FC2ブログ

近親相姦、息子にねだられるままに毎日のように - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



近親相姦、息子にねだられるままに毎日のように

kittinsex.jpg 

 息子にされるままになっています。
感じてしまって、声を上げてしまい、息子が慌てて口を塞ぎに来て、息子のTシャツをくわえさせられることもしょっちゅうあります。
終わってから、「ごめんなさい、だからお父さんのいる時するのは、やめて、声聞こえちゃうし。」そう言うと、「でも我慢できない、毎晩でもしたい。
そんな遣り取りの繰り返しです。
夫がお風呂に入っている間の短い時間に、キッチンでスカートをまくりあげ後ろから挿入してきて、慌ただしくされたこともあります。
15分や、20分なんて短い時間で終わる訳がなくて、結局私が真夜中に息子の部屋に忍んで行って満足させてあげるしかないのですが。
夫が帰って来るまでの夕方5時くらいから夜の9時くらいまでが息子と私の時間です。
最初にしたがったのは息子の方で、「勉強が手につかない、好きだから、お母さんじゃないと駄目なんだ、」泣き落としみたいにお願いされて、うなずいてしまい、手と口でしてあげる約束をしてしまったんです。
今思えば、そんなで済む訳がなかったんです。

 手と口でしてあげた最初の日から、お母さんに触りたい、オッパイが吸いたい、ってだんだん求めて来て、最初は何とか逃げてられてたんですが、根負けして服の上から触らせてあげたら、次はオッパイを吸いたい、吸わせてあげたら今度は裸が見たいって、一月しない内に私のあそこにしゃぶりつく息子と69までするようになっていました。
どんどん息子のクンニは上手なってきて、とうとう息子が果てる前に私がイッチャウことも多くなってしまいました。
そしてあの日。息子が、「最初はお母さんを気持ち良くしてやるよ」って言って、私に触らせてくれないで、私の膝の間に体を入れると、いつもよりしつこくクンニして来て、指まで入れられて、私は気持好くて目を閉じて息子の愛撫に身を任せ、声まで上げて快感に酔いしれていました。
「母さん!」、あそこに指じゃなくて熱くて固いものが押し付けられ、息子が私の太ももを押し広げるように体を打ち付けて来て、ペニスが私を貫いて来ました。
「けいちゃん!」根元までペニスを迎え入れてしまって、私は息子の体を突き放そうとしましたが、息子が腰を動かしてペニスを出し入れし始めたら、腕に力も入らなくなってしまいました。
熱い精液が私の子宮に向けて打ち込まれてきた時には、もう2回はイッテしまった後で、ただお尻を振って息子の動きに合わせてヨガっているだけでした。もう、後戻り出来なくなってしまいました。
毎日、帰宅部になってしまった息子が帰ってきて、二人で早めの夕食を済ませ、一緒にシャワーを浴びて息子の部屋で3時間以上を過ごす。
セックスする前と違うのは、万一でも、息子の子供を妊娠してしまうのが怖くて、最初はコンドームを使ってもらって、でも嫌がるので、私の方が避妊パッチを使い始めたこと。
お医者さんには、38歳で妊娠するのも困るので。って言って、処方してもらい、コンドームは2ヶ月で使わなくなりました。
夫は私の裸なんか最近見たこともないので、避妊パッチを貼ってることなんか知りもしません。普通に困るのは、夫が早く帰ってくる日とか、事前に連絡があると息子が不機嫌になってしまい、夫の帰宅予定時間ぎりぎりまで私を離してくれないことです。
夫が休みで家に居る日も、夫がリビングでTV見たりしてるのに、私を部屋に連れてってフェラを求めたり、夫がお風呂に入ってる間にセックスしようとしたりもします。
こないだの日曜日なんか、どうしてもしたい。って、ごねて来てしょうがないので夫にはPTAの友達と話があるからって嘘ついてしまい、車で外出し、途中で待ってた息子とラブホテルに直行してセックスしてしまいました。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.