FC2ブログ

処女いただき、彼女の妹とエロ話をしてたら挿れちゃった - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



処女いただき、彼女の妹とエロ話をしてたら挿れちゃった

 img2-2036.jpg 

 俺は大3です
俺には付き合って5年になる彼女がいて久しぶりに彼女の家に遊びに行きました
呼び鈴を鳴らし中から出てきたのは彼女の妹のマーちゃんだった
「やぁお姉さんは?」
「あぁリョウ兄さん久しぶり3年ぶりかな?」
「そうだね」
「今お姉ちゃんは出かけてるよ 今は私一人だけ」
「今帰ってきたの 制服だけど」
「前に帰ってたけど くつろいでいただけ」
「そうか じゃあまた出直してくるな」
「良いよ 入って暇だったからなんか話そうよ」
「うん わかった」 
 
俺は家の中に入れてもらった
「私着替えてくるから 待ってて」
マーちゃんは2階に走って行った
20分ぐらいしてようやく降りてきた

「長かったね」
「うん ちょっとね」
「いや~大きくなったね」
「まぁね~」
「女の子らしくもなって」
「元々女の子らしかったでしょ」
「ははは・・・悪い悪い」
と雑談を始めた
「ところで今何年生だった?」
「高1だよ」
「そうか~彼氏とかできたの?」
「まだ募集中」
「へ~結構可愛いのにな~」
「作るとしたら お姉ちゃんよりかっこいい彼氏作るの」
「お姉ちゃんよりって俺の事か?」
「うん そうだよ」
「そんなはっきり言うなよ」
といろんな話をした
学校の話や恋の話など
そして「なぁマーちゃんの胸大きいね」
「そう そんなとこ見ないでよ」
とエロい話などもした
「触らせてよ」
「お姉ちゃんのを触ったら?」
「もう触ったことあるから比べてみるんだよ」
「もしかして お姉ちゃんとセックスしたことあるの?」
「さぁ~マーちゃんが知らなくてもいいよそんなこと」
「その顔あるんでしょ」
「良いな~」
「やってみたいの?」
「興味はあるかな」
「じゃあやってみようよ」
「え~~リョウ兄さんと」
「俺とじゃダメ?」
「そんなことないけどお姉ちゃんに怒られるよ」
「大丈夫だって」
俺はマーちゃんを押し倒した
そして服の上から胸を揉みだした
「柔らかいね」
「そう?」
「服捲っていい?」
「・・・・うん」
俺はマーちゃんの服をめくった
かわいいピンクのブラが見えた
俺はそのブラも上にずらし胸を直接揉んだ
右の胸を揉みながら左の胸を舐めた
俺は右の乳首をつまんだり左の乳首を舌で転がしたりした
しばらく続け「次下行こうか?」
俺はマーちゃんのスカートとパンツを同時に脱がした
「かわいいマンコだね」
「も~意地悪」
「毛まだ生えてないんだね」
俺はマーちゃんのマンコを指で弄って濡らした
「ほら 濡れてきたよ」
「あぁ~~~~~」
「そろそろ入れるよ」
俺はズボンとパンツを脱ぎ捨てた
そしてマーちゃんのマンコに挿入しようとしたら手で拒まれた
「ちょっと そんなことしたらお姉ちゃんに怒られるよ」
「大丈夫ばれなければいいから」
「う~ん 分かった」
そして俺はマーちゃんに挿入した
「痛い?」
「痛くはないけど」
「痛かったら言ってね」
俺はゆっくり腰を振りピストン運動をした
「いた いた いた」
「痛いの?」
「痛いけど我慢するから」
「我慢できなかったら言ってな」
「うん」
俺はさらに激しさを増した
「ああああああ」
「気持ちいいでしょ」
「うん」
「出るよ」
「中に出したらお姉ちゃんにばれるよ」
「それもそうだな」
俺はマーちゃんから抜き顔に持ってきた
そしてマーちゃんの顔にぶっかけた
「あぁ気持ちよかった」
「マーちゃんティッシュで顔拭きな」
「うん」
そして後片付けをして服を整えた
「もちろんわかってるな」
「わかってるよ お姉ちゃんには言わないから」
「ごめんな マーちゃんの初体験がお姉さんの彼氏で」
「リョウ兄さんでよかったよ」
「それどういう意味?」
「秘密」
「あっそう」
そしてしばらくして彼女が帰ってきた

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.