FC2ブログ

義父に貫かれ愛される私の運命 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



義父に貫かれ愛される私の運命

123-1257.jpg 

 6歳の娘と義父と3人の生活です。
主人が長い出張で、義父には生活の面倒も
見て貰っています。義父もお酒が好きなので、
たまにはと、先日私も娘が寝た後で、
夕食に付き合っていました。
私もお酒が好きで、つい調子に乗って
だいぶ飲んでいたみたいです。
私が赤い顔で酔いが回って、
義父にもたれかかったようです。
気が付くと義父に唇を奪われていました。

 いけないと思いましたけれど、
お酒の酔いもあり、つい義父の求めに応じて、
舌を絡めていました。
義父は私のおっぱいを揉み、
やさしく執拗に唇を合わせ、
うなじや首筋にも舌を這わせてきました。
お上手です。桃子!感じてしまいました。
キスをしながらパジャマの上を脱がされます。
ブラジャーはしてません。おっぱいを揉まれ、
乳首がいじられされています。
ズボンも脱がされ、ショーツの上からオマタもいじられました。
あれれ、じかに手を入れて、
ヘアーとかあそこいじります。
困っちゃいました。
 しかもキスされたままです。
「もう、どうにかして!」と言うほど濡れちゃいました。
義父は、私の手を取って、自分の股間に!。
いつの間に義父も全裸でした。
私の手が、義父の熱くて、
固くなった勃起に押し付けられ、
義父の手で上から握らされました。
恥ずかしいですけど、勃起を思わず握っていました。
義父は私が濡れているのを確かめると、
体を合わせてきました。義父のそれが入ってき時、
たぶんはしたない声をあげたと思います。
次の日から、娘が寝た後で、
義父の固くなったものを、
お口でしゃぶらされる様になりました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.