(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

毎晩息子を求め快楽をむさぼる淫乱な母親

サイキ

19歳の息子の部屋に洗濯物をもっていくと、いつものように後ろから私を抱っこして胸をまさぐってました。
「オヤジ、今週ゴルフ行く?」
「ええ、泊りだって。」
「じゃあ土曜日ヤっちゃう。」私は無言で息子の部屋を出ました。
(とうとうその気になったのね。)
私は興奮してその夜は寝付けず、そっとクリトリスを弄りイっちゃいました。
本当は私を犯す気なんてない息子。わかってたけど私は息子に「いいわよ。」と告げたんです。
息子は怪訝そうな顔したけれど一気に期待が膨らんだみたい。
夫はいびきが煩く一階で寝ています。私は2階の息子の隣のタンス部屋にベッドを置き寝ています。

息子が私によからぬ欲望を抱いてると気づいた時、それもいいじゃない?って呟く私がいました。
だってエッチしたいんだもの。オナニーだけじゃ満たされない・・。
息子とのエッチを想像すると異常に興奮してた私なんです。
彼と別れて半年近く。転勤で遠くに行っちゃったんです。
3年近く続いて、凄く良かったのに。週末に友人と買い物と偽り彼と朝からホテルで楽しんでました。
夫はもう「ダメ」で求めてきませんが薄々気づいてる。でも何も言いません。
夫はゴルフ、私はセックス。しかも全て彼が出してくれてお金はかかりませんでした。
そして夫はゴルフに出かけ、のそのそと起きてきた息子を車に乗せいつものラブホテルに。
どうしていいか分からない息子に裸になってと言い、私もベッドの上で裸に。
脚を拡げローターをそっとクリトリスに。
よってきた息子に「まだ、だめえ!」と甘えるように言い思い切り声を上げ悶えました。
オチンチン!早くう!」
背が高いしズボンの上から握った事もあるけど想像通りけっこう長くて大きい。
でも咥えてあげると「やば、もう出そう!」
とだらしない。
「しょうがない子ね。じゃあ指でおさんをイかせて。」
「奥から手前にかきよせるように動かすの。わかった?」息子の指の動きに合わせ私も腰を浮かしくねらせます。
「ああん、いくう!だめえ。まだだめえ!」
「ぶって!ほっぺをぶつの!」
「パシン!」
「もっと強く!」
「バシッ!」
「そうよ!もっとぶって!」
あとお尻をぶったり、腰を強くつかんだり。時にはジュースを飲んでまぎらわせたり。そうやってイキそうになるのを止めるんです。
一時間近くそんな事を・・。
顔が熱い、そして全身も熱くなっていきます。
もう止められない・・。
「ひいいーー!」私は絶頂を迎え気が遠くなりました。
後はちゃんとコンドームをしなさいと言い息子がしたいようにさせました。
「このヤリマン女!誰とこんな事してんだよ?」
「あ、もう別れたの!貴方がいいの貴方が好きなの!」
息子は怒りにまかせてもう顔が腫れるほど私をぶって・・。
4度目が終わりさすがに息子もぐったり。息子を抱き締めながら言い聞かせました。
「ね、これでおさん、貴方の女になっちゃったのよ。貴方が悪いのよ。だから時々おさんとエッチな事しなきゃだめなの。わかった?」 
「うん。」そう答えた息子ですがまた私の口におちんちんを持ってきました。
凄いわ。5回目・・。


 

近親相姦に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報