FC2ブログ

旅行中に義母と酔った勢いで深夜の風呂場でセックス - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



旅行中に義母と酔った勢いで深夜の風呂場でセックス

123-2580.jpg 

  先月のゴールデンウイーク、嫁の両親と旅行に出かけた。夜嫁の両親の部屋で飲んでいると、嫁が子どもを寝かしつけてそのまま寝てしまい、その次にお義父さんが酔いつぶれてしまい、結局うちらの部屋でお義母さんと飲みなおした。日付が変わる頃、お義母さんが寝る前に風呂に入ると言ってうちらの部屋の風呂に入り、俺は先に寝てと言われたがそのまま1人で飲み続けていた。
  
最初はお義母さんも酔っているので、ちゃんと風呂からあがってくるか心配だったから起きていたのだが、そのうちお義母さんのシャワーの音になんだかムラムラし、裸になって風呂に入っていった。小心者のため、普段なら絶対そんなことはできないが、酔って気が大きくなっていたからか、もし嫌がられたら酔っていたと言い訳すればいいかと思ってしまった。
風呂に入っていくとお義母さんも酔っているので「あら、どうしたの?」と特に驚くわけでもなかったので「俺も寝る前にシャワー浴びたかったんだけど、あがるの待ってたら寝ちゃいそうだったんで」と言うと「ごめんなさいね、急いで上がるから」と言いながらも俺の一物をチラチラ見ているのがわかった。
「この際2人でゆっくり入りましょうよ」と言うと、だんだんお義母さんも正気に戻ったのか、急に裸を手で隠し始め「私先に上がるからごゆっくり」と浴室を急いで出ようとしたので、抱きついてキスをすると「何するの」と怒っている感じの押し殺した声だった。

内心ヤバい怒られる!とも思ったが、急に後には引けず、そのまま胸を揉むとお義母さんは嫌がっていたが、少し混乱しているようでそのままマンコに手をのばすと「やめて、何?どうしたの?」と必死に俺から離れようとしていたが、結局力で勝てず諦めて無言でされるがままになった。
そのうち喘ぎ声が小さく出てきてだんだん感じてきたようだったので、四つん這いになってと言うと素直に従い、バックから突くと「ダメ、ダメなのに」と言いながらもおとなしくなり、イキそうになった俺はそのままお義母さんの中に出した。
義母さんは顔をあげて息を切らしながら中に出されたのを感じると「中は…中はダメ…」と言ったが既に遅く、出し終えて抜くとそのままお義母さんはマンコから垂れ流しながら動けずにいた。
さすがに俺も反射的に「ごめんなさい、つい…大丈夫ですか?」と聞くと「大丈夫とかじゃなくて、何したかわかってるの?母親をレ◯プするようなことして…」とシャワーでマンコを流しながら静かに叱責された。
確かにお義母さんの言葉はもっともで、酔いに任せてほぼレ◯プに近い形で中だしまでしてしまった罪悪感から何も言えずにいると「もうこのことは忘れましょう。お互い酔っていたから仕方ないわ」と言って先に浴室を出て行ってしまった。
そのまま一人浴室で後悔に浸りながら風呂に入りあがると、お義母さんはすでに浴衣を着て布団で寝てしまっていたので、お義母さんに「さっきは…本当にすいませんでした…」と言うと返事がなかった。
次の日起きてみんなで朝食を食べているとお義父さんが「うちら早くに寝ちゃったけど、母さんたちは何時まで飲んでたんだ?」とお義母さんに聞くと、お義母さんは「あの後ちょっと飲み直して、二人ともすぐに寝てしまったわ」と何事も無かったように接してくれたのがせめてもの救いだった。
刺激的な出来事だったが、今は何とかしてもう一度お義母さんを抱けないかと密かに思っている。 

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.