(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

混浴温泉で妻はしばらく失神したままで腰を痙攣させていました。

サイキ

408-10441.jpg 

  私は健二(35歳)、妻は智美(32歳)、結婚10周年の記念に、
妻と二人、恋人時代のようにイチャイチャしてSEXもいっぱい楽しむために、九州の混浴温泉旅行に行きました。
ホテルの部屋に着くと私たちは夕食前に露天風呂を楽しもうと決めていましたので、二人とも衣服や下着を脱いで素っ裸になり浴衣に着替えて露天風呂に向かいました。
露天風呂には全裸で入ると夫婦で決めていたので、
僕は脱衣所で浴衣を脱ぎ、素っ裸でタオルも持たないで風呂に入っていきました。
風呂には1組のカップルの先客がいました。
40代くらいの熟年カップルが入っています。
私が素っ裸で入っていくと女性の視線が私のチンポに向けられました。
平常時のチンポは長さが11㎝あり、太さも4㎝くらいですが、
このときは部屋で着替える時に、妻がちょっかいをしてフェラをしてくれたので、チンポは半勃ち状態だったから長さが20㎝、
太さが6㎝くらいの大きさになってダラリと垂れさがっていました。
私は隠さずに堂々としてました。
しばらくすると妻が入ってきました。
妻ももちろん全裸です。
先客の男性の視線が妻に向けられました。
妻の智美は私が言うのも何ですが、藤原紀香似のスレンダー美人で、
凹凸のはっきりしたグラマーな身体です。
子供が2人いるけど体形は崩れておらず
きれいです。
体を露出するのが好きらしく、いつも大胆で超ミニのスカートや短パンを穿き、いつもノーブラで胸の開きが大きいタンクトップで良く外出します。
基本、家で夫婦だけの時は二人とも全裸でいます。
90㎝Fカップのプリプリの豊満な乳房にピンクの乳首はキュンと勃起していて、下半身の陰毛(ビキニラインの手入れをしていて申し訳程度しかない)を晒して堂々としています。
妻は先客がいることに少し驚き
「私たちだけじゃなかったの。」
と小声で言いました。
「そうだよ。先に入っておられた。」
「恥ずかしいわ!私、タオルもなくて素っ裸よ」
「良いじゃないか。僕だって素っ裸だよ。大丈夫だよ。少しくらい刺激あっていいよ。さあ、入って。」
と言うと、妻は乳房と下半身にかけ湯をしてお湯に入ってきました。
お湯が濁っていることもあり、妻の豊満な乳房の谷間は見えますが、裸身のほとんどはあまり見えません。
ただ、湯船から出る時はどうしても全裸の後ろ姿が見えてしまいます。
さらに湯船からは見上げる姿になるので、後姿でもお尻の割れ目から熟れたオマンコがハッキリ見えることもあります。
妻は平気みたいですが、私自身がハラハラしてしまいます。
他人に自分の妻の美しい裸身と、さらに熟れたオマンコのおまけ付で見せるのも、大サービスで結構興奮するものです。
この前に行った混浴では男性はもとより女性までも羨望の視線を向けました。
妻は湯の中で私のチンポを握り、しごきながら、「あそこの熟年カップルって夫婦なんでしょうか。キスしながら男性が女性の身体を触っているわ。
湯気であまりよく見えないけど私たちみたいに何かしてるわね。」
私も湯の中で智美のオマンコをいじりながら、「そうだね。でも、女性は俺が言うのも何だけど君のほうがセクシーだよ。
智美の綺麗な身体を見せつけてやりたいな。」
「うふふ、馬鹿ね。あっ、ダメ、そんなふうに弄られると感じちゃうよ~。」
「俺はのぼせてきたから湯から出るよ。君ものぼせるよ。」
と言って私は立ち上がり縁の岩に腰掛けました。
私のチンポは完全状態でビンビンに勃起して天を向いてました。
妻も立ち上がり全裸のままで私の横にきました。
「凄い!大きくなってビンビンじゃない。」
と言ってチンポを握り嬉しそうな声を出しました。
「部屋での続きをしようか。しゃぶってくれよ。」
「見られてるじゃない。恥ずかしいわ。」
「今日は夫婦じゃなくカップルだよ。見せつけてやろうよ。」
「そうなの。智美、うれしい。ホントはね、お口にこれを入れたかったの。」
と言ってチンポを握り竿を舐めあげ、亀頭や雁を舐め回します。
そして玉袋を手で揉みながらチンポを根元まで口の中に入れてジュボジュボと音を立ててフェラをします。
私は妻のオッパイの硬く勃った乳首を左手でつまみながら、
右手でオマンコの硬く尖ったクリを弄ってやります。
「あぁ~、はぁ~ぁ、かんじる~ぅ、クリもオッパイも感じるぅ~」
と口の中からチンポを出して喘ぎ声を出します。
先客のカップルにも私たちの淫らな行為が見えたでしょうし、妻の喘ぎ声が聞こえたでしょう。
「良君のビンビンになってるこれ、智美欲しくなってきたぁ~」
智美はチンポを握りしごきながら言います。
智美のオマンコは小さなビラビラ陰唇が開き、
膣穴はヒクヒクして中のピンクの肉襞が蠢いているのが見えます。
親指でクリを弄りながら人差し指と中指の2本を膣穴に入れて、
膣の上側のGスポットの肉襞を擦ってやると
「ああぁ~、あっ、あんっ、そこ、そこ、そこが気持ちいいよぉ~、智美おかしくなちゃうよ~、うぅ~、あぁ~、」
膣穴からはグチョグチョという音がして淫液が溢れ出します。
智美は我を忘れて膣やクリの刺激に溺れ大きな喘ぎ声を出して身悶えます。
智美は立ち上がり恥じらいもなく風呂の縁に手をついて足を開いてお尻を突出し、淫液がグショグショに溢れ出てパクパクしているオマンコを見せながら、「おチンチン入れてぇ~、欲しいの、おチンチン欲しいのぉ~」
と言います。
私が立ち上がり妻のお尻の谷間からオマンコやクリにチンポの先の亀頭を擦りつけてやると
「あうっ、あぁ~あっ、あっ!焦らさないで入れて、智美の中にいれてぇ~」
と喘ぎます。
淫液でヌルヌルになった膣穴に、チンポの亀頭だけを入れては出すというのを繰り返すと、
 
「いやぁ~、焦らさないで!全部ちょうだい!奥まで入れてぇ~、おチンチンをおくまでいれてぇ~」
私は腰を前に突き出すと、膣穴の入口に入っている亀頭が膣を拡げるようにズボズボと入りました。
半分くらい入ると亀頭が子宮の入口にあたったのでぐっと押し出してやると、
亀頭が子宮の中に入ります。
さらに深く入れると子宮の壁に当たります。
「いやぁ~、奥に入っておチンチンが当たるぅ~、いっぱい入ってるぅ~」と淫らな大声をあげます。
私は、わざとゆっくり腰を動かします。
「これがいいのぉぉぉぉー!このおっきいのがいいーーーーー!」
「あああああー!いいっ!気持ちいい~~~!おっきい~!凄いぃぃぃぃ~!
智美のオマンコにでっかいおチンチンが挿入ってるのぉぉぉ~!」
私がゆっくりと引くと、膣穴の中の肉襞や子宮の入口がチンポを締め付けてきて、入るときはざわざわとうごめきます。
「智美嬉しいだろう。 おまえのいやらしいオマンコがグチャグチャ音をたてながら、いっぱいスケベ汁を出してる。 そんなにいいのか?」
「ああいいわ! すごく感じる、どうしょう、いい! ああいい! 
貴方、智美いきそう、貴方も一諸にいって。 どうしょう ああぁいく~~~~ぅ!いっちゃう~~~~!」
と1回目の絶頂をむかえ失神しました。
私はまだだったので、智美の膣穴からチンポを一度抜いて、智美を洗い場に寝かせ仰向けにし、
今度は足を大きく開かせました。
陰唇が捲れあがり膣穴がパックリあいて中のピンクの肉襞がヒクヒクしています。
再びオマンコにチンポを挿入し、智美のお尻を両手で持ち上げてピストンをします。
パン、パン、パンと突くたびに音がします。
妻は意識を取り戻して
「ああ!ああぁ~~~~! またいく!いく! いくぅ~~~~!貴方ぁ~~もっともっと突いてぇ~~~!
奥まで来てるぅ~~~! ああだめ!だめ!智美がこわれるぅ~!」
と断末魔の喘ぎ声を出して腰を激しく痙攣させて2度目の絶頂を迎えて逝きました。
それでも私はまだなので、更に激しく腰を前後させてパンパンパン
とピストンをすると、
チンポを締め付ける智美のオマンコの肉襞や子宮の入口が亀頭を擦るように蠢き、快感に我慢出来なくなってきました。
チンポの根元がドクドクしてきて精液が噴き上がるような感じがしてきます。
いつもより早く射精の限界が来たので下腹に力を入れて射精感を制御します。
腰を大きくグラインドしてチンポを膣の入口まで出し、
子宮の中の壁に当たるまで深く突くというピストンをすると
「ああ! いいわぁ? 貴方、硬いのが子宮にごつごつ当たるわ。
 ああ! たまらない! すごくいいの。 何でこんなにいいの? どうしょう! 貴方まだ?
 智美はまたいきそう! お願い! 一諸にいって! ウグゥッ! いきそう!」
と顎を突き出し、仰け反り、必死に腰を上げ下げしていた。
「智美。 俺もたまらない。 チンポ締めろ。何度もイカしてやる!」
「そうだ!気持ちいいぞぅ~~~! いくぞ!」と腰を突き上げると、
「いい! オマンコがいいの! 智美もうだめ! 
貴方早く来て! ああ! いくいくいくう?」と顔を左右に振って絶頂を迎え、智美は大きくあえぎ腰を痙攣させて果てた。
「俺はまだまだ!」
と言ってさらに激しくパンパン、パンパンと智美のオマンコを突いてやる。
「智美、どうだ?気持ちいいか。」
「どうしよう。私が変になる~~~~ぅ!壊れる~~~ぅ!死んじゃう!死んじゃう!死んじゃうよ~~~!ひぃ~~~!ああ~~~!ウッ!」
と白目を剥いて失神した。
それでもかまわずにピストンしてやると智美は言葉にはならない大きな淫声を張り上げて叫びました。
「もうやめて~~~ぇ!智美はもぉ~~~!ひぃ~~~!またいくよ~~~!
いく!いく!いくぅ~~~!いやぁ~~~!
本当にどうにかなちゃうょ~~~!もうチンポで殺してぇ~~~~!うぐぅ~~~~!ひぃぃ~~~!」
と叫んで逝きっぱなしの状態に入り、激しく腰を突き上げ痙攣して白目を剥いたままで意識を浮遊させた。
智美の膣の肉襞や子宮は、チンポを締付けたり吸
い込むような動きをして射精を促してくる。
ようやく私もチンポの根元が再びドクンドクンとしてきて睾丸から精液が噴き上がってくるので
「俺ももういくぞ~~~!」
「きてぇ!きてぇ~~~~!中にいっぱい出してぇ~~~~!ああぁぁ~~~!
いく!いく!いく!いっちゃう~~~~!一緒にぃ~~~ぃ!うぅぅ~~~!
いやあ~~~ぁ!い!い!いぐぅ~~~!」
智美のイクのを聞きながら、同時に子宮の奥にドビュ、ドビュっといっぱい射精した。
私たちのセックスが終わってみると熟年カップルもセックスの真っ最中で女の喘ぎ声がしていた。
私は体が冷えたので湯につかった。
妻はしばらく失神したままで腰を痙攣させていた。
その後、妻は気が戻ったがまだまだトロンとして微睡んでいた
が、体が冷えてきたので湯の中に入ってきた。
二人で温まっているときも熟年カップルはまだまだセックスが続いているようで、女性の大きな喘ぎ声が聞こえていた。
「あなた、あの人たちも愛し合ってるの。見てみたい。」
「そうみたいだね。君ほどではないけど向こうの女性の喘ぎ声が聞こえる。
僕たちは見られても良いけどあちらはどうかな。そっとしておいてあげよう。そろそろあがろうか。」
「はい。私もクタクタだから。」
二人して風呂場から出る時、向こうの女性の
「いく、いく、いくぅ~、いちゃう~~!」
という絶頂の喘ぎ声が聞こえた。
智美は
、「あちらさんも満足したみたいね。」
と言ってウィンクした。
脱衣所で私たちは素っ裸に浴衣を羽織って部屋に戻りました。
部屋に戻る途中、智美は「
オマンコから流れ出してきてる。」
と何度か立ち止まってオマンコをタオルで拭いていた。

熟女の性生活に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報