脚を閉じようとするんだけど、
パンティを脱がせた後、また思いっきり脚を広げさせてマングリ返し攻撃。

顔に似合わず尻の穴までの剛毛でビックリです。
淫乱人妻なんですね。

それから指と舌で美人人妻の秘部を責めまくり。
そしたら案の定 大洪水です。
匂いも無く、飲みまくってやりました。

さんざん下の方を堪能した後、上半身を脱がせました。
Cカップの美乳で、乳首をつまむと白い汁がしみ出してきました。
これって、母乳ですよね。
もう吸いまくりです。

「お尻の穴舐めてイイ?」
「ダメ、ダメ、絶対ダメ。ダメ。ダメ」
「じゃあ、フェラお願いね」
「すごい・・・主人のより太いわ」

吸い付きしゃぶりついてきました。
人妻のテクでいきそうになったんで、我慢できずバックで挿入です。
それから騎乗位、正常位と楽しんだ後、駅弁で突きまくり。
普通は怖がるんだけど・・・

「一度やってみたかったの。え・き・べ・ん! 気持ちいい。おっきいぃよぉ!」

いきそうになったんで彼女をベットに放り投げ、
思いきり脚を広げさせ正常位でフィニッシュ。

これからもよろしくで別れたんだけど、ホントこれから楽しみです。

人妻の不倫に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報