FC2ブログ

友人の母を犯し続けたが今では離れられない - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



友人の母を犯し続けたが今では離れられない

918-2-0976.jpg 

  昔の話になるが、私が高校生の時の話です。
私の友人に、超大金持ちのA君がいていつもつるんで遊んでいた。
ある日、デパートのゲーセンで遊んでいると、同じ学校のB君がいた。
俺たちは学校の中でもちょっとヤンチャ(昔で言う不良グループ)でB君はイジメられるタイプだった。
暇だったので、ちょっとカラかっていた所、B君の母親が現れた。
母親「どうしたの・お友達?」
B君「ん~ まあ」
母親「そろそろ帰りますよ」
B君「ん~じゃー」と言うと帰って行った。
B君の母親は、とても綺麗で高校生の息子が居るようには決して見えない、スタイル抜群の人だった。
しかも、俺好きのお嬢様風。俺の母ちゃんとは大違いだった。
A君に話すと、
A君「あ~俺Bの母ちゃん知ってるよ」
俺 「マジで 何でだよ」
A君「B君とは幼馴染だし、あの母ちゃんには秘密があるんだよ」

俺 「何だよそれ、俺にも教えろよ」
A君「後でな」
俺 「今知りたいよ、気になるだろ」
A君「お前も好きだね~ おばさんだぞ! 確か38位かな」
俺 「俺には綺麗なお姉さんだね」
A君「分かった必ず教えるから少しだけ待っていてくれ!楽しみにしてな」
その後、A君は何も言わないから、我慢して帰る事にした。
そんな出来事も忘れかけた頃、A君の家に呼び出された。
A君「おー来たか。さっそく出かけるか」
俺 「何処行くんだよ」
A君「まあ黙って付いてこいよ!面白い物を見せてやる」
俺 「マジじゃ行こう」
俺はA君と一緒に自転車で出かけた。しばらく走ってA君家で所有するマンションに着いた。
そして5階の一室に案内された。
A君「ここは空き部屋で俺の隠れ部屋なんだ」
俺 「お前は贅沢なんだよ」
A君「中に入ろうぜ」
A君と中に入ると俺は目を疑った。そこには全裸で手足を縛られ、お尻を上向きにされた女性がいた。
しかも、お尻には花が刺されていていかにも生け花って感じになっていた。
目隠しされていたので、女性は分かったがその人が誰なのかは分からない。
A君「お前にプレゼントだ」
俺 「マジで、誰なんだよ彼女」
A君「お前、今週誕生日だよな。好きにしていいぞ。多分気に入ると思うけど…」
俺 「じゃ頂くけど、大丈夫なんだろうな」
A君「大丈夫、彼女は決して俺に逆らえないから」
そして俺は、目隠しを取る事になる。
俺が目隠しを取って”ハッと”とした。
そこにいたのは、B君の母だったのである。俺は直ぐにA君を見た。
A君は、微笑みながら話し始めた。
A君「びっくりしたか?」
俺 「当たり前だ!どう言うことだ!」
A君「俺とB君は幼馴染で幼稚園からの友人だった。近所だったこともあるが、そこに居るB君の母が、俺の家で家政婦していた事が一番の理由だ。
俺とB君は小◯校の時からイジメの対象で、いつも泣きながら帰っていた。中◯生になれば、イジメは無くなると信じていたがイジメは続いた。それどころか、小◯校以上に陰険なイジメだった。
俺はそんな生活が嫌で、逃げ出したかった。そんな時、トイレでクラスの男達が話して居るのを聞いたんだ!! ”B君をイジメた時の反応は楽しいよな。何かアイツ見ているとイライラすんだよ! それにしても何でA君はいつも一緒にいるんだ!アイツは関係ないのに…一緒にいるからやられるんだよ!でも今ではもう遅いけどな” 俺はB君のせいでイジメに在っていた!!!俺はB君を恨んだよ。
そして、そこに居る母親も…
それから数週間したある日、俺とB君の母親2人で家に居た時、そいつが俺の親父が大切に飾っていた古い大皿を割ったんだ。しかも、その皿は3枚セット品で2000万もする代物だった。
もちろん弁償出来る訳も無く(B君の父親が事業で失敗し、俺の親がお金を貸していた。だから母親も家政婦で働いていた)B君母は、泣いていた。
親父が帰って来て、直ぐに気づいた。その時、俺は’ピン’と来た。そして俺が壊した事にして、俺が親父に謝った。親父は暫く口も聞いてくれなかったが、流石に自分の子供ではと言う事で、許してくれた。
B君母は”ありがとう、この恩は忘れないね。”当たり前だ!!これからお前は、俺の言う事は何でもしてもらうからな!そして俺は、毎日の様にB君母を抱いた。
学校でイジメられた腹いせの様に、B君母をイジメた。そんな生活が3カ月続いたある日俺は、人生を変える出来事が起きたんだ。それはお前だ!お前が転校して来たんだ!
お前は、カッコよかったし、成績優秀・運動も出来て(空手をやっていた)、クラスに溶け込むのに時間はかからなかった。クラスのみんな、お前に憧れていたくらいだ。
そんなお前が、俺に話しかけてくれた。しかも家が近いだけで、友達になってくれって…
俺のイジメはその時から無くなった。当たり前だ、お前に逆らう奴など居る訳がない。」
俺 「お前が、俺をジッと見ているから…気になったんだ!事情は知らなかった」
A君「俺にしてみれば、まさに救世主だったよ。
俺はお前の御蔭で人生が変わったんだ!その後俺は、B君の母を犯す事も無くなった。もちろんB君と遊ぶことも…。俺は一生お前の友達でいさせてくれ、お前に困った事があれば、何でも協力するよ。
その女は、お前にやる。このマンションも自由に使っていいから…。
俺 「んっん~。しかし、いい女だな。この体つき…たまんね~」
A君「やっちゃってくれ!その女、結構エロいんだ。俺、雑誌で色々見て同じ事やってみたんだ。
浣腸してあるからアナ〇もOKだぜ。」
俺 「マジかよ。流石に俺も経験ないよ」
A君「アナ〇も締りが良く、癖になるよ。」
俺 「B君母ちゃん、やっちゃうよ。いいよな。」
B母「お尻は…お願い…」
A君「何言ってんだ…全てばらすぞ!」
B母「お願いします。それだけは許して、坊ちゃんの言うとうりにします。」
A君「これからは、そいつの言うとうりにするんだ。」
B母「はい分かりました。」
俺 「まずは、写真取っておこう。’カッシャ’凄いな。じゃ味見と行きますかね~」
俺は、体を舐め廻しアソコを中心に数十分堪能した。舐めれば舐めるほど、ヌルヌルした液体が溢れ出してきた。
俺 「俺のチン〇舐めな!」
B母「はい」
俺 「これから俺は、ジュン様(仮名)って呼べ…いいな」
B母「はい分かりました。ジュン様」
俺 「お前の名前は?」
B母「友美(仮名)です。
俺 「じゃ、俺も友美と言うよ」
俺は、マン〇に2回発射し、アナ〇にも1回出した。そして、その日の夕方友美を帰した。
俺は、ほぼ毎日学校帰りに友美とSEXを楽しんだ。始めはマンションでやっていたがマンネリ化した頃、友美を裏山に連れて行き青姦もした。誰かに見られているかも?と思うと、興奮が増す。
俺 「どうだ、誰かに見られているかもよ」
友美「ジュン様、マンションに行きましょ! 誰かに見られたら…お互い困るでしょ!」
俺 「じゃ、もっと見られる所に行こうか?」
友美「えっ、ここでお願いします。」
俺 「じゃ、今日はこれを付けろ!」俺は首輪とアナ〇に尻尾を付けた。
友美「恥ずかしい!」
俺 「お前は雌犬だ。散歩だ。よろこべ」俺は友美を四つん這いにして、森林を散歩した。
友美「誰か来る!」
俺 「本当だ!見てもらうか?」
友美「嫌!!!お願い、隠れましょ」
俺 「じゃ俺のチン〇を加え、発射出来たら、直ぐに隠れよう」
友美「無理ですよ」
俺 「じゃ、見られるな!」
友美「それは嫌!急ぎます。」
人が来る前に俺は発射した。そして、友美と茂みに隠れ見られる事はなかった。
しかし、隠れている最中も俺は、友美のアナ〇にチン〇を刺し続けていた。
友美は声が出るのを必死で我慢していた。
青姦は裏山・橋の下・夜の公園・マンション屋上と色々試した。慣れは怖いもので2人でデートする時は、友美には下着は付けさせない。
ローターは必ず、穴に入れている。時には、ディズニーランドに出かける時もある。始めは友美も赤らめていたが、今では、平気になっていた。(慣れると俺はスカートの丈を短く指定する。また赤らめる)
友美は2年間俺に尽くした。
そんなある日、ついに見られる時が来た。俺が高校3年の卒業真近の時だった。
いつもの様に、俺は友美と温泉に出かけた時の事だった。俺は相変わらず、友美に下着を付けさせなかった。ローターも付けていた。川が流れていて、周辺を散歩出来た。
2人で散歩しながら、人影が見えない所で、友美を全裸にし犬の散歩だと言って、歩かせていた。
その時、俺はお腹の調子が悪くなって友美を木陰に移動させ、散歩綱を木に結んで、1人トイレに戻った。
20分位して戻ってみると、そこに友美の姿が無かった。何処に行ったのか?周辺を捜した時、林の中に1台のワゴン車が止まっていた。窓にはカーテンがしていて、中がよく見えなかったが、近くを通った時、中から声が聞こえた。
男「お前、淫乱なのか?こんな所で、こんな姿で居るなんて!犯して下さいだろ」
女「違います。ちょっと…」
男「違う?何が?全裸に犬の首輪・尻穴には何を入れてんだよ!変態」
女「もう帰して…、警察呼びますよ」
男「この格好で街中に放り出してもいいんだぜ?言う事聞きな」
女「お願いします…もう勘弁して下さい」
男「1回遣ったら帰してやる。溜まってんだよ。それにお前が一緒にいた男、高校生だろ」
女「見てたんですか」
男「そりゃ~、行動がおかしかったしな!何か気になってな。黙っていてやる。ヤルぞ」
その後、車がグラグラ動いていた。もちろん女(友美)のイヤらしい声も…。
俺は、服と置手紙を車の側に置いて1人帰った。
俺は、他の訳分からない男に抱かれた友美に興味が湧かなくなった。
その後、友美と連絡も取らず、俺は他に彼女が出来たので、友美の事は忘れていた。
A君から聞いたのだが、B君が卒業と同時にB君一家は県内の別の街に引っ越したらしい。
友美も家政婦を辞め(俺がA君に頼んだ)、親父の借金も大分返却したらしい。
高校卒業後、俺とA君も大学生となっていた。俺たちは相変わらず友人で、ちょくちょく遊んでいる。そんな、俺が21才の時、俺は友美を見かけた。
ちょっと大きいデパートで彼女は夫と思われる男と買い物をしていた。
久々に見る彼女は、前にも増して色っぽかった。見ていると何だかムラムラして彼女が1人になった隙をみて話しかけた。
俺 「久しぶり・友美」
友美「えっ ジュン様」
俺 「寂しかったよ。」
友美「私に飽きたんじゃないの?」
俺 「直ぐヤルゾ・屋上に来い」
友美「無理ですよ!夫もいますし?」
俺 「俺の命令だぞ! A君に相談しようかな?」
友美「分かりました。ちょっとだけ待ってて、夫に先に帰ってもらうから」
俺 「少しだけだぞ!屋上に居るから、トイレであれを外して来い」
友美「…分かりました」
俺は屋上で待った。暫くして友美が来た。
俺 「外して来たか」
友美「はい」
俺 「じゃ見せろ」
友美「早くやりましょ」
俺 「さっさと終わらせるつもりか?」
友美「ごめんなさい」
俺 「あの時(温泉旅行)の事を教えろ!」
友美「…ジュン様が居なくなって直ぐに知り合いと会って…」
俺 「俺は見たんだ!車の中で…お前が犯される所」
友美「知ってたんですね!ジュン様が居なくなって直ぐに、あの男に車に押し込まれ無理やり犯されました。1回だけで、直ぐに解放してもらって…車を出たら服と手紙を見たんです。
でも、見当たらないから先帰るとしか書いていなかったから、見られていないと思っていた。
帰って直ぐに連絡したんだけど…連絡取れなくって?ごめんなさい」
俺 「あの男とは1回だけか?他に何かされていないんか?夫とはSEXしているのか?」
友美「あの男とは1回です。夫とは何十年行為がありません」
俺 「そこにスカート捲って四つん這いになれ」
友美「はい」
俺は久しぶりに友美を犯した。友美のマン〇とアナ〇は最高だった。今の彼女には無い…。
友美の夫は今でも海外勤務で半年に1回程度帰国するようだ。
B君は今では、遠くの会社に就職が決まり、今は友美1人で暮らしているとの事。
俺は彼女と分かれ、友美と付き合っている。友美も俺の事が好きになった様で、夫婦同然の生活を送っている
A君は”お前も好きだね~おばさんだぞ”って言われるが、俺には最高の女だ。
俺が、大学から帰ると友美はいつも裸にエプロンで待っている。俺は帰るのが楽しみだが、配達員が来たら!何て考えると、そろそろ止めようかなと思っている。
”見られた時の友美の顔も見てみたいが…”
俺が大学を卒業したら、友美と結婚を考えている。俺の、就職先はA君の親父の会社と決まっているし、友美と夫も冷めている。(夫は海外に愛人もいるらしいし)

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.