(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

1年かかって中2と小6の初めてのセックス1

サイキ

11236-0063.jpg  

  昔の話だけど書いてみる。
最初は俺が中一のときだった。
俺には二つ下に妹がいて、近所に妹と同い年の女の子が住んでいた。
小さい頃から住んでたので幼なじみのようなもんだったけど、俺は近所の子とはあまり遊ばず、学校の友達ばかりと遊んでたのであまり顔をあわせることはなかった。
中一の夏休み、外から帰ってくると珍しいことに妹とその女の子(奈津子ちゃん)が家にいておしゃべりをしていた。
「めずらしいな~」
「おじゃましてます~」
そのうち三人で遊ぶことになった。
といってもファミコンさえない時代、実にくだらない遊びだった。
俺が審判となって、妹と奈津子ちゃんが腕立て伏せ対決をしてみる、とかそんな感じ。
体力では当然俺が上なので、二人が対決する形になったのだった。
仰向けに寝て、足を90度上げて何秒耐えられるか、なんていうのをやった。
よーい、どん。
競争じゃないけど、とりあえずそんな掛け声で。
そのとき、俺は気付いた。いや、見えてはいたけど認識したくなかったのか。
奈津子ちゃんの胸がけっこうふくらんでいたのだ。小5にしてBカップくらいあったかもしれない。妹もけっこう膨らんではきていたので、その年から俺は妹と一緒に風呂に入るのを禁止されていた。妹の膨らみ始めたおっぱいを見てた目でも、やはりけっこう大きい。
「もう、だめー」
妹の負け。
別に罰ゲームはなかったんだけど、負けず嫌いな妹は「もっとなんか別のしよ」と言ってきた。俺は思いついた。
「俺が10秒間くすぐるから、どのくらい耐えられるか勝負だ」
一人を俺がくすぐる。もう一人は時計係。
まずは妹から。妹とくすぐりあいなんてのは小さい頃からよくやっていたので、急所もよく知ってる。
「よーい、どん」
座っている妹の背後から覆いかぶさるようにしてわきの下から、わき腹。これで勝負あった。
「だめだめ、もうだめ~」
妹はわずか3秒でギブアップ。次は奈津子ちゃん。
「私、だいじょうぶかなぁ~」
奈津子ちゃんは大きな目を伏せ目がちにしてる。
「よーい、どん」
同じように背後から覆いかぶさりくすぐりはじめた。必死に耐えてるのか肩が小刻みに揺れる。ポニーテールにした髪からほのかに漂うシャンプーの匂いが俺の何かのスイッチを押した。
両手を前に回し、お腹のあたりをこしょこしょしてみた。奈津子ちゃんはまだ耐えている。そして、その手を上へ……。
気付いたら、俺は奈津子ちゃんのおっぱいをやさしくもみもみしてしまっていた。アレは十分に勃起していた。それを奈津子ちゃんの腰にこすりつけながら胸をもんだ。奈津子ちゃんはビクッとしたけど何も言わない。背後からなのでどんな表情をしているのかもわからない。
小5のおっぱいはまだ固く弾力があった。いい匂いがする。
「あーーー、兄ちゃん、なっちゃんのおっぱい揉んでる~~変態~~」
という妹の声で我に返った。
「ちょ、ちょっと当たっただけだって」
内心かなり焦ったが、話を無理やり変えるため判定に。
「なっちゃん10秒耐えたので勝ち~」
かなり後で聞いたんだが、負けるのが悔しかった妹は10秒どころか30秒も待っていたらしい。そのくらい俺はなっちゃんの胸をもみまくったことになる。なんか長いと思ったけど気のせいではなかった。
勝負が終わったあと、なっちゃんは真っ赤な顔をしていた。まともに俺のほうを向かない。俺もなんとなく気まずくなって「んじゃ、俺宿題するわ」と二階の自室へこもった。
こんなたわいもないことがはじまりだった。
数日後、遊びから帰ってくる途中、なっちゃんに呼び止められた。うちは袋小路の奥にあるので、必ずなっちゃんの家の前を通らないと家に帰れない。
「おにいちゃん、ちょっと……」
数日前、おっぱいを揉んでしまった女の子に呼び止められてビビった。
親に言いつけたのかもしれない。
「な、なに?」
「ん、ちょっとうち来て」
ものすごい緊張をしながらなっちゃんの家に入る。玄関までしか入ったことがなかったけど、上へ上がるよう促された。
「こっち…」
家には誰もいなかった。彼女は母子家庭でお母さんは夜の仕事もしていたので、あまり家にいないことを忘れていた。
「な、なに?」
「……このあいだ、おにいちゃん、私の……胸 さわったでしょ……」
「あ、当たったかなぁ」
この後に及んでしらばっくれてみる。
「ううん、ちゃんと揉んでた。理奈(妹のこと)ちゃんも見てた……」
「あ、ああ……ゴメンな、ちょっとな、なっちゃん、けっこうふくらんでたから、どんなかんじなのか知りたくなって……ほんと、ごめんな」
「ううん、ちがう」
「ん?」
「あの日からあのときのこと思い出すと、なんか変なの」
「変?」
「おにいちゃんに……さわられてたとき、なんか気持ちよかったの……、それで寝る前とか自分で揉んでみたんだけど、自分では気持ちよくならないの……。私の体、変なのかなあと思って」
ホッとした。別に親に言いつけたわけでもなければ、妹になにか言ったわけでもなかったらしい。それよりも、これ、つまりどういうことだろう……。
「んで、俺、どうすればいいの?」
鈍い俺はバカなことを聞いてしまった。その瞬間、奈津子ちゃんは顔を真っ赤して、「えっと…えっと…」と下を向いている。
「あのときみたいにして……」
頭に血が昇って蒸気が吹き出すってマンガがあるけど、アレみたいになった。
えと つまり 胸を 揉んでくれ と言ってるのか?
中一で当然童貞の俺だ。今のグラビアヌード程度でカチンカチンに勃起できるくらい100%童貞だ。それなのに、これはちょっと難易度ハードじゃあないか!!(ある意味ではベリーイージーとも言えるか)
「んと、なっちゃんのおっぱい 触ったらいいの……?」
なっちゃんはコクンとうなづいた。
俺はなっちゃんの背後に回り、手をなっちゃんの胸に当てた。アレはもうギンギンになっていた。
なっちゃんを女の子座りさせて、その後ろから俺が手を回す。あのときの胸の感触が手に伝わってきた。
夏なので薄着。まだ小5だったせいか、なっちゃんは十分に膨らんでいるにもかかわらず、ブラをしていなかった。
くすぐり対決のとき、なっちゃんはわきの下を防御するように両腕をぴったりと体のくっつけていたけど、今はわきの下から腕を回していた。
「じゃあ、いくよ……」
なっちゃんはコクンと無言でうなづいた。あの日と同じポニーテールが揺れる。
俺の両手にほどよい感触が伝わってくる……下から持ち上げるように感じで揉んでみた。
もみ もみ もみ もみ
数分くらい揉んでただろうか、なっちゃんはとくに何も言わない。後ろからなので表情もわからない。
「なっちゃん……どう?」
「ん……ちょっと気持ちいい……」
「そっか……ちょっとやり方変えてみようか」
「うん……」
今度は両手でおっぱいをぎゅっとつかむように揉んでみた。
「んあ」
なっちゃんが声を上げる。
「どうした?」
「ちょっと痛い……けど、気持ちいい……おにいちゃん」
「ご、ごめんな、もうちょっとゆるくしてみる…」
「うん……あぁぁ……んぁ……」
なっちゃんの腰には俺のギンギンのアレが当たっていて、それだけで気持ちいい。てか、このままだとやばい。これだけで出そうだ。自分の鼻息も強くなってくる。なっちゃんの息も深くなってきていた。
「これ、気持ちいいの? なっちゃん」
「……うん……気持ちいいの……」
「なあ、なっちゃん」
「……ん?」
「おっぱい見せて……」
なっちゃんのスペック
身長150センチくらい。色は少し黒いけど、健康的な日焼けという感じ。
おっぱいは小5にしては大きいBカップくらいだと思う。体は痩せてる。
髪は当然黒で肩から10センチくらい長い。顔は小さくて目がおっきい。
利発そうな美少女だと思う。
ついでに妹は色は白い。胸はなっちゃんよりは小さいけど、小5にしてはそこそこあるんじゃないだろうか。体は中肉中背。髪はおかっぱ。目は大きいほう。
小さい頃から喧嘩してた俺は認めたくないのだが、中◯に入ったとたん男に言い寄られていたくらいだから、まあかわいいほうだろう。
要するになっちゃんは「きれい系」で妹は「かわいい系」だった。
家でさんざん妹を見ているので、「きれい系」のなっちゃんが俺の手でおっぱいを揉まれて感じてる顔を見てみたいし、さっきから手のひらにつんつん当たっている「何か」を見てみたい……。
「おっぱい見せて……」
「え……」
「なっちゃんのおっぱい、見てみたい……」
「……見るだけね……」
「うん」
なっちゃんに向き合って座る。なっちゃんはノースリーブのすそを持って自分でたくし上げていった……。
下乳のふくらみが見えてきた。浅黒いと思っていた体はそれほどでもなく、妹より少し黒いくらい。うちは家系のせいか親戚中が色白なので、なっちゃんの肌が普通なんだと思う。
なっちゃんの息を呑む音が聞こえた。
「は……恥ずかしい……おにいちゃん……」
「あと、もうちょっとだから……」
俺の鷹のような目がなっちゃんのおっぱいを射抜いていた。
その視線を感じてたのだろうか……なっちゃんはぶるぶる震えながらたくし上げた。
!!
そこにはきれいなピンク色の乳首が見えていた。勃起している。
揉んでたときに手のひらでこねるような感じになっていたので、感じさせてしまったのかもしれない。まあ、そのときはそんなことに頭はまわっていなかったが。
乳首を見てしまった俺のリミッターが壊れた。
目の前のなっちゃんに覆いかぶさり、なっちゃんの……小5美少女の……の乳首に口をつけてしまったのだ。
「んやあ、おにいちゃん、だめぇ」
そんな声を無視して、なっちゃんのかわいいピンク色の乳首を舌でころがした。
すこし陥没気味になっていたそれはまたたくまに勃起した。乳首も勃起することをこのとき知ったが、次は唇でちゅうちゅう吸ってみる。
「おにいちゃん、だめぇぇ、やめてぇぇぇ」
俺の頭や背中をぼこぼこ殴るなっちゃんのか細い手首を両手でつかんで動きを封じ、俺はなっちゃんの乳首を吸い続けた。
なっちゃんは泣き声になっていた。でも、頭の中が鬼◯状態になっている俺はそのまま続けていた。舌でベロベロなめる。吸う。
もう抵抗する力を無くしたのか、なっちゃんの腕に力はなくなっていたので、両手でおっぱいを揉みながら乳首を吸った。
そのうちなっちゃんの様子が変わってきた。
「ひゃあんんんん……んぁぁぁぁ……あぅ……ううんん……おにい……ちゃあん……」
俺のギンギンのアレはなっちゃんの太ももに押し付けられていた。柔らかい太ももにアレをこすりつけながら、おっぱいをもみ、吸い続ける。
「んあ……あん……んあんぅぅぅ……おにいちゃあああんんんん……だめぇぇ」
小5にしてはものすごい色気のある言葉が、俺の頭に衝撃を与えた。
うっ
俺はスボンの中に射精してしまった。と同時に我に返った。
バッと起き上がり、とにかく謝った。
「ごめん、なっちゃん。こんなことするつもりじゃなかった。ほんと、ごめん」
上気した泣き顔のなっちゃんは寝転んだまま、胸をはだけたまま俺を見ていた。
膨らみ始めた胸は仰向けになっても崩れることなくきれいな円錐形だ。
俺の手の型が赤く残る、幼いおっぱい。まるでレ◯プされたあとのようだ。
スクッと起き上がったなっちゃんは、「誰にも絶対いわないで……」と言う。
当たり前だ。こんなこと知られたらここに住んでいられない。
「絶対に言わん。ごめんな。もうこんなこと絶対にしないから……」
「……それはやだ……」
「……へ?」
「たまに……たまにだったらいいよ……もうちょっとやさしくだったら……」
なっちゃんは顔を真っ赤にしながら、上目遣いで俺を見た。
------------------------------------------------------------
なっちゃんの家に俺は通うようになった。
毎日じゃなくて、月水金の3日間。午後4時半になっちゃんの家に行く。
うちの夕食が7時からだったのでその時間までに戻ればいい。
なっちゃんのお母さんは4時に家を出るので二人きりだ。
でも、さすがに正面玄関から頻繁に出入りしているところを近所の人に見られたら、噂がたつかもしれない。妹に見られたりしたら最悪だ。
俺はなっちゃん家の裏口から出入りすることにした。
理由を言うとなっちゃんも同意した。
二回目のとき。
「なっちゃんは、俺に……こんなことされていいの?」
「うん……気持ちいいんだもん……」
「いや、その、だったら俺じゃなくても……」
「……おにいちゃんは……私のこときらい?」
その言葉を聴いてなっちゃんを見た。(それまでは恥ずかしくてうつむいてた)
瞳いっぱいに涙のしずくをためたなっちゃん。
「いやいや、そんなことない、なっちゃんのコト好きだよ」
本当はこんなことをしてからものすごく意識しだすことになったのだけど。
だって、ずっと小さいころから……なっちゃんのコト見てたんだから、女として意識なんてできなかった。
でも、今のなっちゃんはもう……立派に……。
「わたし、はじめておにいちゃんに胸触られたとき……もう、おにいちゃんにお嫁さんにしてもらうしかないって思った……」
「え」
「でも、対決してるし一生懸命我慢してたら、おにいちゃんの手が熱くて、そしたら私の胸も熱くなって……心臓ドキドキして……頭がぼっーてなって……」
「おれ、なっちゃんのコト好きだ」
「私もおにいちゃんのこと、好き……」
「じゃあ、誓いのちゅーをしよう」
なっちゃんは顔を真っ赤にしてコクンとうなずいた。
妹が買ってた少女漫画のシーンを参考に、なっちゃんのアゴを指でちょんと上げて、息を思い切り吸い込んで……キスした。
二人にとってのファーストキス。順番がかなり違ってるけど。
キスしたあと、なっちゃんは俺に抱きついてきた。
「だいすき、だいすき」って言いながら。
それ以来、俺がなっちゃんの胸を触る前には必ず「誓いのキス」をするようになった。
最初は初めてのときのように服を着たまま、後ろからなっちゃんの胸を揉みしだく。
後ろから耳をペロペロなめるテクも身につけた。あれ以来、本屋でそれっぽい本を立ち読みして実際の知識を勉強していたのだ。
「おにいちゃん……もう……」
なっちゃんがそう言ったら、今度は服を脱がせる。桜色にそまったおっぱいを両手で揉みながら、ぴんぴんに勃起した乳首をたんねんに舌で転がしたり、唇ではさんでひっぱったりした。
「ひゃん……んんんん……んあ……あああんんん……おにい……ちやあん……気持ち……いい……」
ちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷ
俺が小5美少女の乳首を愛撫する音が響く。
「はぁん……んあ……んあん……ああんんんん……」
アレはギンギンだ。そしていつもズボンの中に射精。
ゆっくりゆっくりしていたのでそれでも一時間くらいはかけて俺となっちゃんの「遊び」は続いた。そう、いつからかかこの行為のことを二人の間では「遊び」と言うようになっていた。
半月後くらいか、なっちゃんの部屋へ行くと、なっちゃんはとても深刻そうな顔をしている。
「どうしたの?」
「おにいちゃん……あたし、コドモにもどっちゃった……」
「へ?」
小5が「コドモに戻った」っていうのも妙な話なんだが。
「どうしたの?」
「もうおにいちゃんと『遊び』できないよ……」
それは困る! なんとかして説得しなければ。
「ちゃんと教えて。どうしてそうなったの?」
30分くらい説得を続けてようやく聞け出せたのは。
「私、おねしょしちゃうの……」
「え」
「それもおにいちゃんと『遊んだ』あと、必ずおねしょしちゃってる……」
なんだ、そういうことか。
「なっちゃん、それはおねしょじゃないよ」
「ほんとに?」
「んと、俺となっちゃんが遊んで、なっちゃんはとても気持ちよくなってくるでしょ」
「……うん」
「そうすると、濡れちゃうんだよ」
「……それ、お◯っこじゃないの?」
「違うよ、お◯っこの匂いはしないはず。女の子はきもちよくなると、アソコが濡れるようになってるんだよ」
「ほんとにほんと?」
「うん。じゃあ、ちゃんと書いてある本を見せてあげるから、今から駅に行こう」
俺がセックスのことを知ったのは小6だった。知ったきっかけは……本だ。
エロ本の類じゃなく、百科事典。駅前の大きな本屋の5階、
あまり人のいないこのフロアに百科事典が置いてあり、
俺はそこで本を立ち読みしていた。
「第五巻 人体」
そう書かれた本の後ろのほうにあったのは。
「第八章 生殖器」
俺はこの章を読んでセックスというのを知ったのだった。
近所のタバコ屋で合流すると俺となっちゃんは駅前の本屋に向かった。
いつも俺が読んでいた事典を手にとる。
「ほら、ここ……」
難しい用語が並んでいたけど、要するに女の子の体にエッチなことをすると、アソコが濡れるということは、なっちゃんでもわかったようだ。
「ふぇぇぇぇん……よかった、もうおにいちゃんと遊べないと思ってた……」
「じゃあ、戻ろうか」
「うん……ちょっと待って……この絵、なぁに?」
それは!
下腹部を縦に切った断面図。男の竿や玉もまっぷたつに割られて書かれている。
その隣には女性の図。膣、子宮……。
そしてもう一つが、後ろから挿入した形で描かれている人体の図だ。
同じように縦の断面になっているので、勃起したチンポが膣の中を埋め尽くし、子宮口の手前まで挿入されている図だった。
俺がセックスの真実を知ったのはまさにこの図だった。
「おちんちんを、女の子のアソコに入れてるんだよ」
小さい声で言う。
「えええええ、どうして?」
「そうすると、赤ちゃんができる」
「ホントに? ほんとのほんと?」
「だって、ここに書いてあるよ。それにこれはとっても気持ちいいんだって」
「へぇーーー」
「なっちゃんはまだ……その……生理まだ?」
「……うん、まだ……」
「もう学校で習ったよね」
「うん……一学期に。でも、赤ちゃんのコトは知らなかった……」
「とにかく、なっちゃんの体はおかしくないから。ね?」
「……うん」
なっちゃんの家に戻る。あと30分しかない。
「なっちゃん、まだ不安だと思うから、こうしよう。全部脱いじゃって……それで、遊んだあと、アソコがどうなってるのか調べてみたらいいんじゃないかな」
「全部、脱ぐの……?」
「うん。そしたらおねしょじゃないってわかるよ」
よくわからない論理でそう言うと、なっちゃうは服をするすると脱ぎ始めた……。
後ろからなっちゃんの胸をやさしく触わる。さわさわと触ったり少し強く揉んだり……。
そして、仰向けにしたなっちゃんの上に覆いかぶさり、いつものようにその幼い乳首をなめたり、吸ったり、唇で咬んだりする。
「おにいちゃん……恥ずかしいよぉぉぉ、はぅぅぅぅぅ」
「なっちゃん、アソコを調べてみてごらん」
「うん……あ!」
「どうだった?」
「びしょびしょになってる……」
あそこを調べた左手を鼻のところにもって匂いをかいでいる。
「お◯っこじゃない……おねしょじゃなかったんだ……」
「おにいちゃんも調べていい?」
「だめ……恥ずかしい」
「おにいちゃんもなっちゃんのアソコ見てみたいよ……」
「だめだよううう」
乳首をぴんぴんに立たせた美少女にそんなことを言われて、俺は手をなっちゃんのおまんこへ……。
!!
ぐしょぐしょだった。
確かにこれはおねしょと間違えるかもしれない。
畳に少しシミまでついてしまっていた。
「なっちゃん、すごい、濡れてる……」
「やん……いっちゃダメ……」
そのとき俺は思い出した。たしか割れ目の上のほうに「陰核」っていうのがあって、そこを刺激すると性感が高まる……とか書いてあったな。
人差し指をなっちゃんの幼い亀裂に差し入れた。
「ひゃああああんん」
なっちゃんは全身をぶるるんと震わせた。
「お願い、おにいちゃん、だめ。これ以上は怖いよぉぉぉ」
そのとき、俺の指が何かをとらえた。
「ひゃあああああああ」
ここだ。
たっぷりと濡れた指でその小さい豆をこすってみた。
「ひゃ、ひゃ、ひゃ、だ、め、お、に、い、ちゃ、ん……」
横から抱く形を取り、俺はなっちゃんのクリトリスをこねた。唇は右のおっぱいを吸っている。畳にこすりつけられたチンポはいつでもイキそうなほど勃起していた。
「ひゃ、ひゃ、あ、あ、あ、あ、ああああ、あふん、あうん」
「なっちゃん、好きだよ、きれいだよっ」
そんなことを言いながら俺はなっちゃんの体をむさぼった。
11歳の体は未だに知らなかった未知の感覚……性感に体を溺れさせていく。
「あふううううんんん、おにいちゃんっ、気持ちいいっよぉぉぉぉ」
そのときにまた俺が射精してしまった。
いつも俺の射精が終わりの合図。それは俺にしかわからないので、なっちゃんはいつも俺が「今日はこれでおしまい」というまで、愛撫を受け続け感じ続けていたのだった。
「はぁはぁはぁ……おにいちゃん、あそこ、すごい、いい……」
次回からなっちゃんとの遊びにもう一つ触る場所が増えたのだった。

男の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報