FC2ブログ

継母を孕ませたが親父は知らずに子育て - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



継母を孕ませたが親父は知らずに子育て

918-2-0781.jpg 

 中◯生の時に実母が病死し高校生になったある日、親父が職場の部下を連れてきて、
今度、この人と再婚することになったからと言ってきた、親父が48で相手は33だった
母の病歴は長かったので、恐らく母が生きていた頃から親父と付き合って居たと思う
母よりも10以上も若く、顔だちも結構自分好みだったので、たちまち打ち解けたが、
高校生の自分は、すぐに継母を性の対象にみるようになり、風呂やトイレを覗いたり、
洗濯機に入った継母の下着でオナニーするようになっていった
そして、親父が会社での出世を賭けた新工場立ち上げで、長期の単身赴任をしていた時、
継母を襲ってとうとう肉体関係を結んでしまった、
継母は最初は逃げたけど、

 何度も犯しているうち諦めたのか、自分とのセックスを受け入れるようになり、
やがて自分のチンポで継母をイカせられるようになった時、俺の女に変わっていた
その頃には中出しも拒否せず、親父が帰った日の前後は、自分から出してと要求した
親父が単身赴任から戻る頃、大学生となっていた俺は毎晩のように継母と褥を共にし、
親父が戻ってからも、時間がある昼間に継母を抱いていたが、やがて継母は妊娠した
親父ともやっていたので、どっちのタネかは明らかで無いが、回数と注入量は俺の圧勝
ま、産まれた子供はどっちのタネでも俺らの家族には違いないので、大切に育てている
無論、親父はまだ俺らのことを知らず、完全に嫁と子供は自分のモノだと思ってるが
大学卒業後、就職して職場結婚したが、同時に週に1~2回継母ともまだやってる
今は別居しているが親父が老けてきたので、親父達が住む実家を2世帯住宅に立て替え、
親父達と一緒に住む計画を立てている、親父はプロジェクトの成功で会社の役員になり、
70近くでまだ働いてるし、妻も同じ職場で働いてるので、経済的には3馬力で十分だし、
継母と同じ屋根の下に居れば、それだけやれるチャンスも多くなるという目論見だ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.