FC2ブログ

孫娘をよがらせるじいちゃん - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



孫娘をよがらせるじいちゃん

5051-0718.jpg 

  私には、妻と娘と息子がいる
娘が子を産み孫娘が出来た、
父親は孫が生まれて直ぐにわかれた、
  
孫は父親を知らない
保育園年長組になった頃
冬の寒い日に 私がパンツ一枚でコタツに入って
パソコンをして居ると
孫がコタツの中に潜り込んできて中で遊んでいた
その内 私の足の間から顔を出して 
私を見上げ 手でチンポを握り触りだした
一緒にお風呂に入った時 見る事は有っても
触りに来たことは無い、 
私も 変な気持ちになり ムクムクと半立ちになった
孫は ビックリしたのかコタツの奥に潜り込んだ
家族は誰も居ず
私も頭をコタツの中に入れて孫を捕まえ

スカートを捲りパンツを脱がしてマンコを舐めてやった
しばらく舐めていると
狭いし 息苦しくて孫の足を引っ張って下半身コタツから出して
また舐めると、
段々大きく股を開いてきて 小さなマメが出て来た
そのマメを舐めたり吸ったりして居ると
股で私の頭を挟んで痙攣したあと だらりと力が抜けた
6歳の子でも逝くのだと初めて知った、
それから家族の目を盗んでは 
自ら私の前でバンツを下ろして求めて来るようになった
小4の夏休みに 田舎の墓掃除に連れて行き
船の中で逝かせた時はヨガリ声を 抑えるのに苦労した
それから毎年夏休みには田舎に行った
小6の夏はフェリーが港を離れると直ぐ私の腕に腕を絡め
乳房を擦り付けて来て挑発する
人目が有るので知らぬ振りして居るとあきらめた、
レストランでバイキングの夕食を済ませ
孫は船内のお風呂に行った
私はビールを飲んで部屋に帰った
孫も直ぐに帰って来て デッキに行こうと手を引く
後ろのデッキに行くと
腕を回し乳房を擦り付けて来る 人目の届きにくい隅のベンチに座った、
孫が私にモタレかかり 私の手をワンピースの中に誘った
中に下着は無くすぐに触れた
まだ指を中に入れるのは怖がるので人差し指の腹で入り口や周りを
摩り 親指と人差し指で
マメを摘まみ揚げると 一層強く腕にしがみ付いて来る
孫の顔を挙げ唇を求めると
口を開け 求めに応え 舌を絡めて来る
此処では人目が気になる船室に帰り二段ベットの上に二人で入り
脚を開かせオメコを舐め上げた
孫も我慢出来ないのかスグに あっあっあぁ~ん と声を出す
口を押さえて吸い上げて舌でマメを転がしたりしていると身体を硬直させて逝ってしまった、
朝7時に港に着いた 乳首を吸って起した、
田舎の家に行くには早過ぎなので 道路脇に車を停めて乳房を揉んで 乳首を吸っていたら 孫がパンツを脱いで
私の首に手を回し 股を大きく開き 擦り付けて来た
時間は有るので 時間をかけて優しく舐め上げた
孫も昨夜は他が気になり我慢していたらしく 此処では
うん う~ん あん あぁ~ん じいちゃんじいちゃんと 声を荒げわて
逝った、
家に着いて孫を降ろし 親戚周りをして次の日に墓掃除をして
その次の日に孫を連れて墓参りをした
帰りに 昔通った事のある山道に車を入れて昼でも暗い細道で
ライトを点けて進め 少し明るくなった所で車を止めて
孫を抱き寄せた 
孫は直ぐに下着を脱ぎ後部座席に行きワンピースも
脱いで全裸になってじいちゃ~んはやく~と誘って来る椅子を倒し
後ろのシートに移って 全身を舐め回し マメを吸い上げ
逝く手前で止めそれを三度繰り返したら
じいちゃんだめ~えと言って抱き付いて来た
キスから首筋乳から脇の下背中から横腹お臍からマンコお尻まで
舐めマメを吸い上げ びらびらを舐め鼻で豆を擦ると
エビの様に反り返りピクピク痙攣して激しく逝った
私も我慢汁でべたべた で 
ズボンを脱いで下半身裸で孫の脚を揃えて上から抱いて
縦筋に添ってギンギンに勃ったチンポを擦った
しばらく擦ったら射精感が高まり股を開いてマンコの上に大量に射精した

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.