FC2ブログ

近親相姦、美人の姉にセックスを英才教育され女子高生を喰いまくった - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、美人の姉にセックスを英才教育され女子高生を喰いまくった

0523-10970.jpg 

  中1の夏。
風呂から上がって自室で全裸でくつろいでいると
美人の姉が部屋に入ってきた。
姉がベッドに仰向けに横になるように言って
自分の股間からショーツを抜き取るとまたがってきた。
姉が何をしようとしているのかピンと来たとたん陰茎が勃起した。
姉はそっと陰茎を手に取り膣口に押し当ててするりと膣内に挿入した。
姉が軽く腰を一振りすると
尿意とは違う熱い感覚がこみ上げて我慢できなくなり
生まれて始めての射精をした。腰が割れるように痛かった。
優しい姉は後始末をするとキスをして部屋を出て行った。
童貞卒業は実にあっけなく終わった。

その晩から姉は毎日性交してくれた。
射精が段々しっかりして程なくそれが快感に変わった。
性交の持続時間も延びて一晩に数回射精できるようになった。
ある晩姉が全裸になってベットに横たわり犯してみるようにといわれた。
キスのはじめ方から一通りの前戯を姉の指示するままにこなし
いよいよ陰茎挿入となった。
姉は膣に指を入れて膣口と膣道の方向を確認する様に言った。
イメージがつかめたので生まれて初めて女性を犯した。
その晩から姉を犯すセックススタイルになり
姉は少しずつ性技を教えてくれた。
中◯3年間で姉から性技を徹底的に仕込まれ
余裕を持って冷静に性交ができるようになった。
姉は女性の服の脱がせ方から性感開発法まで教えてくれた。
中◯を卒業するとき美人の同級生から告白された。
彼女を自宅に連れ込むと姉が教えてくれた通り
衣服の上からたっぷり愛撫してやった。
前戯が十分効いた様子になったので彼女のひざ小僧からゆっくり
太ももを愛撫しながらキスをしながらスカートの中に手を入れた。
ショーツの上から十分に女性器を攻撃してショーツを剥ぎ取ると
ベッドに押し倒しズボンから陰茎を取り出しコンドームをつけて
抵抗する彼女の処女を刺し貫いた。
後始末をしてショーツをはかせると彼女は泣きながら帰っていった。
生まれて初めて姉以外の女性を犯した。
夜に姉に報告すると喜んでほめてくれた。
それが大きな自信になった。第一志望の高校に進学した。
学校は2つの女子高にはさまれていた。
親がイケメンに産んでくれたのと処女は恥ずかしいと言う風潮のおかげで
高校3年間はひたすら処女達を犯し続けた。
処女を相手にするとき困った問題が2つあった。
1つは十分前戯をしても指を膣に入れられない場合が多く
具体的に膣の様子を探れない点だ。女性器は人によって千差万別。
陰茎をぶっつけ本番で挿入しなければならなかった。
もう1つは処女は女性器のお手入れをあまりしていないので淫臭が強い点だ。
でも処女は恥ずかしがって性器を舐めさせてくれない場合が殆どなので
こちらはさして問題にはならなかった。
処女たちを犯し続けていくうちにどうすれば彼女達に負担が軽く
気持ちよい印象を与えられるかを姉の助けを借りて研究した。
女子高生達とは処女を貰ったらさよならをしていたが
中には美人で優しく性格の良い女性も混じっていて彼女達とは
恋人みたいな深い関係になり性交を繰り返し
性感開発をして性快楽で逃げられないように縛った。
沢山の処女と性交しても得る物は少ないが
特定の女性と性交を重ねると確実に性技は向上する。
毎晩姉にその日の性交を報告し姉から奥深い性の世界を教えてもらった。
だが姉との性交が一番だった。
姉は必要十分なコンドームを買い与えてくれた。
おかげで妊娠事故は一度も起こした事はない。
大学も良い学校に進学した。
女子大との繋がりの深い複数のサークルに入り処女を奪い続けた。
女子大生のお相手は女子高生たちに比べて
将来の結婚を考えてくるので難しかった。
大学に進学しても女子高生の処女に手を出す事が多かった。
学生時代に400人以上の処女を貰った。
その中で姉に良く似た才色兼備で上品で優しい性格の女性に出会った。
うぶな陰毛の生え方まで似ている。
生まれて初めて恋をして彼女を恋人にして
性快楽を教えセックス漬けにして捕まえた。
良い女を捕まえるのに性技はとても大切だ。
処女だった彼女にとっても初恋だったそうだ。
彼女は結婚するまで処女を守る貞操感があったので
処女を頂くのは苦労した。プラネタリウムや博物館でまじめなデートを重ね
信頼を得たあと日曜日の昼間大きな公園の森深くに連れ込んだ。
地面にシートを敷いて座りディープキスをしながら
服の上からたっぷりと愛撫をした。
彼女の背後に回りファスナーを下げて陰茎を取り出し
コンドームを取り付けると彼女を押し倒した。
抵抗する彼女のショーツだけ抜き取り
彼女の股間を腰で割って一気にズブリと処女を刺し貫いた。
彼女は悲鳴を上げたが無視した。
初体験が青姦&レ◯プになったがお互いに忘れられなくなった。
5日ほどして彼女から連絡があった。
2回目の性交は恥ずかしがる彼女を全裸にして全身を舐める前戯に力を入れ
陰核から開発をはじめた。膣への陰茎挿入はまだおまけだった。
羞恥心の強い彼女の調教は大変だったがその分実りは大きかった。
適齢期の社会人になった現在は結婚をひかえるフィアンセの関係になった。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.