FC2ブログ

彼女は部活のマネージャーで、浮気してパイパン淫乱女だった - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



彼女は部活のマネージャーで、浮気してパイパン淫乱女だった

123-1915.jpg 

  ちょっとマジで信じがたい話を投下しちゃってイイでしょうか。
今でもあり得ないと思ってるし、夢見てたんじゃないかって思ってるんですが。
それじゃ遠慮無くいきます。
俺には高2の時から付き合ってた彼女がいました。
彼女はバスケ部のマネージャーで、俺なんかが付き合えるレベルじゃないぐらいモテてた。
美女と野獣とまではいかないにしても、まぁ~そんなレベルだと思う。
いつも髪を結わいてたけど、解くと井川遥に似てる。
当然先輩達からも告白されるほどだったし、実は処女だって知ってガクブルだった。
俺も童貞だったから、初めての時はかなりキツかった。
3年になる前の春休みに初エッチしました。
じゃもうちょい細かく書いておきます。
163cmで普通体型、脱ぐとちょいムチな体型で抱き心地が良い。
もっと大きく見えたけど、確か胸はDカップだったかな。
性格はサバサバしてて強気な面もあるが、ホントはMっ気が強いらしい。
らしいってのは最近知った事だから。しかも他人によって。
名前はハルカって事にしておきましょう。

高校時代はお互いに暇を見つけては、ウチか彼女宅でエッチしてた。
今思い出しても子供のエッチだったなぁ~と思います。
キスして互いに舐め合って、ゴムつけて腰を振るってだけ。
だからハルカをイカせるどころか、本気で感じさせてたかさえも不明。
つーか演技だったんだろうなって思う。
そんな俺達も無事大学に進学し、同じ都内だけど違う学校に通い出した。
俺は相変わらずバイトもせずタラタラと過ごしてたけど、ハルカは居酒屋のバイトを始めた。
初めてのバイトで楽しいと週4とかで働いてて、俺はもっぱら親のスネかじり。
週末はバイトがあるからと平日に会って、ウチやラブホでエッチしてた。
まぁ高校時代と大きく変わるわけでもなく、いたってノーマルなエッチだったが。
大学に行き始めて新しい友達も数人できた。
その中で1番気が合ったのがシンジっていうヤツ。
パッと見はフツメンなんだけど、三枚目の性格で女ウケもイイ男。
男に対してもイイやつだったから、仲良くなって飲みに行ったりするようになってた。
一緒にスロット行ったりして、勝った方がゴチったり、負けた時はチビチビ宅呑みしたり。
モテるヤツなので合コンの誘いもたくさんあったけど、やっぱり経験数が少ない俺は場に馴染めず・・・・数回行ったが迷惑かけるので行かなくなってた。
シンジは「気にすんなよ」と誘ってはくれるが、他のメンツが迷惑そうにしてたもんで。
何がキッカケだったか、3年の頃にはシンジと自分の性癖を話すようになってた。
恥ずかしくて言えなかったけど、俺は本気で喘ぎまくってる姿を見るのが好き。
ハルカが本気で狂ってる姿を見た事が無かったからだと思う。
女が恥じらいを捨てて、自分の欲求のままに男を求めたり感じまくったりする姿です。
シンジは普段からは想像できないけどSっ気が強いらしく、イジめまくりたいと言ってた。
アナルも好きらしくて、アナルでイク女とヤリたいとかも言ってた。
「お前ならすぐ見つかるだろ」
「そうでもないんだよ、やっぱ根っからの好き者って少ないんだよ」
「好き者っていうかドMだろ?」
「アタシMなのぉ~とかいうけど、実はそんなたいした事無いヤツばっかりだし」
「そんなもんかぁ」
「だから今度は人妻でも狙おうかなって」
「出会い系とかで?」
「そうそう」
という感じでいつも似たような会話をしてた。
シンジは3年の夏に、突然独り暮らしを始めた。
聞いてみると、親戚のコネがあるらしく、そこに内定したらしい。
羨ましいヤツだと思いつつ、当然のようにその部屋が溜まり場に。
駅からちょっと離れた古いマンションだったけど、リフォームしてあって中は超綺麗。
間取りはなんて言うのかな、玄関入って細い廊下があって、左に小さなキッチン、右にユニットバス、突当りの扉を開けると6畳の洋間があり、その左側に8畳の洋間がある。
洋間の襖みたいなのはは取っ払ってて、一見10畳以上の広いワンルームっぽい。
リフォームしたからだと思うが、8畳間には壁一面のクローゼットがある。
その部屋で飲む事が多く、時には泊まっていく事も多かった。
でもシンジはモテるから、女もちょこちょこ連れ込むんです。
羨ましいな~といつも言ってたんですが、4年のある時面白い事を言ってきました。
「最近見つけた女でマジ超変態がいるんだよ」
「マジかよ!どんな女?」
「見た目は超可愛いんだけど、隠れドMちゃんでさ」
「合コンで見つけたのか?」
「そんな感じ。彼氏がいるからっていうんで初めはガード堅かったんだけどな」
「口説き落としたのか?彼氏がいるのに」
「全然余裕だったよ、しかもセフレでイイとか言ってるし」
「写メとか無いのか?あったら見せてくれよ」
「残念だけど無いんだわ、でも動画ならあるぜ?」
得意げに携帯を見せてくれたんだけど、どうにも画像が粗いし音が割れてる。
ローターでオナニーしてる箇所のアップしたムービーだった。
「顔が見えねーじゃん!」
「顔だけは嫌がるんだよ、だから映らないようなとこだけ」
「しかも声が割れまくっててウルセー感じだな」
「でも喘ぎまくりだろ?俺の命令で目の前でオナニーしてんだぜ」
「確かにヤバいな、この女、マジで可愛いのかよ」
「あぁーお前に見せてやりてーよ」
「つーか見せてくれよ」
その日はその女の話で盛り上がり、2人で変態プレーの話をしながら酒を飲んでた。
「頼むから見せてくれ!動画でも写メでもイイから」
何度も頼む俺に負けたのか、シンジはある提案をしてくれた。
「じゃーさ、お前が隠れててオナニーさせるのを見るってのはどうだ?」
「マジで?スゲーじゃん!それ!」
「そこのクローゼットなら隠れられるし、中から見えるだろ?」
中に入ってみると下向きに隙間が空いてて、上の方から見ればどうにかベッドが見える。
「ちょっとツラいだろ・・ここじゃ」
「そうか?それなら台とか乗ればOKじゃね?」
ジャンプを何冊も束ねてガムテで巻きまくり、それに乗ってみると良く見える。
酔っ払ってゲラゲラ笑いながら、高さ調整をして同じモノを4つ作って足場を確保した。
「中から撮影とか無理?」
シンジに言われたので、デジカメで撮影してみた。
「問題は女の位置だな。位置さえあえばバッチリじゃね?」
「マジウケるぅ~~」
2人でワクワクしながら大笑いした。
「女が来るぜ!」と言われたのは次の土曜日だった。
シンジと2人で部屋で待機していると、何も知らない女がやってきた。
事前にトイレも済ませてた俺は、一応ペットボトルとデジカメを持ってクローゼット入る。
俺が入ったのを確認したシンジが女を出迎えたみたい。
「ごめぇ~ん、遅くなっちゃったぁ」
「イイよイイよ、気にすんなよ。それよりノーパンで来たか?」
「もぉ~スースーして怖かったしぃ」
「もう濡れてんじゃね?見せてみろよ」
「やだぁーだめぇ~もぉ~」
音を気にして音楽をかけてるせいで、2人の声が若干聞こえる程度だった。
それでも女が甘える声になっていたのは分かったし、「はぁ~ん」という声も聞こえてた。
「今日の為に買っておいたんだよ」
「なにがぁ?また怪しいもんでしょ~」
「お前が好きそうなもんだよ、、、ほら」
「やだぁー!なにこれぇ~太くない?入るの?」
「もう入れる事考えてんのかよ、変態だな」
「だってぇ~~」
2人は普通のカップルのような会話をしてた。
会話の内容はエロかったけど、無防備過ぎる女の口調にもう俺は興奮してた。
一応クローゼットの中でシコるのは禁止と言われてたから、手を突っ込んでイジるだけ。
「これヤバいってぇ~」「お前ならアナルにコレ入れれるだろ」「ちょっとぉ!コレは無理ぃ~」と2人は遠くでイチャついてるように思えた。
早くしろよ、と願っていると、シンジが動き出した。
「どれ、スカート捲ってみな?濡れてるか確認してやるから」
「えぇ~~濡れてないよぉ」
「イイから立てって、どれどれ、ん?何だこれは?これで濡れてないのか?」
「今濡れたの!」
「本当は電車で興奮しまくってたんだろ?ん?どうだ?」
「だめぇんっ・・・・いやっんっ・・・あんっ・・・」
おぉ!始まったか?音楽がうるさくてハッキリ聞こえないけど、女が喘ぎ出してるらしい。
俺が気になってシンジは声をデカく出来なかったんだと思う。
聞き取れない箇所もあったけど、ノーパンで来た女を苛めてるみたい。
手マンが始まったのか、女が軽く喘ぎ出してるのが聞こえてきた。
「じゃー今日はまずこのオモチャから遣うか?」
「もうぉ?」
「何するんだよ?してもらい事あるのか?」
「うん・・・」
「なに?」
「キスしたい・・・」
「いつものオネダリは?」
「ケンイチ君、たくさんキスして下さい」
シンジは嘘の名前を教えてるらしく、思わずそこで笑いそうになった。
でも遠くでジュルジュル音が聞こえたり、女の「んぁんっ」みたいな声も聞こえてきてた。
どのくらいだったか、ちょっと長めのキスだったと思う。
途中「ケンイチ君、舌を下さい」とか言ってて、またもや笑いそうになってた。
2人のキスとかイチャイチャが続き、何気に立っているのが疲れ始めた時でした。
シンジの「オナニー見せろよ」という声が聞こえた。
「違うよ、それでだよ、そう」
「恥ずかしいよぉ・・・」
「いつもしてんじゃん」
「えぇ~・・・でもさぁ~・・・」
「俺がガン見しててやるから」
「やだよぉ~恥ずかしいもん」
「しょうがねーな、最初だけ目隠ししてやるよ」
「うん…」
なんじゃそりゃ!って会話でした。
女も目隠ししたらオナニーできるんかい!とツッコミたくなった。
しかもこっちは頑張って隠れて撮影しようとしてるのに、顔が見れないのかよ!って。
でもしょーがないからとりあえず始めてくれって思った。
シンジも同じ気分だったんだと思う。
諦めたように目隠しをさせ、ベッドに連れてきた。
女は横向いてるし目隠しが髪の中だから全く分かんない。
よりによってバンダナでヤルなよ・・と舌打ちしたくなった。
そうは思っていても、内心はドキドキ、興奮しっぱなし。
よく見えない所に立ってる女の洋服を、シンジが脱がせている。
それを覗く様に見ながら、デジカメを確認した。
やっと女が視界に現れ、思わず息を飲んだ。
ハルカに似たちょいムチの体で、胸も綺麗で最高に興奮する体型。
シンジの誘導でベッドに横になり、俺の方に向かって脚を広げてきた。
思わずデジカメでの撮影を忘れたほど興奮してた俺は、目の前のパイパンに目が釘付けに。
AV以外でパイパンの女なんて見た事すらない。
割れ目パックリのスジマンで、手には渡されたバイブが握られてる。
チラッとシンジがこっちを見てきたので我に帰り、デジカメで撮影を始めた。
生々しく始まった女のオナニー。
相変わらず近くにあったコンポから流れる音楽がうるさく、女の吐息も聞こえない。
でも確かに感じ始めて喘いでるっぽい顔をしてる。
音楽止めるか音を小さくしろよ~と思いつつ、目の前のオナニーに没頭した。
バイブのクリトリス用ベロでまずはクリトリスを刺激してる。
自らパックリ開いてあてがう姿に、俺は猛烈に興奮した。
シンジはカメラを気にしてか少し離れた場所にいて、あんまり喋らないようにしてる。
なのに女が「どこにいるの?」「何してるの?」と尋ねる。
「近くで見てるよ」「もうそんなに濡れてんのか」「彼氏に見せてやりて―な」と軽く言葉で苛め始めてた。
それに反応して女のオナニーが激しくなり、腰を浮かせてクネクネさせ始めた。
「早く入れちゃえよ、バイブ好きなんだろ?」
「んはい・・・」
「汁を付けて入れろよ、脚開いてよく見えるように」
「はぃ・・・」
最高だった。
ピンクの長い爪がバイブを握り、それが見る見るうちに挿入されていく。
女は次第に大きな声で喘ぎ始め、「見てる?見てるの?」とシンジを気にしまくってる。
シンジは明らかに俺を意識してる素振りで、女をなじりながらもっとヤレとけしかける。
それに女ものってきて、こう?と腰を浮かせてバイブを入れたまま腰をクネらせる。
パイパンマンコにバイブがゆっくり出し入れする様は、声にならないほど卑猥だった。
スイッチを入れたい、オネダリは?入れさせて下さい、なにを?バイブの・・・、ちゃんと言えよ?はい・・・オマンコに・・入ってるバイブの・・スイッチを入れさせて下さい・・・
スイッチが入りブィーンと音が鳴り始めたと同時に、女がデカい声で喘ぎ始めた。
ここからが圧巻だった。
初めはゆっくり出し入れしてたくせに、気が付けば激しく出し入れをし出している。
シンジに胸を掴まれたり乳首を引っ張られると、それに応じて声もデカくなる。
んやぁーっ!と変な声も出しまくってたが、出し入れする手はヤメない。
「自分で脚抱えてやれよ」
「はいぃっ・・・」
言われた通り両足を抱える様な姿勢になり、そのままバイブを出し入れしてた。
アナル丸出しでオナニーをする女を見て、ダメだと思いつつ俺も自分で触ってた。
「今度は四つん這いになれよ」
「はいっっ・・・」
四つん這いになって股の間から手を入れてバイブを出し入れする。
手を離しても抜けないらしく、勝手にバイブだけがブインブイン動いてるのは凄かった。
時々シンジがケツをパシッと叩く。
「はぁあんっっ」と女も反応する。
「もっと!激しくやれよ」とまた叩く。
「んぁいっっ」と出し入れが激しくなる。
シンジの命令でまた仰向けになり、脚を抱えてないけどカエルみたいに大股開き。
やっとここでシンジが動いて、女の目隠しを取ってくれた。
やっと顔が拝める・・この淫乱女の顔が見れる・・・
生唾を飲み込みながら凝視してた。
でもバンダナが取られて現れた顔をみて、血の気が音を立てて引いていく様な気がした。
どう見ても間違いようのない顔。
バイブオナニーしてたのは、どう見ても彼女のハルカでした。
嘘だろ、嘘だろ、と何度も思いました。
興奮してて分からなかったけど、よく見てみると体はハルカそのもの。
でもパイパンは初めて見た。
クラクラしてそのまま打っ倒れるかと思いました。
でも目を離す事ができず、ハルカがシンジを見上げてるのを見ていた。
「お願い・・チョウダイ・・」
「何を?」
「オチンチン・・・」
「なんで?」
「舐めたいの・・おっきなオチンチン舐めたいのっ・・」
「まだ我慢しろよ、変態女だな」
「言わないで、だって我慢できないんだもん」
「彼氏がいるくせに他の男のチンコが欲しいのかよ」
「欲しいの、おっきくて硬いオチンチン・・欲しいの・・・」
まるで夢でも見てるようでした。
あのハルカがこんな淫語を連発するなんて。
俺とのエッチからは信じられなかったし、こんな姿のハルカを見て興奮もしてた。
どういえば良いのか分からないけど、打っ倒れそうな感じなのに、目の前の事から目が離せない、しかもそれを見て信じられないほど興奮してる。
ハルカは「欲しいの」と言いながら、やらしい顔をしてシンジを見上げてる。
どうやら俺が見てるからチンコを出したくないらしい。
「オナニーでイッたらしゃぶらせてやるよ」
「だめぇ・・オモチャじゃイキたくない・・・」
「大丈夫だよ、その後もっと気持ち良くしてやるから」
「えぇ・・・そんなぁ・・・」
「やらないなら俺もうあっちに行くぞ」
「ダメダメっ・・・ここにいて下さい・・・」
ハルカはシンジを見上げながら、モノ欲しそうな顔をしてました。
でも手はバイブを離さず、同じスピードで出し入れを繰り返してる。
シンジの言葉攻めで興奮してるらしく、見つめながら激しく出し入れをし出した。
もうそこからは言葉にさえならない光景。
腰を浮かせてクネらせながら、ズボズボ激しく出し入れを繰り返す。
自分で乳首を摘まんで引っ張ったりしながら、ずっとシンジを見つめてる。
「もうイキそうですっ」
「イクのか?」
「はいぃっ・・・もうイッちゃいますぅ・・・」
「じゃいつものオネダリは?」
「あぁぁっ・・・ヤヨイのオマンコ・・・やらしいオマンコ・・・イッてもイイですかっっ?」
「しょーがねーなー、思いっ切りイケよ、ほら・・」
「はいっっ!!イクッ!イッちゃうっっ!!んくぅぅぅっっ・・・!」
もう言葉じゃ書けないほど、何言ってるか分からないぐらい喘ぎまくりでした。
しかもハルカはお姉ちゃんの名前を使ってたみたい。
ショックだったのは、終始シンジを見つめながらイッてた事実。
もうこの顔を見て、全て終わりだなって悟りました。
茫然としたまま壁に寄り掛かっていました。
シンジはハルカを風呂に入れ、俺に今がチャンスだぞ!と合図をしてきた。
2人が風呂に入ったのを音で確認し、俺は荷物を持って静かに出ていきました。
マンションを出た俺は、気が付いたら家に帰ってました。
途中の記憶が飛んでしまっていて、ハッ!と思った時はベッドで寝てました。
その日の夜、シンジからメールがありました。
「どうよ?ちゃんと撮影できたか?」と。
話そうか迷いましたが、結局言えずに「最高だったよ!」と送っておいた。
寝る前にハルカから、やっとバイトが終わったよ!とメールがきた。
嘘つけ・・・と愚痴りながら、お疲れ~おやすみ~と返した。
なんつーか、物事があり得ない事だらけだったので、どうして良いのかすら分からない。
ホントにあれはハルカだったのか?今日のは夢だったんじゃ?と現実逃避もしてた。
だけど撮影した動画を見ると、やっぱり映っているのはハルカ本人。
次の日は「風邪ひいた」と学校を休んだ。
シンジにどんな顔で会えば良いのか分からなかったから。
事情を知らないシンジは、俺が帰ってからの報告を事細かくしてくれた。
あれから風呂でしゃぶらせて、軽く入れてからベッドに移動。
バイブでオナらせながらしゃぶらせ、手マンで潮ふき、アナルに小指入れ、生挿入して騎乗位で勝手に腰を振らせ、最後は口内射精&精子飲み&お掃除。
夕飯をノーブラ&ノーパンで食べに行って、帰ってきてから即エッチ開始。
終電ギリギリまでヤッてて、慌てて帰っていったらしい。
なんだかあんなに酷い光景を目の当たりにすると、落ち込むよりもどうでも良くなるみたい。
時々入ってたチャットで相談したら、みんな「別れちゃえよ」と言ってた。
しかも「どうせなら飽きるまでヤリまくってから別れちゃえ」と。
他に女作ってもイイだろうし、セフレ感覚でヤッてればイイじゃんと言われた。
そうだよな、もう気にしないで体だけ頂けばイイよなって思った。
別れたくないとか裏切られたっていうより、ホントどうでも良くなったんだと思う。
だからその数日後に会ってホテルに行った時は、いつもつけるゴムもつけずに、シンジがやってたようにケツを引っ叩いたり乳首を引っ張ったりした。
「いつもと違う」とハルカは言って、明らかに以前とは違った表情だった。
会うたびに今までの様な大切にする気持ちにはなれず、ただヤルだけっていう気持ちでヤッた。
でも今更だけど、かなり後悔してる事がある。
本当は書きたくなかったけど、ついでだから書いておきます。
実は生で入れるようになってからは、ハルカの反応が格段に良くなってました。
以前よりも本気で喘ぐようになってたし、モノ欲しそうな表情もするようになってたし。
シンジからの報告で、俺と会ってない日にシンジともヤリまくってたらしい。
パイパンにしてるのを聞いてみたら、手入れしてたら失敗して・・・とかいってたっけかな。
そのままの方がイイよといつもパイパンにさせてて、ホント最悪な事なんだけど、実は内緒で中出しもしてました。
全部出してるわけじゃなくて、初めの2ドクぐらいを中で出して、残りは外にって。
無理やり顔に持って行って口に出したりもしてたけど、毎回少し中に出してた。
やっちゃいけない俺なりの復讐でした。
シンジとも生でしてるようだし、もうお前の自業自得だろって。
半年以上も毎回少し中出しするエッチをしてたけど、幸いな事に妊娠はしなかった。
今思うのは、それだけは本当に良かったと思う。
生まれてくる子供には全く関係無い事だもん。
でもあの時は冷静になれなくて、思うがまま中にだしちゃってたんだよなぁ。
最後は呆気無いもんでした。
シンジが「もうあの女飽きたからいる?」と言われたんです。
「俺はイイよ」と断り、その日のうちに「別れたい」ってメールしました。
「なんで?いきなり何言ってんの?」とスグに電話が掛ってきましたが、もうお前に飽きちゃってさ・・とか言ってやりました。
そしたら今まで聞いた事の無い怒鳴り声でブチ切られ、罵声を浴びせられました。
最後まで2人には真実を話さなかったけど、ハルカには言ってやりました。
「お前みたいな淫乱変態女とは付き合っていく気がしない」って。
すげー怒鳴られたけど、プチッと切ってやりました。
次の日学校でシンジに会うと「あの女彼氏と別れたとか言い出してさ」と言ってきた。
「付き合ってくれとか言うから超ウザいじゃん?だから俺もいらないって言ってやったよ」
「そしたらシネ!とか言われちゃった」と大笑いしてた。
「これ見る?」とシンジに写メを見せられた。
ハルカが四つん這いになって、アナルとアソコにバイブが入ってる写メ。
ここまでしてたのかよと絶句だったが、マンコ用バイブが入るようになってたらしい。
「いる?」と言われて「いや・・・」と苦笑いして断っておいた。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.