FC2ブログ

セックス体験、ストレス解消のおじさんあさり - Hで今すぐ抜ける告白体験談

Powered By 画RSS



セックス体験、ストレス解消のおじさんあさり

1052-1702.jpg 

 私は26歳のOLのさきです。普段は会社では、明るく振る舞って、テキパキ仕事して割と上司の受けもいいんだけど、結構ストレス感じちゃってるの。
だから会社が終わってからの私の本当の姿をみんな知らないと思うわ。実はファザコンでMの淫乱女なの。仕事終わってからたまに、会社から離れた街をぶらついて、おじさんに声かけられるの待ってるの。
 私、色白でちょっと肉付きがいいので、おじさん好きするタイプみたいで、だいたい声をかけてくるけど、なかなか声をかけられない時は、
それとなしに道を聞いたりして私から声をかけることもあるわ。
最近あったのは、金曜日の夜、街歩いてたら目の細くてすこし頭の薄くなった50過ぎくらいのおじさんが飲みに誘ってきたの。
 個室の居酒屋で飲み始めて一時間くらいしたら、ストッキング越しの太ももに触り始めたの。いちおう嫌がるそぶりは見せるけど、
ドキドキしちゃって、結局近くのホテルに行っちゃった。

部屋に入ったらすぐ後ろから抱きつかれ、お尻を触ってきた。そしてそのままベットに押し倒されて、それからキスしてきたわ。舌を入れてきたから、私も舌を絡ませて、10分以上もディープキス。
『さきちゃん、見た目によらずHだね~』そう言うと胸をまさぐりはじめ、そのまますごい勢いでブラウスのボタンをはずしブラジャーのホックをはずすと、乳首を愛撫しました。
『ああ、いいね~』おじさんは息をはずませながら、卑猥な声をあげてきた。その声とおじさんのなめくじのような、いやらしい舌に私はつい感じちゃった。
 そのまま今度は私を仰向けにして、『いやらしい姿だ』そう言うと、ストッキング越しに激しく愛撫してきたの。そこでおじさんはいったん行為をやめ、ネクタイをゆるめ、あっという間に裸になりました。
見ると体型はたるんでいるものの、あそこは大きくそそり立っていました。そして結構胸毛が濃く、かなり毛深い人だった。
 おじさんは『こうしてみたかったんだよ』そう言うと、ストッキング越しの私のお尻に黒くそそり立ったあそこをこすりつけてきた。
そのまましばらくされるがままにこすりつけられたわ。そして気が済んだのか、今度は一気にストッキングを脱がし、パンツを脱がされ、ふたりとも裸になっちゃった。
そしてあたしを四つん這いにして、お尻をなめくじの舌で舐め回し、今度は狂ったように舌を上下させ私のあそことお尻の穴を交互に舐め回した。
『いや~ん』そう言いながらも頭の中は真っ白。おじさんはいやらしく喘ぎながら、お尻の穴に舌をドリルのようにつっこみました。
そして私を振り向かせ、
『しゃぶって』そう言って相変わらず黒いちんぼを、私の口に持っていきました。それからは夢中でおじさんのあそこをしゃぶり続けました。ときおりおじさんの『いい~』と言う声が聞こえます。
 そして、おじさんが『もう我慢できない』そう言うと、生のまま私のあそこに入ってきました。おじさんは始めゆっくりと、私のあそこの中の何かを探るかのように上下左右と動かし、楽しんでいるようでした。
『君みたいな若い子とするの久しぶりだよ』と言いました。私もつい『もっとついて』そう言っておじさんの毛むくじゃらの体にしがみつきました。腰使いも激しさを増し、『どこに出したらいい?』そう聞いてきました。
 私は気持ちよさにまかせて、『どこにでも』と小声でそう言いました。そしてだんだんおじさんの息とも喘ぎ声とも言えない声が激しくなり、
『ああ~ん』と脱力感いっぱいの声をあげると同時に中に出されました。
それからこの夜はずーとおじさんの愛撫を受けました。私の体は汗とおじさんの唾液でべたべたになっていました。
69ではおじさんはまた私のお尻の穴を入念に舐め上げます。
 そして私にも『舐めて』そう言うと、開脚した足を浮かせ、おじさんのお尻の穴を舐めさせようとします。毛だらけのお尻を舐めました。
『君みたいな子にそんなとこまで舐めてもらえるなんて信じられないよ」そう言われると、もっとおじさんを興奮させたくなり、ちょっぴり苦いけど舐め回してあげました。
 そのまま私はおじさんのあそこにしゃぶりつきました。そして今度は苦~いザーメンを口に受け止めたのです。このおじさんとはこの晩限りです。
こんな私をどう思いますか?破廉恥だと思うかもしれないけど、そんなあなたにもこんな淫美で刺激的な夜を分け与えたいわ。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © Hで今すぐ抜ける告白体験談 All Rights Reserved.