FC2ブログ

好きだった同窓生のセックスに落胆した墓場まで持っていく秘密 - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



好きだった同窓生のセックスに落胆した墓場まで持っていく秘密

img2-1845.jpg 

  結婚16年、41歳の主婦です。主人は46歳です。 
私は小柄なネコ顔が可愛いと言われて結構もてました。
人並みよりは恋愛経験は多いのかなと思います。
それでもずっと逝く事を知らず、初めて私を逝かせてくれた主人と20代半ばで結婚しました。 
息子が小◯1年生になった時に赴任してきたクラス担任が、高校時代に憧れてた同級生でした。
懐かしい気持ちで見ていましたが、息子が6年生の時にPTAの役員になって急接近したら恋心が再燃してしまいました。 
「俺、高校のとき、淳子が好きだったんだ。本当だよ。」 と言われて、私も好きだった事を伝えて、いけないとは思いましたがホテルに入ってしまいました。 
彼とキスして、腰砕けになってしまいました。そして素肌に触れられ、乳房を揉まれ、アソコを舐められました。

アソコをじっと見ながら彼が言った、 「淳子ちゃん、旦那さんにいっぱい愛されてるね。
可愛い顔してるのに、アソコはエッチになったね。」 と言う言葉がとても恥ずかしくて顔を真っ赤にしていました。 
主人はセックス好きで、新婚時代は週10回はしていました。40過ぎても週3~4回は抱かれています。
だから、私のアソコはすっかり黒ずんでしまいました。
昔好きだった人に、綺麗な状態のアソコを見せたかったなと思ったら、羞恥でお汁がたくさん溢れてしまいました。 
彼は生のまま私の中に入ってきました。目を閉じて彼を感じました。
高校時代に抱かれている想像をして、一人で燃え上がっていました。彼の律動に体を揺さぶられて駆け巡る快感に身を任せていたら、下半身に熱いものを感じました。 
え?熱いものって・・・ええっ!まさか、彼、中に出した?? 「ご、ごめん。淳子ちゃんが可愛くて、我慢できなかったんだ。まずいかな。」
 万が一を考えて、間もなく生理が近いときを選んで抱かれましたが、完全な安全日にはまだ2~3日ありました。
 
 私を逝かせるどころか、挿入から10分と経たないで中に出されるなんて思いませんでしたからショックでした。 
 
 昔好きだった人に幻滅した私は、強烈な後悔と贖罪に包まれながら、彼とはあまり言葉も交わすことなくホテルを後にしました。
 
 主人のセックスが、いかに愛情に満ち溢れて素晴らしい快感を与えてくれていたか知りました。
 
 私を逝かせるために背中を汗まみれにして頑張る46歳の主人に申し訳が無くて、涙が頬を伝いました。 
 
 幸い妊娠はしませんでしたが、私は結婚してから膣内に主人のモノ以外を受け入れた事がなかったのに、子宮に主人以外の精液まで注がれた事は一生隠し通し、墓場まで持っていくつもりです。 
 
 結婚前の恋愛も話すつもりはありませんが、3年前のこの出来事は絶対に墓場まで持っていかねばなりません。 
 皆さんも、墓場まで持っていく秘密ってありますか?
 

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.