(※サイト名変更しました!旧サイト名:Hで今すぐ抜ける告白体験談)

女の告白、私は娘の彼氏から離れられません

サイキ

yagaiback.jpg 

  何もかもが嫌になるほどもめて、やっと主人と離婚をしたのが一昨年の暮れでした。ひとり娘の志穂(23歳会社員)と共に家を出て部屋を移り、私(48歳)も仕事を始めました。
去年の秋頃、娘とお茶をしていて、
「お母さんもまだ女で現役バリバリだから、好きな男性ができたら幸せになって欲しいし、その前に紹介して欲しい」と話してくれました。
話したいけれど・・・口が裂けても言えない素敵な彼がいるのでした。それは、娘の彼氏の和也(26歳会社員)さんでした。和也さんとはその時すでに、三ヶ月ほどの秘密の関係がありました。もちろん、和也さんに愛される体になっていました。
あまり会えない淋しさが続くと、それを察知してくれたように、和也さんは私の携帯電話にそっと電話をくれています。
きっかけは話せば長くなるので省略しますが、偶然に街で和也さんと出会い、二人でお茶を飲み、帰り際に「また二人で会いたい・・」と言ってくれたことが最初だった気がします。
次第に私は和也さんに染まっていき、和也さんの希望で髪も黒く戻しました。二人でこっそりと出会う時には、その私の髪にリクエストして来て、年甲斐もなく三つ編みして出掛けたりしています。



「可愛いよ、よく似合っている・・」と言ってもらえると、救われた気分になります。
ある日、娘が友達と一泊の温泉旅行に出掛けた日、私と和也さんは休暇を取って、デートを楽しみました。
デパートを巡りで地下の駐車場に車を彼が止めると、隠れて熱いキスをしました。私の手を自分の下半身に導いた和也さんは、大きくなっているペニスにジーンズの上から触れさせました。
「我慢できない・・」耳元で囁かれても、すぐ近くにエレヴェーターホールがあるのに、和也さんは許してくれません。
ジーンズのファスナーを降ろし、トランクスから硬く大きなペニスを引き出し、「舐めて・・」と懇願してくるのでした。
「もう・・こんなところで、人が来るわ・・」とヒヤヒヤしている私の肩を取ると、「見てるから大丈夫だよ」と言って、私の頭を抑えました。
「もう・・ちょっとだけだからね」と観念した私は、和也さんの大きく硬いペニスを口に含み、愛していました。
和也さんのペニスに集中しているのですが、フェラしている顔をずっと見られているのが、とても恥ずかしかった私でした。
「志穂より上手だよ・・」なんて言われると、複雑な気分でした。男性のエキスはそれまで一度も飲めなかったのですが、和也さんのものは喜んで飲める私がいました。
処理して車を出て、エレヴェーターに向かった時、「お手洗い」と言って、私は用を済ませようとしたのですが、「ちょっと待って」と彼が言い、エレヴェーター脇のお手洗いの前まで二人で行き、小さな男子トイレに誰もいないことを確かめると、和也さんは私の手を取り、男子トイレに連れ込んだのでした。
奥のひとつだけの個室に入り、鍵を閉めて、「シー・・」と合図をして来ました。
慌てている私に構わず、和也さんは「見せて・・」と言いました。その個室は、和式だったのです。
混乱している私のスカートに手を入れ、和也さんはストッキング、そしてパンティを降ろしてしまいました。
その日の私は、和也さんからのプレゼントの両サイドが紐のパンティでした。その日、私はパンティの内側には、ナプキンをしていました。いつ生理が始まるかもしれない模様だったから、敷いていました。幸いにもまだ始まっていなかったので、ホッとしました。
また観念した私がしゃがむと、その脇に和也さんもしゃがみました。
そして、深く目を閉じて、私はお◯っこをしていました。
やがて終わると、「綺麗だったよ・・それに、可愛い姿だった・・」と和也さんは言いました。ペーパーで私のあそこを綺麗に拭ってくれました。
静かなエレヴェーターホールに二人で男子トイレから飛び出し、何食わぬ顔でデパートに上がりました。
その日は、娘が帰って来ないので、和也さんはホテルを利用せずに、私の部屋のベッドで抱きたい、と言い出したのです。
自分の部屋のベッドで和也さんに抱かれる姿を想像するだけで、私は女の芯が熱くなりました。
そして私の部屋に戻り、熱くリビングで抱き締め合っている時に、かねてから和也さんが望んでいたことを、また望まれていました。
コクリと頷いた私は、和也さんに従っていました。
シャワーを浴びて、バスタオルだけの裸の下半身で座らされ、足を大きく広げられ、女性用の無駄毛処理の剃刀で、和也さんは私のアンダーヘアをすべて綺麗に剃ってくれたのでした。
ヘアが生え始めて整えることはあっても、裸にされてしまったのは、初めてのことでした。何も隠すものがなくなったあそこを、和也さん私の前にしゃがんで熱心に至近距離から眺め、時には小陰唇までを左右に開いてその奥まで観察していました。
恥ずかしさのあまり、気が遠くなってしまいそうな私に、和也さんは熱い舌を伸ばして這わせて来ました。
縦の亀裂を丁寧に舐め上げ、尿道からクリトリスまで、ソフトに這わせて来ました。
反応して流れ出す愛液が溢れ出ると、それも和也さんは口に含んで飲み込んでくれました。硬く舌を伸ばし、ヴァギナの中まで挿入されると、私は登り詰めていきました。
クリトリスを吸われ、全身に走る電気は体を小刻みに震わせ、「か、和也さん・・だめっ・・いやっ・・ああ」
私は頂点を迎えていました。
私のベッドに移り、和也さんは優しく愛してくれました。必ず外に出すと言う約束を指切りでして、生で挿入されると、和也さんの体温が体内で感じられて、私も燃えていきました。
和也さんのペニスの上に脚を広げて跨り、自分から腰を沈めて、奥深くまで受け止めていました。対面になり、抱きしめ合いながら、私の三つ編みの髪を和也さんは撫でてくれました。
シックスナインは今も恥ずかしくて慣れないのですが、和也さんのペニスを愛していても、和也さんの舌で吸われていると、呼吸ができなくて吐き出してしまいます。
背後から攻められた時には、膝が笑い腰砕けとなって腹ばいになり、それでも和也さんは後ろから深く突き上げてくるのでした。
約束通り、和也さんは私のお尻にエキスを放ちました。
娘には絶対に言えない事情を、自分の部屋で、ベッドで作ってしまった私は、娘への背信行為をしているのでしょうか?
でも、もう戻れないのです。

女の告白に関連するその他の告白体験談

オススメの体験談

 
 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

体験談系サイトの更新情報