(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

近親相姦、母を孕まし祖母ともまぐわう

サイキ

sx008.jpg 

  僕が小6の時、田舎の村外れで父母と歳の離れた兄の四人で暮らして居た、父が帰って来なくなって半年後 中◯生になって 兄も帰らなくなった。
母と二人になって風呂も寝るのも一緒に寝た、この頃夢精が有り性に目覚めて毎日自分で何度も慰めた、 中◯二年生になると 母を 女 として見てしまい 母を思い浮かべて扱いた。
二人で風呂に入って居る時、母さんが背中を流してくれ次に僕が母さんの背中を流して居ると、ビンビンに勃ったチンポが母さんのお尻に当たり (どうしたのこんなになって)と後手に握り扱きだした母さんの手の中に アッという間に射精した。
母さんは向きを変え向かい合い両手を広げて抱いてくれ股を拡げてチンポを握り母の中に入れてくれた中は温かくとっても気持ち良くて三擦り半で又逝ったけどまだ硬いまま 又出し入れすると母さんが、
(アッ、アッ、ハァ、ハァ、ああぁ~ん)と息を荒げて腰を振り始めた。
僕は、 母も女なんだ 感じて居るんだと思い (気持ち良いよぅ~母さん
母さん気持ち良い?)と聞いてみた、気持ち良いよ○○ と言って
抱き合った、何回も何回も中に射精して布団に入ってもやり続け夜明け前に抱き合ったまま眠りに落ちた。
昼過ぎにトイレに行って喉が渇いたので台所行ったら母がエプロンだけで食事の用意をして居てお尻が丸見えになって居た、チンポがだんだん勃って来て 母を押し倒し割れ目に吸い付いて舐め回した、
母が又 女になって艶かしい声で抱き付いて来た、
昼夜を問わず、場所も構わず、ヤリ続けて一年過ぎた。
ある日母が赤ちゃんが出来たかも知れない?とニッコリ笑って言った
病院に行くから その間 祖母の家に行って山羊小屋を建ててあげて、と
言って週末に出掛けた、近くの町で知り合いに
僕の仕事を頼んであるらしい。
その日の夕方 婆ちゃん家に行って 夕飯を食べたら 婆ちゃんが、
赤ちゃん出来たら お父さんに 成るんだから仕事をして母と助け合い
仲良くしてねと涙ぐんで居た、そうなった時は 世間には弟妹と言うんだよと言って、僕を抱きしめ泣いていた。
婆ちゃんと一緒に風呂に入って湯船に浸かり話して居ると、
婆ちゃんが母に 何で今迄 放っといたの?と聞いたら、産みたいと言って聞かないらしく 病院だけは行って来る様に今回勧めて、
こうなったと言って説明してくれた、そして暫くは母さんとは出来ないから、婆ちゃんで良かったら 何でもして何回しても妊娠しないから大丈夫だよとニッコリ笑っていた。
そんな話を聞きながら婆ちゃんの身体を見ていたらチンポが段々硬くなり 婆ちゃんに抱き付いた、
婆ちゃんは僕の膝を跨いで座りチンポを握り割れ目に当てがい腰を突き出して来た、僕は両手で婆ちゃんの腰を持ち引き付けたニュルツと入って行った、
婆ちゃんが腰を引いて久し振りだから優しくしてと言って来た、ゆっくりと出し入れすると直ぐに元まで入って行った
婆ちゃんがウンウンと喘ぎだし、腰を激しく振って中に射精した。
婆ちゃんが感じて声を出して感じていたので、婆ちゃんの脚を浴槽の淵に上げて股を開き 割れ目に吸い付いて舐め回し核を吸い上げると
ヒィヒィ言いながら僕の頭を股に押し付けて挟み付けブルブル震えて逝った。

母子相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報